故・三浦春馬さんが主演を務めた遺作映画『天外者(てんがらもん)』の公開(12月11日)まで、1か月を切った。同作で初の時代劇映画に挑戦するのが、故・三浦さんとプライベートで仲が良く、テレビでもたびたび共演してきた俳優の三浦翔平だ。

 初の時代劇映画にして、幕末の志士・坂本龍馬を演じる。故・三浦さんが演じる主人公・五代友厚とは、熱い友情で結ばれた間柄である。物語もさることながら、最後の共演ということもあり、多方面から期待の声が寄せられている。

 三浦は2008年に放送された『ごくせん 第3シリーズ』(日本テレビ系)で俳優としてのキャリアをスタート。2年後の2010年には舞台『SAMURAI 7』で主演に抜擢される。同作は巨匠・黒澤明監督の『七人の侍』を原作とした人気アニメの舞台版で、三浦は未来の世界で武者修行に励む若き侍役を演じた。

 翌2011年、映画『THE LAST MESSAGE 海猿』に俳優の伊藤英明演じる主人公のパートナー役として出演。三浦の演技は高評価を受け、第34回日本アカデミー賞の新人俳優賞を受賞することとなった。

 その後も数多くのテレビドラマで活躍してきた三浦だが、故・三浦さんとの共演という点で記憶に新しいのは、今年9月から10月にかけて放送された連続ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)だろう。女優の松岡茉優とダブル主演を務めた故・三浦さんは、同ドラマの撮影中にこの世を去ることとなった。そうした遺作ドラマで、三浦翔平はヒロインの初恋の相手を演じていた。

 2人の最後の共演となった映画『天外者』では、三浦翔平はどんな演技を見せてくれるだろうか。映画ライターのSYO氏はこう期待する。

「『M 愛すべき人がいて』の好演も記憶に新しい三浦翔平さんが、坂本龍馬を演じる。そのニュースを聞いたとき、驚きと同時に“なるほど!”と思いました。三浦翔平さんにとって時代劇の映画は初挑戦かと思いますが、彼のきっぷが良い演技や熱量は、坂本龍馬のイメージともぴたりとハマります。

 そして今回は、共演作も多い三浦春馬さんが親友・五代友厚役。この組み合わせも、シビれます。三浦翔平さんは“ふたりで何度も読み合わせをして、関係性を築いた”と語っており、ダブル三浦さんが魅せるブロマンス(男同士の熱い友情)にも期待が高まるところです」

 初の時代劇映画への挑戦にして、最後の“ダブル三浦”としての共演。もしかしたら坂本龍馬のイメージさえも、映画を観終わった観客の中では大きく変わってしまう作品に仕上がっているのかもしれない。

●取材・文/細田成嗣(HEW)