「日本一熱い男」と呼ばれ、各方面で活躍する元テニスプレーヤーでスポーツキャスターの松岡修造(53才)。プライベートでは、1998年に元テレビ東京アナウンサーの惠美子さん(54才)と結婚し、3人の子供の父親でもある。

 長女は2017年に宝塚音楽学校に入学し、2019年4月には「稀惺かずと」の芸名で宝塚デビューを果たし、長男と次女も有名私立校に進学。子育ても順調かと思いきや、必ずしもそうではないようだ。

『女性セブン』2020年11月26日号では、子育てに悩む松岡の様子が報じられている。近頃は、家に帰っても1人になることが多く、テンションが下がり気味だという。

 異変が起きたのは昨年のこと。長男が有名私立高校を1年で中退し、留学することを選択。長女が宝塚デビューし多忙となったため、惠美子さんも兵庫へ行く機会が増えたというのだ。

 松岡は、特に長男との関係を悩んでいたとのこと。以前テニスを教えていたこともあり、つい感情的になることもあったという。また、昨年夏ごろには、一家が住むマンションの部屋から、怒鳴り声や食器が割れる音が漏れ聞こえる“騒音騒ぎ”があったと報じられており、松岡と長男との親子げんかだったのではないかとも囁かれている。

 家族との関係性に悩んでいる様子の松岡に向けて、ネットユーザーからは、〈松岡修造でも子育てに悩むんだ。いいじゃない、少しは深みが出るよ〉、〈子育てに正解は無いと思うけど子供達の事を大切に思っていて愛情があるなら子供達は幸せ者だと思います〉、〈修造さんは何事にも熱いのが画面を通してでも伝わってくるから子育てにも真剣なんだろうね〉などの意見が寄せられている。成長していく子供たちとの付き合い方に懊悩する松岡に対する共感の声も多い。

出産に立ち会うために「予定日をずらす」

 とにかく何事にも真っ直ぐで熱い松岡。それは、子供たち生まれた瞬間から始まっていたようだ。長女と長男の誕生の時に、驚くような行動に出ているのだ。

 長女の出産の際、予定日に海外出張の予定が入っていた松岡。しかし、惠美子さんが“出産に立ち会ってほしい”とお願いすると、松岡は出張をキャンセルするのではなく、“出産予定日をずらす”という提案をしたのだ。松岡は、ある雑誌のインタビューで当時についてこう話している。

《1週間出産を早めるために、階段を毎日何時間も上り下りして、無事に立ちあえました。もちろん僕も妻を励ましながら、一緒に延々上ったり下りたり》

 長男誕生の際も、出産予定日と長期海外出張が重なってしまった松岡。このときは、惠美子さんに対して“とにかく動かないように”と命じ、予定日を2週間も遅らせて、無事立ち会うことができたという。

 そして、『女性セブン』2017年4月30日号では、“5か条の「熱血教育」”を実践していたと報じられている。その5か条とは、

・たとえ親に勘当されようとも「選んだ道」は最後までやり通せ!
・人生に正解はない。なぜ? なぜ? と問い続けろ
・夢は口に出せ。出せば出すほど思いは強くなる
・「即決即断」で勝負のチャンスを逃さない
・「熱血」である以上に「冷静」でなければならない

 というもの。長女が宝塚の道に進んだのも、長男が留学を選択したのも、いわば自分が選んだ道。子供たちが、松岡のもとを離れたのは、その熱血教育の結果なのかもしれない。

 その一方で、松岡には“超亭主関白”な一面もある。過去には、惠美子さんに対して「すっぴんを見せるな」とか「料理は炊きたて、焼きたてを用意しろ」などと、厳しいルールを課していたと報じられたこともあった。

 こういった松岡の家族に対して厳しく接する姿を“パワハラ”や“モラハラ”であると指摘する声もある。しかし、かと言って世間から強くバッシングされているわけではない。その背景について、エンタメ事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう分析する。

「単純に松岡さんの行為だけを見たら、“パワハラ”“モラハラ”にあたるものも少なくないと思います。しかし、松岡さんはテレビ番組などで、亭主関白ぶりを告白しながらも、奥さんから責められることも多いと明かし、さらには“家族に嫌われている”“奥さんに気に入られるのがぼくの課題”という発言もあるんですよね。家族の詳しい内情まではわかりませんが、少なくとも松岡さんが一方的に家族を押さえつけているような状況ではなく、松岡家ならではの関係性が築かれているのだろうと想像できる。そういった形で、不器用ながらも理想に向かって奮闘する姿が、少なからず世間に伝わった結果、熱血教育を違和感なく受け入れる人が多いのかもしれません。とはいえ、松岡さん以外の人が同じように厳しく家族と接していたら、バッシングされていた可能性も高いでしょう。逆に言えば、ここまで亭主関白なのにバッシングされないことが、レアなのだと思います」

 厳しい熱血教育を実践しつつも、子育てに悩む松岡。家族と適度な距離ができた今、自身の教育方針が“パワハラ”“モラハラ”ではなかったのか……という点についても見つめ直しているところなのかもしれない。