11月25日にファーストアルバム『The STAR』を発売し、12月19日には初のオンライン単独ライブ『STARLIGHT』を開催する11人組グローバルボーイズグループJO1(豆原一成/まめはらいっせい、川尻 蓮/かわしりれん、川西拓実/かわにしたくみ、大平祥生/おおひらしょうせい、鶴房汐恩/つるぼうしおん、白岩瑠姫/しろいわるき、佐藤景瑚/さとうけいご、木全翔也/きまたしょうや、河野純喜/こうのじゅんき、金城碧海/きんじょうすかい、與那城 奨/よなしろしょう)。

 コロナ禍にあってもいつも元気で前向きな彼らの等身大のショットと、『女性セブン』(2020年11月26日号)で紹介しきれなかった“ここだけのビハインドストーリー+α”を大公開!

――今回の衣装のお気に入りポイントは?

豆原一成:「ぼくはこういう(かちっとした)スタイルが定着してきたというか、メンバーの中でもちょっと男らしいものが定着してきたなって思います。ジャケットも肩パットの部分がピシッとしていて、ぼくのよさが出ている衣装かなって気に入ってます。着てみたいのは純喜くんの衣装! ああいうのを着てみたいなって思います。

白岩瑠姫:こういう爽やかな衣装は普段は着ないので、着る度に新鮮さがあります。みんなで集合写真を撮っても爽やかで映える衣装だなって思うし、みんなキラキラがついているのもかわいいなぁって思います。

川西拓実:ぼくはキラキラもつけていただいて、なにかとかわいくされがちです。正直、この衣装を見たときは、センターには絶対ならないなと思ったんですよ。でも自分にしか着こなせないんじゃないかなとも思いました(笑い)。みんなかっこいいけど、蓮くんの衣装が特にかっこいい! “Theセンター”って感じがします。

川尻蓮:ビーズのネックレスがめちゃくちゃ気に入ってるんですよ。ただ1回でも指を引っ掛けたら、絶対に切れちゃうほど細いんです。

白岩:じゃあ、いっちゃいますか!(悪巧みの顔)

川尻:(そのつっこみをスルーして)お気に入りのポイントは、腰ベルト。踊ったらすごくゆれるんです。キラキラもついているので、見応えもあるんじゃないかな。

白岩:着てみたいのは、汐恩か純喜かな。純喜のは純粋にかっこいい。韓国のアーティストさんがやっているような、ジャケットの上から腰にベルトを巻いて、スタイルもよく見みえるし。汐恩のはひとりだけ色味が濃い青で、かわいらしい衣装なんですよね。
(ここで鶴房が近くを通りがかり、チラッとこちらを見る)

白岩:(声のボリュームを上げて)汐恩の衣装がかっこいい。「が」の部分は太文字でお願いします!(笑い)。

川尻:景瑚の衣装がおっしゃれなんですよ。ぼくが着たらどうなっちゃうんだろうっていう感じで、見てみたい気もします。

――最近、急成長したメンバーは?

川尻:拓実はもともと自分のことを、声を大にしていろいろしゃべるほうではなかったんですけど、少人数の3〜4人でテレビに出たり、ひとりで出たりすると、「拓実、ちゃんとひとりでできてる〜」って安心しちゃいます。反応がすごくいいんですよ。見てて面白いので、番組の方もまた呼びたくなるんじゃないかな。

白岩:もう完璧でしょ。レコーディング中の声を聴いて、本当の何もないアカペラみたいな声を聴いてもめちゃくちゃうまくて、すごい感動したのを覚えています。

川西:まじっすか(嬉しそう)。

豆原:雰囲気出すのがうまい、“雰囲気マン”ですね。

白岩:蓮くんは最近、インテリ系になってきてる(笑い)。なぞ解きとかクイズとか、新たな扉に開花している感じがします。

川尻:得意じゃないんですけど、遊びが好きなんですよ。ただそれだけです。

白岩:ヒラメキ力が高いんじゃないかな。

豆原:ぼくは蓮くんの笑い声が好きです。笑い声がTVから聞こえてくると、TV出てるな〜って。個性的な笑い方をしているので、いろいろな人に知ってもらえると思います。蓮くんって、見た目がキリッとしているけど実はそんな感じでもなくて、おだやかな性格なんです。

川尻:(けたけたけたと笑う)。瑠姫はね、おしゃべりが最初からうまいんですよ。成功の仕方、方程式を理解して実行できるタイプ。それもセンスとか努力だと思うので素晴らしいな。
一成:ちゃんと反省をするところがすごい。番組に出た後に、「あそこもうちょっとこうすればよかったな」とか言うんですけど、ぼくからするとすごい完璧なのに、よりよくしていこう感がすごいです。
白岩:まじありがたいっす。気持ちいいっす。ISSEI MAMEHARAは、どの番組に出ても「かわいい」って言われるんですよ。それはもうはや才能なんじゃないかなって思うんです。天性の愛され力が日に日に増している。

撮影/網中健太、島津美紗