いま、テレビを中心にメディアで大活躍しているのが、東大生たちだ。クイズ番組で超難問を解く姿に魅了される視聴者も多いという。そこで、美しき東大生たちのプロフィールと【My東大合格勉強法】を紹介する。

鈴木光(22才)

“美しすぎる東大生”として高い人気を集め、インスタグラムのフォロワーは約35万人。モデル顔負けのルックスもさることながら、頭脳も超一流。高校時代にはアメリカの名門・スタンフォード大学の英語プログラムに参加。大学在学中には難関といわれている司法試験の予備試験に現役大学生ながら合格している。今後が気になるところだが、タレントの道ではなく、弁護士の道へ進むそう。

【My東大合格勉強法】
 受験生からの質問に答えていくインスタライブで受験生時代を「勉強時間10時間、睡眠時間8時間」と回答した鈴木は、大切なことは「メリハリ」と話している。バイブ機能付きのストップウオッチで一日の作業を管理。一方で勉強以外の時間は自分の趣味などに充ててリフレッシュすることで、日々の勉強の密度が高まっていくようだ。

上田彩瑛(20才)

“宇宙人”しか入れないといわれている東大の中でも“最難関”に位置する理科三類に現役合格しただけでなく1年生で「ミス東大コンテスト2019」でグランプリも獲得してしまった最強美女。次期スター東大生最有力候補との声も。

【My東大合格勉強法】
 東大などの難関大学を目指す塾「鉄緑会」に通っていたことが大きいと語った上田。東大に入れた最大の要因はなんと「母親と一緒に勉強すること」。上田の受験期に母も大学院を目指し、受験勉強をしていた。子供は親の背中を見て育つを具現化したともいうべきケースなのかもしれない。

中澤莉佳子(21才)

 松丸亮吾(24才)が所属していた「AnotherVision」に在籍する一方で「ミス東大コンテスト2019」準グランプリにも輝いた才色兼備な彼女。最近では“大食い東大生タレント”としてもテレビで活躍している。

【My東大合格勉強法】
 受験勉強の中でも特に力を入れたのが数学の勉強で、その勉強法は「公式を丸暗記するのではなく、なぜこの公式になるのかを考えて覚える」というもの。「そうすれば、忘れそうになったときも自分で導き出すことができる」とその効果を説明する。

※女性セブン2020年12月10日号