数え切れないほどの名曲を世に送り出した筒美京平さん(享年80)が10月7日に亡くなった。放送作家の山田美保子さんにとって、筒美さんは母校である青山学院大学の大先輩であり、そのショックも大きかったという。筒美さんを敬愛する山田さんが、筒美さんのヒット曲を歌ってきた岩崎宏美(62才)と早見優(54才)を招き、筒美さんの思い出を聞く。

 * * *

山田:宏美サンはデビュー曲の『二重唱(デュエット)』から筒美京平先生(以下、先生)の作品が続きましたよね。(楽曲リストを眺めて)本当にどの曲も印象的だし、宏美サンの圧倒的な歌唱力と伸びのある歌声にピッタリ。実は先日出演した『クイズ!脳ベルSHOW』(BSフジ)のイントロクイズに『ロマンス』が出題されたときも、私、真っ先に答えられました。

岩崎:そうやって、皆さんが一曲、一曲を鮮明に覚えていてくださるのは、まさに先生のお力だと心から感謝しています。2020年11月に出演した『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、マツコ・デラックスさん(48才)率いるオネエ軍団さんたちの前で『女優』を歌わせていただいたんですけれど……。

山田:拝見しました。マツコさんがこれまで3000回は聴いていて、Stay Home中に1日100回は聴いていた『女優』を釜愚痴ホモ恵サンも「想い出の曲」に挙げられていて。先生の曲の力って本当にスゴイ!

岩崎:私自身、物心ついた頃から口ずさんでいたのが郷ひろみサン(65才)の『よろしく哀愁』やシンシア(南沙織サン・66才)の曲で、調べたらすべて先生の作品でした。小林麻美サン(67才)の『初恋のメロディー』とか、「この歌、好き」って思う曲は何もかも本当に全部!

山田:私も同じです。昔の歌番組は、タイトルの脇に必ず作詞・作曲者名が出ていたじゃないですか。「なんで、いつも同じ人なんだろう」と四文字熟語のように覚えたのが「筒美京平」。

岩崎:1か月に45曲も作っていらしたときもあったそうなので“影武者説”が出たのもわかりますね。私も数えたら80曲も作っていただいていました。でもいちばん多いのは野口五郎サン(64才)。108曲ですって!

山田:五郎サン、デビュー曲は『博多みれん』という演歌でしたものね。でも2曲目に先生の『青いリンゴ』を歌ったことで「新御三家」に名を連ねるんですから、先生は歌手の皆さんの運命を変えたと言えますよね。

早見:それは私も同じです。先生に作っていただいた『夏色のナンシー』はデビューから5曲目なんです。同期の松本伊代チャン(55才)とか小泉今日子チャン(54才)はすでに先生がお作りになったポップな曲を歌っていたのに、私はデビュー曲以外、バラードが続いていたんですね。

 スタッフも私をどう売ろうか悩んでいたんだと思うんですよ。その頃、コカ・コーラのCM出演が決まって、それに合わせてサビの部分だけできていたのが『ナンシー』で、「あ、うれしい、やっと明るい曲がもらえた」と……。

岩崎:優チャンにピッタリだった!

早見:ありがとうございます。その後に続いた『渚のライオン』『ラッキィ・リップス』までの「三部作」は私にとっての人生の宝物だと言っても過言ではありません。

山田:それにしても、あの頃はリリースのサイクルが速かったですよね。

岩崎:歌番組も本当に多かったから。いまでは考えられないわよね。全曜日、全テレビ局に行って生放送で歌って、夜遅くなってからレコーディング……なんて……、よくやっていたと思います。

【プロフィール】
岩崎宏美(いわさき・ひろみ)/『スター誕生!』合格を機に1975年『二重唱(デュエット)』で歌手デビュー。以後『ロマンス』『思秋期』『聖母たちのララバイ』などヒット曲多数。デビュー45周年を記念したライブベストアルバム『LIVE BEST SELECTION 2012-2020 太陽が笑ってる』が発売中。

早見優(はやみ・ゆう)/1982年『急いで!初恋』で歌手デビュー。1983年、コカ・コーラのCMに出演し、BGMで使用された『夏色のナンシー』が大ヒット。上智大学比較文化学部日本文化学科を卒業。2020年10月から放送された「日清カップヌードル シーフードヌードル」のCMではデビュー当時と変わらぬ歌声を披露するなど、テレビ、舞台を中心に活躍。

構成/山田美保子
『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ〜テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

◆撮影/田中智久

※女性セブン2021年1月7・14日号