2020年、新型コロナ禍でもテレビやスクリーンを賑わすさまざまな話題作が登場し、世間を楽しませた。今年、そうした作品で注目を集めた“主役”たちの姿を都心でキャッチ。オーラ全開のプライベート姿とは?

 話題をさらったドラマの1つといえば、歌手の浜崎あゆみ(42才)の自伝を元にしたドラマ『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)。描かれた“禁断のストーリー”もさることながら、強烈な個性を持つキャラたちのシーンはSNS上でも毎回、拡散したほど。その一人を演じたのは、元TBSアナウンサーの田中みな実(34才)だ。

 作中で“曲者”を怪演した田中だが、私服姿もおしゃれでありながら大胆だ。白Tシャツに切れ込んだスリットのスカート姿や、ややビビットなワンピース姿など、夏の街でも存在感を放っていた。

「怪演で話題になった田中みな実さんは最近、キスシーンなども厭わないと発言していますし、女優として来年はさらなる活躍が期待されています。人気のドキュメンタリー番組が密着しているそうですし、まだまだ新たな魅力を見せてくれるでしょう」(スポーツ紙芸能記者)

 中年男性家政婦に20代のキャリアウーマンが恋をするストーリーで話題になった“わたナギ”こと『私の家政夫ナギサさん』(TBS系)で、不器用なヒロインを演じたのは多部未華子(31才)。そんな多部が夏のある日、大胆な私服姿で目撃された。

 ブラウンのタンクトップにややワイドなパンツを穿きこなし、百貨店で買い物を楽しんでいるがオーラを隠しきれていなかった。店内では共演歴もある女優・蒼井優(35才)に出くわし、談笑するという珍しい一幕も。ダーク系のマスクや帽子に、肩周りなどの美肌が一層際立っていた。

「これだけドラマが話題になっている最中にそのヒロインがほとんど変装もせずに買い物しているのは珍しいと思います。あまり飾らない多部さんらしさが表れているのかもしれません」(同)

 映画は興行収入が311億円を超え、原作コミックスもシリーズ累計1億2000万部突破、社会現象にもなった『鬼滅の刃』。そのアニメや映画で主題歌を歌うのがアニソン歌手のLiSA(33才)だ。ヒットアニメの主題歌を歌うことも多くライブでのパフォーマンスにも定評のあるLiSAだが、そのピンクの髪も特徴的。

 作品がヒット中の10月下旬、都内の繁華街で見せた。大柄チェックにジャケットの私服姿には「まるで鬼殺隊みたい」との声も上がった。ピンクの指し色としてパーカーを入れたり、存在感のある深めのブーツなど、ロックな雰囲気も漂わせていた。

 朝ドラ史上初めて、撮影と放送の中断があった前クールの連続テレビ小説『エール』(NHK)も、大御所作曲家役の志村けんさん(享年70)が撮影期間中に亡くなるなどアクシデントに見舞われつつも、2020年中に放送を終えた。その主人公・古山裕一を演じたのは、窪田正孝(32才)だ。名曲を生み出すために苦悩する姿などを熱演した窪田だが、プライベートでは最終回の放送直前、高級ブランド店が立ち並ぶ東京・表参道を歩く姿が目撃されている。

 足元まであるゆったりサイズのコートにサングラスをした窪田は、妻の水川あさみ(37才)とともにデート。互いに長身でスタイル抜群の2人は、一般人に気付かれても気にせず、ショッピングを楽しんでいた。

 ドラマ『共演NG』(テレビ東京系)や映画など各方面での露出があった中井貴一(59才)も、今年活躍した一人だ。同ドラマでは、ヒロイン・大園瞳(鈴木京香)との共演がNGとなっていた元恋人の大物俳優・遠山英二を演じた。

 今年春、中井の姿は高級フレンチにあった。アーガイルセーターに白シャツなどを合わせたかっちりとしたスタイル。店のスタッフにも丁寧にお辞儀をするなど、礼儀正しい姿を見せていた。ドラマ『ふぞろいの林檎たち』(TBS系)や映画『ビルマの竪琴』などさまざま実績を持つベテラン俳優のダンディーすぎる姿だ。

 新型コロナの感染拡大の影響、経済の停滞などが来年も続くとみられるが、2020年の“顔”となった芸能人たちは2021年はどんな活躍でお茶の間を楽しませてくれるのか。