のん(本名および旧芸名:能年玲奈)の約6年ぶりの実写主演映画『私をくいとめて』(全国公開中)が話題だ。NHK連続テレビ小説『あまちゃん』(2013)で女子高生海女を演じたのんが、31歳のおひとりさま役を演じるところに月日の流れを感じさせる。橋本愛との『あまちゃん』以来7年ぶりの共演も必見だ。

 のんが『私をくいとめて』で演じるのは、おひとりさま生活がすっかり板についた31歳の黒田みつ子役。脳内の相談役「A」に日常のあれこれを話しかけ、自己完結的に楽しい日々を過ごす彼女が、年下の営業マン・多田くん(林遣都)に恋をして……というストーリーだ。

 同映画は、綿矢りさによる同名小説を原作に、大九明子がメガホンを撮った。綿矢りさ&大九明子監督タッグといえば、2017年に各地でロングラン上映された映画『勝手にふるえてろ』が思い出される。こちらの主人公である24歳のOL・ヨシカ(松岡茉優)は、中学時代の同級生“イチ”に特に接点もないまま10年間片思いを続けている設定だった。

 両作品の主人公、ヨシカもみつ子も独り相撲なキャラクターではあるが、みつ子は、独り相撲のテクニックを洗練させることで、むしろ暴走を抑え、穏やかな日常を手に入れることができたと言えよう。そこには、ヨシカの24歳、みつ子の31歳という年齢も関係しているのかもしれない。

 本作でみつ子が見せる「A」との会話はあくまで脳内で繰り広げられるものであるため、のんの演技は実質ひとり芝居に近いものとなる。特に歯科医とのデートに向けて燃える「A」と、いま1歩踏み出しきれないみつ子が勝負服を買いに出かけるシーンは、もはやAとみつ子の一人二役と言ってもいい、のんのくるくる変わる表情が楽しめる。

『私をくいとめて』の最大の見どころと言っても過言ではないのが、のんが表現する怒りのエネルギーだ。一見呑気そうな主人公の内面には、相反するいくつもの感情が渦巻いており、彼女の機嫌の良さというものは、実際は薄氷の上に何とかバランスを取って構築されているものでしかない。劇中では、そんなみつ子の“爆発”も何度か描かれる。

 大九監督は映画公式サイトにて、〈のんさんは怒りの表現が見事で、あんなに柔らかい空気を漂わせていながら、内側に高温のマグマみたいなものを持ってる人だと思います〉と評している。そして、怒りというのは、のんが表現において重視している感情でもある。のん自身は過去に「喜怒哀楽の中で、怒りが一番お気に入りの感情なんです。怒っている状態にあることが楽しい。負の感情として放出するよりも、ポジティブなエネルギーというか、明日に進む力として怒りを使っていきたい、と思っていますね」(withnewsインタビュー記事での発言より)と語っていた。みつ子の爆発を魅力的に描くために、のんが起用されたのではないだろうか。

 映画批評家の常川拓也氏は、みつ子というヒロインを見事に演じたのんを「宝」と称賛する。

「『私をくいとめて』で能年玲奈ことのんが演じるみつ子は、脳内の相談役とああでもないこうでもないと対話しながら街を散策し、ひとりで買い物や食事を謳歌する。端から見れば独り言を吐く妄想癖が強い人物にもなりかねないが、のんは、イマジナリー・フレンドとともに日常の中に小さな幸せを発見していく女性として、みつ子を楽しく軽やかに印象づけている。まるで不条理が蔓延るこの世界で何ひとつ汚染されていないかのように純粋で明るく、また子どものような想像力と喜びを持って演じてみせるのである。

 同時に、みつ子のシャイで不器用な素振りの中に、人と親密になることへの恐れや性差別への怒りも表現する。新鮮さと脆弱性、そして忍耐強さを組み合わせたところにのんの優美さはあるだろう。キューピー人形のような素朴な目を持ち、理不尽な抑圧から自由になろうと望む彼女のイノセンスと『女の子パワー』がスクリーンに横溢する。ウィルスに封じ込められた時代に、それは宝のような輝きを放っている」(常川氏)

 のんとみつ子の抱える怒りとは、曇りなき眼で世界を見つめる純粋さと表裏一体のものだ。怒りのマグマが噴火したとき、その姿は何より煌めく。

●取材・文/原田イチボ(HEW)