1月7日、東京・国立劇場の初春歌舞伎公演『四天王御江戸鏑』では、こんな一幕があった。美しい女郎・花咲(尾上菊之助・43才)と夫婦の盃を交わした綱五郎(尾上菊五郎・78才)が、弁の内侍(尾上右近・28才)からも「ずっと慕っておりました」と言い寄られ、「どっちを選ぶの?」となってうろたえる。

 そこで菊五郎が咄嗟に放ったのが、「中村芝翫じゃあるめえし」──このアドリブに観客からは、どっと笑いとやんやの拍手喝采が巻き起こった。

 実はこの日は、中村芝翫(55才)の不倫疑惑を報じた『週刊文春』の発売日。記事によれば、お相手はアンジェリーナ・ジョリー似の23才年下女性で、芝翫は昨年11月下旬、京都ロケにかこつけて、高級ホテルでこの女性と3連泊。しかも240万円もする鏡台をプレゼントしてもらったこともある「貢がれ不倫」だったという。

 冒頭の日の夜、笑いものになった夫の汚名返上のため、ある女性が陰で活発な動きを見せていた。1991年の結婚以来、30年間にわたって芝翫に連れ添ってきた、妻の三田寛子(54才)だ。

「三田さんが歌舞伎座で謝罪会見をしようと画策していたようです。なにしろ三田さんには過去の“成功体験”がありますからね」(梨園関係者)

 芝翫の不倫はこれが初めてではない。三代目中村橋之助を名乗っていた2016年9月、京都の元芸妓との不貞行為が発覚。このとき、夫の窮地を救ったのが、三田の会見だった。雨が降るなか、三田は「深く夫婦で反省しております」と謝罪し、報道陣に気遣いながらどんな質問にも丁寧に答え、離婚については「ないで〜す!」と明るく否定した。

 この会見を坂上忍(53才)は『バイキング』(フジテレビ系)で「名会見だ」と絶賛。安藤優子(62才)も『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)で「本当に説得力ある話だった」と褒めたたえた。三田の“神対応”で、不倫問題は一件落着。橋之助は1か月後に迫っていた芝翫襲名を無事に乗り切ることができたのだ。

「前回の不倫で“勝ち組”になったのは、実は妻の三田さんでした。世の女性たちを味方につけただけでなく、歌舞伎関係者も三田さんに頭が上がらなくなった。あれを機に三田さんは名実共に梨園の“ゴッドマザー”になったんです。今回も“私が真っ先に出ればなんとかなる”と考えたのではないでしょうか」(前出・梨園関係者)

 だが、今回は三田の思惑通りには進まなかったようだ。

「芝翫さんの所属事務所である太田プロが、待ったをかけたんです。コロナで密を避けたいということ、話をこれ以上大きくしたくないということ、さらに三田さんの“出すぎ”を警戒したのでしょう。今回は前回と違って、すでに三田さんが『文春』の誌面で思いを語っていることもあり、あえて会見をやる必要はないとの判断です。三田さんの“暴走”を止めるために、関係者が話し合いの場を持ち、なんとか会見は未遂に終わったそうです」(前出・梨園関係者)

 だが、三田は諦めずいまも強行突破を図っているという。

「自身がコメンテーターを務める情報番組で、今回の不倫騒動について話す機会をもらえないかと画策しているらしく、芝翫さんサイドとしては気が気でないようです」(芸能関係者)

 芝翫が女性と会っていたのは、三田との結婚記念日。ふたりの距離が縮まる日は来るのか。

※女性セブン2021年1月28日号