2019年、ファンの女性たちと自家用車で逢瀬を重ねた「4WD不倫」で世間を騒がせながらも、直後に開いた「謝罪会見」での真摯な対応や、以降もさまざまなメディアで反省を述べながら過ちに向き合う独特なキャラクターで芸能界に「最速復帰」を果たした原田龍二(50才)。俳優はもちろん、YouTuberとしても活躍するかたわら、プライベートでは本を愛し、時には自らも文章を綴ることもあるという多彩な才能を持つ。そんな彼が最近読んだのが、映画化され、大ヒットを記録した小説シリーズ『スマホを落としただけなのに』の作者である志駕晃氏の初連載をまとめた単行本だ。

『彼女のスマホがつながらない』は、2020年2月〜11月まで『女性セブン』誌上で連載された、『令和2年の女性週刊誌編集部』と『平成30年を生きるパパ活女子大生たち』という、異なる二つの空間が複雑に絡まりながら進行していく「リアルタイムミステリー」だ。

 しかし、主人公は生活苦に悩んだ末、パパ活に足を踏み入れる大学生の咲希と女性週刊誌で働きながらもファッション誌への憧れを棄てきれない編集者の友映。性別も年代も原田とはかけ離れている。

「実はぼく、志駕さんの“スマホ”シリーズには並々ならぬ思い入れがあって、前作の『スマホを落としただけなのに』には舞台版に刑事役で出演していたんです。だからもちろん『スマホを落としただけなのに』も読んでいます。前作も面白かったのですが、『彼女の〜』は、また違った面白さがあります。

 主人公の彼氏がスマホを落とし、それを狡猾なハッカーが拾ってしまうことから事件が起きる『スマホを落としただけなのに』では、序盤からわかりやすい悪である“サイコパス”が登場するのですが、今回は、複雑な構成になっていて、どこに“悪”が潜んでいるのかわからない。この曲がり角に“悪”がいるかと、ドキドキしながら曲がってみると、あれ、違う。“死角”の多い迷路みたいで、最後まで犯人がわからないんです」

 原田がこの複雑な構成とともに印象に残ったのは、小説の中で描かれる「パパ活女子」たちの様子だ。

「重要なテーマの一つとなっている“パパ活”ですが、やっぱり、お金って楽して稼げるものではないと改めて痛感します。主人公の一人である女子大生の咲希は、友人から誘われて、スマホの操作ひとつですぐにパパ活をはじめてしまいますが、『絶対にうまく行くはずない、落とし穴があるはずだ』とハラハラしながら読んでいました」
 
 普段の生活では交わることのない“パパ活女子”に原田がここまで強く想いを寄せることができたのは、その描写の巧みさ故だったという。

「志駕さんの小説の魅力は、なんといっても、その描写にあると感じました。咲希と、サークルの友人で同じくパパ活をしているユイカがファミレスでおしゃべりをするシーンでの『399円のドリンクバーの二杯目のホットコーヒーを飲みながら』とか『チョコバナナサンデーを頬ばった』。若手週刊誌編集者の友映の『マニュキアが剥げかけた指先』などのセンテンスで、その子たちの状況が、ふっと風が吹くように一瞬で想像できる。自分とかけはなれた登場人物であっても“きっとこんな子なんだろう”と違和感なくその心中に入ってゆくことができるんです」
 
 パパ活女子とともに週刊誌の編集部の様子もふんだんに描かれる本作には、新型コロナウイルスの感染拡大をはじめ、志村けんさんの急逝、小池都知事の再選、アベノマスクの配布など、2020年のニュースがふんだんに詰め込まれている。とくにコロナによって捜査や取材が足止めを食らう、就活がうまくゆかなくなるなど登場人物たちも大きな影響を受ける。原田にとっても2020年はコロナに翻弄された年だった。

「ぼくも、就活に影響が出た咲希やテレワークを始めた友映たちのように、様々な苦労がありました。コロナ禍の中で、出演していた舞台も中止となり、映像の仕事の在り方も変わってきた中で、YouTubeを始めたんです。

だけどこの年になって、新しいことを始めるって、すごく覚悟がいる。YouTubeは、最初から脚本があるテレビや芝居の仕事と違い、自分で“発信”の場を作ることから始めなければならない。まずそもそも“何を発信するのか”から問われます。僕の場合、旅番組でお風呂に入ることが多いので、裸一貫、『入浴』に特化した映像を配信することにした。しかし、コロナ禍の影響で、地方の温泉にいけない。そのためリモートで以前にいった温泉地の方と配信したり、一人、入浴しながら思うことを独白する『ひとり湯』という企画を立ち上げたりと、様々に工夫はしているのですが、なかなか数字に反映しない。どうしたらよいのか、“見えない魔物”と戦っているような1年でした。

ただ、苦労が多かっただけに、“挑戦”をした1年でもあった。本作でも、主人公たちはトラブルに巻き込まれても、機転を利かせたり、自らの能力をフルに生かしたりと、壁を打ち破ってたくましく生きてゆく。まだまだ先の見えないいまだからこそ、様々な世代の人に読んでほしい作品だと思います」

◇原田龍二(はらだ・りゅうじ)
1970年10月26日生まれ 俳優・タレント。現在、YouTubeで「原田龍二の湯〜チューブ」を配信中。ブログ「BRO.原田龍二オフィシャルブログ」が人気。