フリーアナウンサーの田中みな実(34才)が、レギュラー出演するTBS系『ジョブチューン』と『有吉ジャポンII』を3月末に降板する方向で決まったと報じられた。

 2014年にフリー転身後は、バラエティー番組で引っ張りだこになった田中。2019年に発売した写真集『Sincerely yours…』は大ヒットとなり、さらに女優としての活動も増加、昨年8月には、戸田恵梨香や有村架純などの女優が多く所属する芸能事務所「フラーム」に移籍した。

 TBSの2番組を降板し、本格的名女優転身を模索しているとも見える田中。ネット上では、〈バラエティーのアシスタントならあと5年は行けると思うが、女優は何年できるか〉、〈キワモノ的なキャラでやってくなら需要あるかもね〉といった厳しい意見も少なくない。

 今回の降板報道について、エンタメ事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサ氏はこう分析する。

「『ジョブチューン』と『有吉ジャポン』で田中さんは、アシスタントMC的役割を果たしていますが、いずれもTBSの局アナだったころからのレギュラー番組です。そういう意味では、本来局アナがキャスティングされるはずのポジションなんですよね。フリーになって人気者となっている田中さんが降板するのは自然な流れであって、後輩のアナウンサーにポジションを譲るという思いがあるのではないかと思います。

 一方で、田中さんはテレビ朝日系『あざとくて何が悪いの?』では、テレ朝の弘中綾香アナとともに、自身の“あざといキャラ”を活かしてMCを務めています。この番組はミニドラマに登場する松本まりかさんやアンジュルムの上國料萌衣さんの“あざとい演技”がSNSで話題になることも多く、田中さんにとっては自身の存在をアピールできる場にもなっている。まだまだバラエティーで活躍する気まんまんなのではないでしょうか」

 とはいえ、バラエティー番組のレギュラーが減れば、その分女優として活動する機会を増やすこともできる。今後、田中が本格的に女優として大ブレイクする可能性はあるのだろうか。

「必ずしも“正統派女優”というイメージではないものの、セクシーな役からキワモノ的な役まで、幅広い役どころで魅力を発揮できる女優さんになっていると言えますね。また、アナウンサー時代からのキャラクターがあるので、どんな役を演じても“ギャップ”を見せることができて、そこが功を奏している部分もあると思います。“どんな役でも演じてくれる女優”という認識もあるので、制作サイドに重宝される存在になっていくと思います」(大塚氏)

 さらに、ライバルの出現も田中を刺激しているのかもしれない。元テレビ東京の鷲見玲奈アナ(30才)が、バラエティー番組への出演を増やすとともに、今年1月10日に放送された日本テレビ系ドラマ『アプリで恋する20の条件』で女優デビューを果たした。鷲見アナはこのデビュー作でキスシーンにも挑戦した。

「ブレイクの仕方が田中さんにかなり近いうえに、いきなりキスシーンをするという積極性も似ていますよね。田中さんとしても、自分のポジションを奪われかねないということで、より一層女優業に本腰を入れたいという狙いがあるのかもしれませんね」(テレビ局関係者)

 元局アナ女優のライバル関係から目が離せない。