1月中旬の都内で、仕事終わりの爆笑問題の太田光(55才)を発見した。おしゃれなダメージジーンズに、白いコンバースのスニーカー、そして、上着はどこのハイブランドでもなく、とある漁業組合の刺繍が入ったジャンパー。ある女性スタイリストは「冬場の太田さんの私服はほぼこれですよ。逆に、夏はTシャツやシャツというシンプルなもので、靴はこの白のハイカットコンバースをよく見ます。一年中を通して、似たような格好をされているんです」と明かした。

 太田は、かつてのインタビューで「デニムにシャツってのはジェームズ・ディーンへの憧れから。そして映画にもなった小説家片岡義男(81才)の『スローなブギにしてくれ』の世界」と、自身のファッションのポイントと原点を明かしている。

 ピョン吉とは、マンガ『ど根性ガエル』の主人公・ひろしのTシャツに張り付いたカエルのこと。太田は、このいわゆる「ピョン吉Tシャツ」を愛用しているという。

 前出の女性スタイリストが続ける。

「テレビや舞台ではスーツ姿ですけど、私服は本当に無頓着というか、そもそもおしゃれをする気はないみたいです。アップルの創業者のスティーブ・ジョブズさん(享年56)もいつも同じ服を着ていましたが、服を選ぶ時間やコストを削減するためで、ミニマリスト的な発想です。太田さんも、ジョブズさんと同じ考えなのかもしれませんね」

 そこで、妻で太田の所属事務所社長・太田光代(56才)に太田の私服について聞くと「家でも外でもずーっとカエルの服。たんすの引き出しを開けるとピョン吉がいっぱいで、寝る時も、ピョン吉からピョン吉に着替えているぐらいです」という。

 ピョン吉とは、マンガ『ど根性ガエル』の主人公・ひろしのTシャツに張り付いたカエルのこと。太田は、このいわゆる「ピョン吉Tシャツ」を愛用していることで知られている。だが、このピョン吉Tシャツの“ストック”が最近ピンチを迎えているのだという。

「ピョン吉のTシャツは元々、日本テレビのプロデューサー・菅賢治さんがくれたもの。“ピョン吉の大ファン”を公言する太田に、大量のTシャツをプレゼントしてくれたんです。でも、そのピョン吉Tシャツも10年以上着続けたので、着れなくなり、いまはもう残り2枚だけ。その2枚もヨレヨレなんです。まぁ、いい年なので普通の服を着てほしいと思っていましたから、ピョン吉Tシャツを買い足すかは検討中です(笑い)」

 1月は、相方の田中裕二(56才)が、20日に軽度のくも膜下出血・脳梗塞で緊急入院、昨年夏の新型コロナウイルス感染に続いて、休養に入っている。24日の『サンデージャポン』(TBS系)には、気心知れたくりぃむしちゅー上田に頭を下げて、代打でMC出演をしてもらった。上田からは「30年以上芸能界にいるんだから、知り合いをもっと増やして」とツッコまれたが、終始うれしそうだった。

 ファッションも交友関係もいたってシンプルで、派手さはゼロ。やはり太田は、仕事は多彩な分、私生活は不器用なまんまである。