放送開始から3か月、間もなく折り返しを迎えるNHK朝ドラ『おちょやん』。「大阪のお母さん」と呼ばれた昭和の大女優、浪花千栄子の生涯をモデルにした同作で、杉咲花が演じるヒロイン・千代が参加する劇団「鶴亀家庭劇」が、ようやく初公演にこぎ着けた。

 劇団の座長を務める天海一平(成田凌)と徐々に距離を縮めていくが、浪花千栄子の生涯を知るテレビ関係者は、今後の展開にハラハラしていると話す。

「天海のモデルは、かつて松竹新喜劇を率いた劇作家の渋谷天外。千栄子はのちに天外と結婚しますが、その夫婦生活は“ドロ沼”でして……」

 結婚後、天外は千栄子が可愛がっていた劇団の後輩女優と不倫し、子供をもうけてしまう。2人の離婚協議は4年に及び、その間に天外と愛人の間には第二子も生まれる。離婚成立後、天外はこの愛人と結婚するが、千栄子の天外への恨みは深かったという。

 天外の生涯を追った『渋谷天外伝』(大槻茂著、主婦の友社)によれば、千栄子は〈離婚後、京都・嵐山に料理旅館をつくるが、そこの敷石の裏に『渋谷天外』と彫って、毎日踏み歩いた〉と書かれている。

 朝ドラというより昼メロのような展開だが、今後この“寝取られ不倫”は描かれるのか。朝ドラに詳しいライターの田幸和歌子氏が語る。

「過去作でいえば、『カーネーション』(2011年)でヒロインと妻子ある男性の不倫愛が描かれましたが、相手の妻は登場せず、ドロドロした部分は排除された。『スカーレット』(2019年)でも、史実ではヒロインは夫の不倫で離婚しますが、劇中では不倫は寸止めで描かれていない。

 ただ、『おちょやん』は別だと思います。千栄子は夫の不倫と離婚を糧にして名女優に上り詰めた人。杉咲さんなら、どん底から這い上がった千栄子の強さを演じきるはず。正面から描くのではないか」

 NHKに聞くと、「今後の展開については番組公式ホームページなどで公表しておりますので、回答を控えさせていただきます」(広報部)とのこと。

 このところ朝のワイドショーは有名人の不倫スキャンダルで賑わうが、それ以上の愛憎劇が“裏番組”で展開されるかもしれない。

※週刊ポスト2021年2月26日・3月5日号