第1回「栄一、目覚める」は視聴率20%(ビデオリサーチ調べ)と好スタートを切り、初回から注目度の高さがうかがえる今年のNHK大河ドラマ『青天を衝け』。幕末以降、新たな時代を迎えた日本の経済に尽力し“日本資本主義の父”と呼ばれるまでになった実業家・渋沢栄一の物語が展開されていく。

 そんな今作は記念すべき60作目でもあり、令和の“顔”になるイケメンが多数出演! “眼福大河”で躍動する豪華な顔ぶれと人物像を紹介しよう。

●渋沢栄一=吉沢亮(27才)「近代日本を作りあげた立役者」

 1840年、現在の埼玉県深谷市の豪農に生まれる。幼少時から「論語」など学問に勤しみ、20代で一橋(徳川)慶喜に仕え、欧州へ。帰国後は大蔵省を経て、第一国立銀行の総監役に。多数の企業育成、教育機関や社会公共事業の支援を行い「日本資本主義の父」と呼ばれるように。

●渋沢喜作=高良健吾(33才)「栄一の生涯の相棒」

 1838年生まれ。従兄であり幼なじみの栄一とともに一橋家に仕え、幕臣に。将軍慶喜の奥祐筆、彰義隊頭取などを務める。大蔵省入省後、ヨーロッパ留学を経て、小野組糸店に入社。その後は実業家として活躍する栄一の生涯の相棒。

●尾高長七郎=満島真之介(31才)「劇中だけでなく撮影でも主演を支える“お兄さん”」

 1838年、尾高家の次男として生まれる。家業を切り盛りする兄に代わり、早くから江戸に出て儒学を学び、剣術「神道無念流」の指南を受け剣豪となる。従弟の栄一とは「竹馬の友として特に親交を重ね、互に文武を研鑚した」とされている。

●尾高平九郎=岡田健史(21才)「維新のイケメンを令和のイケメンが演じる」

 1847年、現在の埼玉県深谷市で村役人を輩出した豪家・尾高家の末子として生まれ、文武両道の心優しい青年に成長。のちに従兄である栄一の見立て養子になる。幕府崩壊の動乱に巻き込まれ、22才で自刃という非業の運命を……。

●高島秋帆=玉木宏(41才)「貪欲に西洋砲術を学び“高島流砲術”を確立」

 1798年、長崎の町年寄の家に生まれる。町年寄や鉄砲方を務めるかたわら、広く蘭学を修め、特にオランダ人を通じて砲術を研究。のちに西洋式の高島流砲術を生み出し、江戸幕府に西洋式の兵術・砲術を紹介。日本の西洋式兵学の先駆者。

●五代友厚=ディーン・フジオカ(40才)「5年越しの“五代様”再び!」

 1836年、鹿児島生まれ。オランダ海軍士官より航海や砲術、数学などを学んだ後、欧州に留学。帰国後は外国事務局判事として大阪在勤に。退官後、大阪商工会議所の初代会頭などを務め、大阪の退勢挽回に奔走。「大阪の恩人」と呼ばれた。

●土方歳三=町田啓太(30才)「武士よりも武士らしくが信念の“鬼の副長”」

 1835年、家伝薬を副業とする裕福な家の末子として生まれる。11才から奉公を重ねた後、家業の行商販売を続ける。25才で「天然理心流」に入門し、実践的な剣術を磨く。その後「新選組」の副長となり、将軍警護で力を発揮する。

●徳川家茂=磯村勇斗(28才)「勝海舟に才を惜しまれた聡明な将軍」

 1846年、御三家の1つである紀州藩の第11代藩主・徳川斉順の次男として江戸の紀州藩邸で生まれる。わずか13才で江戸幕府の第14代将軍に就任。幕府の最高責任者として職務を全うしつつ、 21才の若さで病死する。

●橋本左内=小池徹平(35才)「西洋学をいち早く教えた先見の明」

 1834年、福井藩お抱えの医者の長男として生まれる。漢方医学を学び、15才で「啓発録」を書く。藩医となった後も医学以外の西洋学問を学び、藩主の警護を経て学校教師になった際には、当時の最先端だった西洋学を教えた。

●阿部正弘=大谷亮平(40才)「25才の若さで老中に就任した切れ者」

 1819年生まれ。福山藩7代藩主。25才で江戸幕府老中となり、27才で老中首座(現在の総理大臣)に就任。人材育成や身分によらない教育にも注力した。1854年、ペリーと日米和親条約を締結し、約200年続いた鎖国を終わらせた。

※女性セブン2021年3月4日号