長年にわたってさまざまな騒動を巻き起こしているのが、“花田家”の人々。現在スポットが当たっているのは、元横綱・貴乃花の花田光司(48才)と長男・花田優一(25才)との断絶だ。

 優一が、『週刊女性』(2月16日号)で、父からモラハラを受けていたと告発すると、今度は貴乃花が、『週刊文春』(2月18日号)で優一の発言を否定。さらに、『女性セブン』(3月4日号)では、優一の不倫疑惑や金銭トラブルが、親子断絶の発端になっていると報じた。

 靴職人として活動していたものの、注文を受けてもなかなか納品されないなどというクレームも多かったという優一。それが引き金となり、2018年11月に当時所属していた芸能事務所とのマネジメント契約が解除になったという。さらに、同事務所が負担したイタリアのファッションイベントへの出展費用2000万円は、現在貴乃花が返済しているとも言われている。

 また、優一は2017年6月に結婚しているが、それから1年半で離婚。その背景には不倫疑惑も浮上している。

「貴乃花によるモラハラや暴力がどれくれいのものだったのかは分かりませんが、優一の行動に問題があったことは否めない。息子の尻拭いをしなければならない貴乃花にとっては、なんともやるせない優一の告発だったでしょうね」(芸能事務所関係者)

 ネット上では、優一に対する風当たりは強い。〈子育て間違えたっていうのはあるけど、もうとっくに二十歳こえた大人が、ここまで好き勝手してるのは自分自身の性質だろうね〉、〈何事も中途半端。親の名前で活動してたけど限界が近づいている印象〉、〈親の名で芸能界の仕事出来てるのに、その親に対して恩を仇で返すような息子、完全に勘違いしてるね〉など、かなり辛辣な意見が並んでいる。

 まさに、絵に描いたような“親の七光り”、“ドラ息子”といった印象で見られている優一。ここからイメージアップを図ることはできるのだろか──。エンタメ情報に詳しいライターの大塚ナギサ氏は、二世タレント事情についてこう話す。

「二世タレントにもいろいろいますが、最初はあまりイメージが良くなくても、年齢を重ねるごとに、好感度が上がっていくパターンもあります。たとえば、長嶋一茂さんや石原良純さんがテレビで大人気になっているのも、その好例だといえます」

 バラエティー番組で、歯に衣着せぬ意見を放ち、人気となっている一茂や良純。2人とも、超有名な父親を持つ“おぼっちゃま”というイメージが強かった。

「有名人の子供は、幼い頃からいろいろな大人と接する機会も多く、ほかの子供とは明らかに違う育ち方をすることも珍しくない。だからこそ、タレント性を見いだされることが多いと言えるでしょう。ただやはり、一般とは少々異なる感覚を持っていることも多いので、世間に受け入れられないというケースもあります。

 花田優一さんの場合は、ご自身の行動に問題があったという部分もありつつも、やはり自身の感覚と世間の感覚とのギャップを埋められていないという事情もあるのだと思います。それでも、やはり注目度が高い人なので、優一さんを起用する番組は少なくないわけですが、露出が増えるとまたその“ギャップ”が浮き彫りになって、批判の目にさらされる機会が増える。そういう悪循環に陥っているようにも見えますね。

 でも、今後、ご自身がいろいろな経験を積んでいけば、そのギャップが自然と埋められていく可能性はあると思います。優一さんもバッシングを受けないような立ち居振る舞いができるようになるだろうし、世間にも優一さんを“楽しむ方法”が伝わっていくかもしれない。

 もちろん一茂さんや良純さんと同じだとは言いませんが、あと15年くらい経って、妙に丸くなった優一さんがワイドショーのコメンテーターとして活躍している……なんていう未来もあるかもしれませんね」(大塚氏)

 花田優一が世間から愛されるようになるには、まだまだ時間がかかりそうだ。