『愛の不時着』や『梨泰院クラス』など、コロナ禍で一大ブームを巻き起こした韓国ドラマ。そんな中、「次の韓流ブーム」の火付け役として韓国が力を入れているのがウェブドラマだ。特に、男性同士の恋愛を描いた「BL」が予想を超える人気を博しているという。その理由について、ソウル在住のKDDI総合研究所特別研究員・趙章恩さんが解説する。

 * * *
 韓国で累計再生回数2億回という異例の大ヒットを記録したウェブドラマ『A-TEEN』と『A-TEEN2』が、今年2月から日本でも放送開始した。高校生の恋や友情、受験の悩みなどを描いた青春学園ドラマで、韓国では2018年7月の放送開始から大ブームを巻き起こした作品だ。韓国の6人組ガールズグループ「April」のイ・ナウンと韓国の10人組ボーイズグループ「Golden Child」のボミンを「演技ドル(演技上手なアイドル)」に成長させた作品であり、ドラマ『梨泰院クラス』で主要キャストのチャン・グンス役を演じたキム・ドンヒのデビュー作でもある(イ・ナウンとキム・ドンヒは、Twitterで過去のいじめを告発する『暴too』疑惑が浮上し一時問題になったものの、ドラマは配信中)。

 韓国ウェブドラマは、スマートフォンの普及と共に2010年頃から始まった。1話当たり10〜15分程度の短いドラマで、ポータルサイトや動画配信サービスで放送されている。初恋や受験、就活、婚活の悩みなどを描いた作品が多く、移動中や休み時間に気軽に視聴できることから10〜30代まで幅広く愛されている。再生回数が多いウェブドラマは地上波の深夜帯で放送されることもあり、K-POPアイドルや新人俳優などがウェブドラマで演技力を磨き、地上波のゴールデン帯やケーブルテレビの長編ドラマにキャスティングされるケースが増えている。以前は地上波の1話完結スペシャルドラマなどが新人の登竜門だったが、今はウェブドラマがその役割を担っていると言えるだろう。

『A-TEEN』シリーズの大成功によりウェブドラマの制作本数もどんどん増え、ジャンルも幅広くなっている。2020年夏から特に注目を集めているのが男性同士の恋を描いた「BL」だ。初のBLウェブドラマ『君の視線が止まる先に』を筆頭に、『Mr.ハート』、『Wish You〜僕の心の中、君のメロディー』、『To My Star』の4作品は韓国で予想を超えるヒットを記録、日本をはじめアジア各国でも放送されている。

 BL初の音楽をテーマにした『Wish You〜僕の心の中、君のメロディー』と最新作『To My Star』はウェブドラマ版と映画版があり、映画版はNetflixが版権を買うほどの話題作である。『To My Star』は、いつも笑顔で優しく財力もあるトップスター・カン・ソジュンがスキャンダルから身を隠そうと、内気で自己評価の低いシェフ、ハン・ジウと同居するところから始まる。性格も職業も全く違う2人が、「相手が自分を好きになるはずがない」と思いながらもお互いに惹かれていくトキメキを表現し、普段BLドラマを見ない層にまで話題になり火が付いた。

 BLドラマといえば、これまで台湾やタイ、日本の作品が動画配信サービス経由で放送されてはいたが、韓国では一部の女性にしか受け入れられないジャンルだと思われていた。それがコロナ禍以降、人間性や人との繋がりを失いたくないという人々の気持ちが強くなったからか、優しい世界を描いた癒し系の作品としてBLドラマが注目されているようだ。

 BLドラマの内容自体も、BLに拒否反応を示すような人物が登場しない傾向に変わってきているように思う。これまでは、BLの登場人物が自分のアイデンティティーについて悩むような物語や展開が多く描かれていたが、今は一生懸命に相手を想う恋そのものがテーマとなっており、その主人公が男性同士だったというだけ、という印象だ。『To My Star』の制作会社代表は韓国メディアのインタビューで、「今までなかった新しいジャンルへの期待と多様な形の愛を尊重する社会の雰囲気がBLドラマの拡散を促進したのではないか」と話していた。

 そうは言っても、BLというジャンルを韓国の地上波で大々的に放送するにはまだ時間がかかるかもしれない。韓国の民間放送局SBSは2月、旧正月の連休特選映画として、イギリスのロックバンド・クイーンの伝記『ボヘミアン・ラプソディ』を放送したが、男性同士のキスシーンをカットし、映画ファンらが反発するという騒ぎもあった。

 低予算ではあるものの、地上波放送に比べ表現が自由なウェブドラマ市場では、BLドラマの制作が当分続くようだ。2月末には現代舞踊家と消費者金融業者の恋愛を描いた『You make me Dance』がアジア同時公開予定で、2018年に電子本サイトのBLウェブ小説部門で大賞を受賞した『Semantic Error』のウェブドラマ制作も決まった。BLは中国や東南アジアで特に人気が高いようで、韓国では「次にヒットする韓流」として力を入れているようだ。

【趙章恩】
ジャーナリスト。KDDI総合研究所特別研究員。東京大学大学院学際情報学修士(社会情報学)、東京大学大学院学際情報学府博士課程単位取得退学。韓国・アジアのIT・メディア事情を日本と比較しながら分かりやすく解説している。趣味はドラマ視聴とロケ地めぐり。