小林麻耶(41才)が夫のあきら。こと整体師の國光吟氏(37才)と別居していることがわかった。18日発売の『女性セブン』が報じる。

「周囲が引くほどラブラブだったふたりですが、この3月上旬までに、昨年住み始めたばかりの高級マンションを出たようです。麻耶さんは実家、國光さんは新たに借りたマンションに住み、いまは別居しています」(小林家の知人)

 1月18日、ふたり仲よく配信していたYouTubeチャンネル『コバヤシテレビ局』の終了が、突如動画内で報告された。以降、麻耶のブログから夫の姿が激減し、國光氏が新設したYouTubeチャンネルにも麻耶が登場することはない(3月16日現在)。

 2人は2018年5月に出会い、同年7月、「交際ゼロ日」で電撃結婚した。お相手の國光氏は、「自分は神に選ばれた存在」「宇宙からのエネルギーを…」といった発言をしたこともあるスピリチュアルな人物。

「結婚前の國光さんのSNSには、『宇宙ヨガ』や『覚醒体験』といったスピリチュアルなワードが多く登場していました。不思議な力で体を調整する『オメガセラピー』の施術で生計を立てていたそうですが、なぜか結婚発表の前にそれらのSNSはすべて削除されました」(芸能記者)

 麻耶は結婚発表から1週間後の8月3日に芸能界引退。それから1年も経たない2019年6月に芸能界復帰。その際、夫も同じ事務所に所属し、あきら。の芸名で芸能界デビューした。

 その後、麻耶夫妻はトラブルで世間を騒がせる。麻耶はレギュラー出演していた『グッとラック!』(TBS系)を昨年11月12日で突然降板。それが発表される日の朝、國光氏とともに、自身のYouTubeチャンネルに登場し、スタッフとの間でトラブルがあったと主張した。

 同時に、「いじめから守ってくださらなかった、○○社長、そして番組降板を突然言い渡し、今日生出演させないという判断をされた○○さん、ありがとうございました!」と異様なテンションで語ったのだった。同日、《正常なマネジメント業務を行う事が困難になった為》として所属事務所も契約解除を発表した。こうした“奇行”に周囲からは麻耶を心配する声が上がっていた。

「麻耶さんは國光さんへの依存がなくなったわけじゃない。でも周囲の気持ちも届いているんでしょう。夫婦のYouTubeをやめたのも、別居を決断したのも、どこかではわかっているからだと思います。離婚へ向けて動き始めた、そう思いたいです」(前出・小林家の知人)

 麻耶を記者が直撃すると、離婚については否定しつつも、「いまは別々に住んでいますが…1週間前からそういうこと(別居)になっているけど、いまも一緒に寝たりしていますから」などと話した。

『女性セブン』は、麻耶が直撃時に語った一問一答、義兄である市川海老蔵が麻耶夫妻と距離を置いた背景と現在の関係、さらには國光氏が昨年春に姓を「小林」に変更していた“謎”などについても詳報している。