いつの時代もテレビのゴールデンタイムの主役であり続けているクイズ番組。コミュニケーションを深めたり、知識やひらめきを競い合ったりできるため、コロナ禍の自粛生活の気分転換に、一家で楽しんでいる人も多い。そんなクイズ番組は、いつ頃生まれ、どう変化してきたのか?

「戦後、GHQ傘下のCIE(※)の指導で、教養的な娯楽として米国や英国のクイズ番組をラジオに持ち込んだのが、日本のクイズ番組の始まりです」

(※民間情報教育局、Civil Information and Educational Section)

 そう話すのは、クイズプレーヤーの伊沢拓司(26才)。

 敗戦翌年の1946年にNHKラジオ第1で始まった『話の泉』が、日本初のラジオクイズ番組といわれている。

「これは、聴取者から寄せられた問題に博学博職の文化人がユーモアを交えて答えるもので、問題が採用されるのは1300通に1通。採用されたら30円、解答者が解答できなかったら50円の賞金が出され、18年間続きました」と語るのは、専門誌『QUIZ JAPAN』編集長で日本クイズ協会理事の大門弘樹さんだ。

「その後、読売新聞が1956年から日曜版で連載を始めた『ボナンザグラム』は、1950年代に米国で始まった新しい“伏字クイズ”です。当時はこれに応募する人たちで、郵便局があふれ返ったといわれています」(大門さん・以下同)

 そして、テレビにクイズ番組が誕生したのは1953年のこと。

「長年、『ジェスチャー』が日本初のクイズ番組といわれていましたが、弊誌が調べ直したところ、テレビ放送開始3日目に人気ラジオ番組をアレンジした『三つの歌』という番組が放送され、その後、初のオリジナルクイズテレビ番組として、『私の仕事はなんでしょう』が、放送されたことがわかりました。いずれもNHKの番組です」

 この第1次クイズブームの後、テレビの普及率が50%を超えた1960年代に第2次クイズブームが起こる。

視聴者参加型がタレント型へと移行

 民放では1963年の『アップダウンクイズ』(毎日放送)をはじめとする視聴者参加型の名物クイズ番組が次々に生まれ、1970年代まで隆盛を極める。

 第2次クイズブームには印象的な番組が多く、『クイズグランプリ』(フジテレビ系)や『ベルトクイズQ&Q』(TBS系)などの帯番組が誕生する。

 なかでも、民放のクイズ番組の草分けが『アップダウンクイズ』。「10問正解して、さぁ夢のハワイへ行きましょう」と、JALパックでのハワイ旅行を賞品にして、人気を博した。

 その当時から、視聴者参加型クイズ番組に出演し、14冠を獲得、後にクイズ作家になった道蔦岳史さんは、1983年の全国大会で優勝した戦略をこう話す。

「『アップダウンクイズ』の場合、1問間違うだけで下まで落ち、2問間違うと失格になってしまう。そのため、当時はお手つきをしないように30分間で50問中10問取れればいいと考えて、確実なものだけ答えました。それに、放送日やゲストにちなんだ問題に備えて、『今日は何の日事典』のような本で勉強したのも覚えています」

 海外旅行が高嶺の花だった1970年代。海外旅行への近道だった視聴者参加型番組は、庶民の憧れの的となる。

 しかし1980年代になると、海外ロケVTRを使った映像系クイズ番組が増える。この流れが進み、1985年頃を境に、視聴者参加型番組は減り、タレント型クイズ番組が主流になる。これが第3次ブームだ。その中で、人気を集めたのが『たけし・逸見の平成教育委員会』(フジテレビ系)だ。

「実在する小中学校の入試問題を大人が解くことで、『この人って頭がいい。偏差値が高い』と認識してもらえる方向性を生み出した最初の番組でした」(大門さん)

 この番組で、驚異の正解率を連発し、元祖・芸能人クイズ王としてブレークしたのが辰巳琢郎(62才)だ。

「ぼくが出演したのは、放送開始から半年後。すでに優等生だったラサール石井さん(65才)と田中康夫さん(64才)の間に割って入って、準レギュラーとして名前が知られるようになりました。

 ただ、高正解率を続けていると、ぼくの苦手な問題が多く出題されるようになった。そんな出題者との戦いも面白かったですね」(辰巳)

 1989年頃から1994年頃にかけての第4次ブームは、クイズ王番組の全盛期。主に、『史上最強のクイズ王決定戦』(TBS系)や『FNS1億2、000万人のクイズ王決定戦!』(フジテレビ系)が人気を得た。

「それとともに、『アメリカ横断ウルトラクイズ』(日本テレビ系)も年々スケールアップ。なかでも名作とされる第12・13・14回などのヒット作が、この時期に生まれました」(大門さん)

おバカブームから超エリートが競う番組へ

 こうしたハイレベルな知的バトルがしのぎを削る中、『クイズ!ヘキサゴン』シリーズ(フジテレビ系)の登場により、“おバカブーム”が到来。これが第5次ブームとなる。同番組のクイズ作家をしていた道蔦さんは、当時をこう述懐する。

「『クイズ!ヘキサゴンII』でチーム対抗戦を行うようになると、おバカタレントが誤答を連発。これがお茶の間でウケたんです。瞬発力で思いもよらない答えをする、優秀な“おバカタレント”を集めたのが、カギでしたね」

 その反動で再到来したのが、2011年に始まり、いまも年1回の放送が続いている『最強の頭脳 日本一決定戦! 頭脳王』(日本テレビ系)や、それに対抗してレギュラー番組に定着した『東大王』(TBS系)などに代表される、高学歴クイズプレーヤーが競い合う第6次ブームだ。

「『頭脳王』は東大法学部首席卒業者や、数学オリンピック連続出場者など、超エリートだけが出られる番組です。その第3・4回で連続チャンピオンになった水上颯くんが、レギュラーとして加わったのが『東大王』。この番組がすごいところは、ゴールデンタイムの看板を素人の東大生に任せた点。この慧眼にありますね」(大門さん) 

 クイズ番組が登場して約70年。スタイルも問題も多様化してきたクイズ番組は、昔といまでどう変わったのか?

「かつて、物欲を満たす視聴者型だったクイズ番組は、いまや超エリートが純粋に頭脳を競う知的ゲームへと進化しています」(大門さん)

取材・文/北武司

※女性セブン2021年4月8日号