放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、ジャニーズのアイドルグループSixTONESについて。

 * * *
 2021年度のジャニーズ事務所公認カレンダー。昨年デビューしたSixTONESにとってはグループ単独で2冊目のカレンダーとなる。  

 注目なのはこれだけではない。現在、ドラマに映画にバラエティにと見ない日はないと言ってもいい彼ら。
 
 目立ち始めたのは、メンバーの松村北斗が森七菜とW主演を務めた映画『ライアー×ライアー』(2月19日公開)の主題歌でもある『僕が僕じゃないみたいだ』(2月17日リリース)のプロモーション時のバラエティ出演。このとき個々に頑張った“成果”が2周目、3周目として花開いているように感じる。つまり彼ら、視聴者の反響のみならず、現場での評判がとてもいいのだ。

映像のジャンルで“実力”を備えた6人

 カレンダー発売時、『女性セブン』が恒例としている「メンバーが選ぶベストショット」企画のインタビューに登場したのは京本大我と森本慎太郎。そのとき、森本が「僕らは、みんなテレビっ子」と言い、京本は「たまたまテレビをつけるとメンバーが出ている」と言っていたのが特に忘れられない。それほどテレビでの露出が増えてきたという証拠。そこで改めて気づいたのは、SixTONESのメンバー全員が既に映像のジャンルにおいて“実力”を備えているということである。

 2クール続いた『監察医 朝顔』(フジテレビ系)の好演がおおいに話題だった森本は、
スピンオフドラマ『森本刑事のオジさん監察日記』に主演し、若い制作スタッフを牽引。それは同局の自己検証・批評番組『週刊フジテレビ批評』でも取り上げられるほどだった。

 2015年、2016年、2019年と舞台『エリザベート』で高評価を得た京本が最近ネットで“話題”になったことといえば、『踊る!さんま御殿‼』(日本テレビ系)に出演し、“踊るヒット賞”を獲得したこと。

 この森本と京本の直近の活躍を見ても、SixTONESの多彩ぶりがわかるだろう。映画や連続ドラマ出演が目立ち、2021年度後期の連続テレビ小説(朝ドラ)『カムカムエヴリバディ』(NHK)も決まった松村北斗。もっともクールに見える彼が『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の「チャレンジグルメ」で激辛料理を悶絶しながらも完食したかと思えば、ラップの名手である田中樹は『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)のコーデバトルでジャニーズの先輩3人に圧勝した。

 そして歌唱力に定評があるジェシーは、情報番組出演時にギャグを連発し、大サービス。さらに『有吉ゼミ』「八王子リホームシリーズ」ではヒロミの下で、まさに体を張る。
そのジェシーと田中は4月16日スタートの『オオカミ少年』(TBS系)にダウンタウンの浜田雅功と共に出演する。16年ぶりとなるレギュラー化で、二人の起用は起爆剤の意味をもつ。

「器用な人が揃っているグループなのかもしれませんね」とは森本だ。「一見、高地(優吾)が不器用そうじゃないですか。でも彼は本当に賢くて、自分のキャラや自分ができることを誰よりも理解している」と続けた。京本も「メンバーが言葉に詰まったりするとき、絶妙な補足をしてくれるのは高地。ワイプの表情も抜群で、さすがは『スクール革命!』(日本テレビ系)で長年、鍛えられているだけのことはあると思う」と絶賛していた。

バラエティでも“待つ”ことができる

 バラエティ専門放送作家として言わせてもらえば、彼らは“待つ”ことができるのが素晴らしい。新人の場合、なんとか爪痕を残そうとして必要以上に出過ぎてしまったり、番組の流れを無視して持ちネタを放ったりしてしまうものだが、SixTONESにはそれがない。

 3日、『ジョブチューン』(TBS系)でヒナ壇に座っていた田中のトークやリアクションの緩急と絶妙な間は惚れ惚れするほどだった。

 そんな彼らは2012年、揃って、ドラマ『私立バカレア高校』(日本テレビ系)に出演。ファンの皆さんや記者らから“バカレアJr.”と呼ばれ、「次にデビューするグループ」と予想されていた時期がある。

 当時の盛り上がりは私も鮮明に覚えている。「グループ名はどうなるの?」と彼らに聞いていたのは有名アイドル誌の編集長。ジャニー喜多川さんに「彼らのデビューはいつですか?」と問う記者も後を絶たなかったものだ。

森本、京本が語った挫折と今後

「あの時期があって今があると思います」とは森本。京本も「あのときデビューしていたら悲惨だったと思います。実力もないのに調子にのってたし、絶対に失敗していたんじゃないかな。それから挫折を経験して、バラバラになって、しっかり地に足をつけて歩み始めたから今があるんです。メンバーは誰も『あのときデビューできたら良かった』とは言いません」と振り返った。

 私が「だからSixTONESは“強いグループ”なんですね」というと、二人は同時に大きく首を横に振った。

「僕ら、めちゃめちゃ弱いですよ。精神面でも体力面でも決して強くはありません」と森本。京本は「たとえば先輩の冠番組に出演させていただくとき、なかなか挨拶にいけなかったりすると、全員めちゃめちゃソワソワしちゃいます。ホント、裏では小心者なんです」と。さらに「デビュー前に挫折を経験しているから、これからも安定が約束されているワケじゃないことをみんなが自覚しています。だから、しっかりとした基盤を作っていかなければならない。そういう意味で、4月始まりのこのカレンダーをめくりながら、キチンと目標をたてて進んでいければと思っているんです」(京本)「(コロナ禍で)ファンの皆さんと会えない時間が続いてしまっていますが、会えないならではの特別な時間をこのカレンダーを手元にして共有していれば、会えたとき、嬉しさが爆発すると思うので」(森本)

「ファンの皆さんの前でパフォーマンスができる瞬間に、しっかり楽しんでいただけるものを作っておきたい」と話を締めくくった二人。

 私にはやはりSixTONESは「強いグループ」だと思える。そして全員がオールマイティでもある。2021年度のSixTONESの活躍をおおいに期待している