大人気バンド『King Gnu』のギター兼ボーカル、常田大希(28才)とモデルのemma(エマ、27才)が交際していることがわかった。

 東京の中心地。レストランやオフィスが入る都会の隠れ家のような複合ビルから時間差で出てきたのは、常田とemmaだ。4月1日、この日はemmaの誕生日だった。

「実はこのふたり、去年から交際をスタートさせ、今回初めて誕生日を一緒に過ごせたんです。まだ“ハネムーン期”のはずが、何かと難しい時期を過ごしているようで」(ふたりの知人)

『King Gnu』は常田と、彼の幼なじみであるボーカル兼キーボードの井口理(27才)が東京藝術大学の学園祭で再会したのを機に2017年に結成された。

「2019年1月にメジャーデビューすると爆発的に人気が広がり、翌2月にリリースした『白日』のYouTube再生回数は、約10か月で1億回を突破しました」(音楽関係者)

 この曲でデビュー1年目にしてNHK紅白歌合戦初出場を果たし、一気にスターダムに上り詰め、昨年は柴咲コウ(39才)が主演したドラマ『35歳の少女』(日本テレビ系)の主題歌を担当し話題になった。

「まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのバンドを率いる常田さんですが、同時にもう1つの音楽集団、『millennium parade』も主宰しています。今年2月に『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)に出演した際には、タモリさんが楽屋で絶賛していたとか。現代の日本の音楽を語る上では欠かせない、いま最も注目を集めているアーティストですよ」(前出・音楽関係者)

 特に常田はバンドのすべての楽曲制作を手掛け、超多忙な日々を送る。emmaとの出会いも仕事だった。

「きっかけは、2017年に作られた楽曲『あなたは蜃気楼』のミュージックビデオでの共演です。当時はインディーズで撮影予算がほとんどなかった。スタッフを雇う余裕もないので、常田さんが車を運転して機材を運んでいたほど。そんな中、少ないギャラでも出てくれたのがemmaでした」(前出・ふたりの知人)

 ふたりの共通点は超がつくストイックなところだという。

「常田さんが過去のヒット曲をとことん研究し、緻密に楽曲制作に取り組むことはよく知られていますが、その姿勢はemmaと似ている。彼女もファッションのことを勉強するために自費でパリコレに参加。最近は女優業にも進出し、去年は映画『妖怪人間ベラ』でベラを演じました。この春でファッション誌『vivi』の専属モデルを卒業し、今後の活動がさらに注目されています。彼女も人気急上昇中なんですよ」(前出・ふたりの知人)

 向上心の強いふたりはやがて惹かれ合い、交際に発展するのだが、多忙ゆえ、なかなか会えない日々を送っている。さらに、周囲に積極的に関係を明かせない事情もあった。その一因となったのが、2020年4月に写真週刊誌で報じられたメンバーの井口とアイドルの交際だ。

「交際報道後、SNS上には、『ショックで寝込みそう』、『交際を隠してほしかった』などのコメントが相次ぎました」(芸能関係者)

 その様子を見た常田はツイッターに心情を吐露した。

《例の報道が予想以上の騒ぎになってるらしく驚いた。いつからそんな応援のされ方になっちまったのか》

「常田さんは、“おれたちはアイドルじゃない。音楽だけで判断してほしい〟という思いが強い。しかし、自分たちに女性ファンが多いことも理解している彼は、彼女たちが離れていってしまうことも想像し、ここ最近は葛藤していたようです。本心は交際を隠したくないようですけどね」(前出・音楽関係者)

 たとえ世間がどう反応しようとも、ふたりが互いを高め合う最高の存在であることに変わりはないはずだ。

※女性セブン2021年4月22日号