いまだに驚きの声が広がっているタレントの有吉弘行(46)とフリーアナウンサーの夏目三久(36)の電撃結婚。

 2人は連名の自筆コメントで、エープリルフールの4月1日に結婚したことを発表。有吉は《柄にも無いことで少々恥ずかしいのですが、この先、こういうことは無いと思いますので、ご報告させて頂きます》とのコメントを寄せ、夏目も《有吉さんと夫婦になり、この上ない喜びと幸せを感じております》と綴った。

 出会いは、2011年にスタートした『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)。有吉と夏目のテンポのいいかけ合いは、視聴者からも注目を集めていた。

 そして交際報道があったのは2016年8月24日。日刊スポーツが〈夏目三久アナが有吉の子ども妊娠〉と報じたのだ。翌日も同紙は〈有吉と夏目アナ 年内結婚へ〉と続けたが、双方の事務所は「事実無根」とコメント。ふたりの関係もうやむやになった。

 2016年当時、有吉の地元では、すでに夏目の存在が知れ渡っていたようだ。しかし、その後、有吉の母親を始め親族が一斉に口をつぐんだという。

「確かに当時、交際はしていました。でも行きすぎた憶測で妊娠が取り沙汰され、全面的な否定をしないと事態が収まらなくなり、その結果、破局するしかなくなってしまったと聞いていました。

 そこから再び交際が始まったようですが、同じ失敗は繰り返さないと、親族を含め有吉の交際については何も話さなくなったそうです」(芸能関係者)

 今回の結婚について親族はどのように捉えているのだろうか。有吉の伯母に話を聞いた。

――このたびは有吉さんのご結婚おめでとうございます。

「ありがとうございます。すごく良かったですよ。とにかく(結婚が)決まったことが嬉しい。私らはただ見守っていましたよ。こっちもいらんこと言われんし、イライラ、イライラして待っていましたけど、でもこれでひと安心…くつろぎましたわ」

――有吉さんのお母さんも喜んでいましたか?

「『早く決めてほしいね』ということはたびたび言っていました。もうふたりは長かったでしょう。『いつ結婚してくれるんかねー』と妹(有吉の母親)と言うとりました。身を固めてくれんと、私も行くところへ行かれんわいね」

――交際していることは以前から知っていたんですか?

「私はね、(5年前の)三久さんとの報道が出たときに、弘行は結婚するんじゃないかとずっと思っていました。あの子(有吉)は正直で、几帳面ですから、生半可なお付き合いはしない子なので、三久さんとするんじゃないかな、という予感はありました。でもそれを弘行に言うたらいけん、言うたらいけん、と思ってこらえとりました。

 妹に聞いても『ようわからん、その話題にはタッチせんとって』と、質問をはぐらかすし、妹も(有吉の結婚の話題は)避けとったの。2年前くらいからは、こりゃあどうやら順調に付き合っているということが何となくわかって、いつ結婚するんかのう、とずっと待っとりましたわ」

――夏目さんとの交際、結婚について有吉さんに直接聞いたことはありますか?

「一度『三久さんみたいな人はどうなの?』とチラッと聞いたことはあるんだけど、『おれ、素朴な人がいいよー』とはぐらかされてね。『ちょっとあっち向いといて、とおれが言ったら、はい、向きます、と素直に従って、おれが言うまでずっとあっちを向いているような子だな』と言っとりました。やっぱり隠しとらんといけないんでしょうね。『いらんこと言わんとってよ。誰が来ても言うたらダメよ』とも言われたもんね。いままで親族はみんな隠してきたんよ」

――夏目さんとは実際に会ったことはあるんですか?

「それがないんですよ〜。妹も会ったことないんです。妹と『会いたいね、会いたいね』と言ってきましたから、お目にかかれたらいいね、と思います。まあ、これから2人で仲良くやっていってもらったら、それが一番だと思いますけどね。もう弘行には幸せになってもらうしかない」

 終始、にこやかな表情で「うれしい」と繰り返した伯母。最後は「これからも弘行をよろしくお願い致します」と言って、記者に頭を下げた。