「惚れた腫れたは芸の肥やし」が時代錯誤といわれて久しいいま、それを金科玉条のごとく誤信している人たちもいる。2021年1月に、4年ぶり2度目の不倫が報じられた中村芝翫(55才)。その長男・橋之助(25才)も新たな艶事に染まり始めていた。

 昨年元日のスポーツ紙で、祇園の元ナンバーワン芸妓のMさんと結婚を見据えた真剣交際であると報じられた橋之助。しかし3月後半、別の女性宅に4連泊。その女性とは、アイドルグループ乃木坂46の元メンバー、能條愛未(26才)だった。2012年に乃木坂46のメンバーとしてアイドル活動を始めるも2018年に「女優になりたい」との夢を叶えるためグループを卒業し、現在は舞台やミュージカルなどで活躍する。

 梨園関係者はいう。

「気になるのは、橋之助さんのお母さんである三田寛子さん(55才)の心中ですよ。これまで彼女は度重なるアクシデントにもめげず、一家をまとめあげてきましたが、最近はやり手の彼女でも予想できない出来事ばかり。橋之助さんの熱愛発覚も三田さんにはショックのはずです……」

 いまや梨園の妻の間で三田の存在感は圧倒的だ。花の82年組のアイドルとして活躍した三田は映画の共演で芝翫と知り合い、1991年に結婚。その後は苦労に苦労を重ねた。

「古いしきたりだらけの歌舞伎界で、三田さんは梨園の妻として認められるため、歌舞伎の演目を勉強することはもちろん、和洋中の料理教室に通って料理の腕を磨き、茶道、華道、書道、絵画などの習い事もこなした。一方でひいき筋の顔と名前をすべて覚え、ロビーで先輩役者の妻を見かけたら『お姉さまぁ!』と駆け寄るなど、各方面への地道なあいさつ回りを欠かしませんでした」(前出・梨園関係者)

 本人自ら「結婚してからオフはない」と語るほど多忙な毎日のなかで橋之助、福之助(23才)、歌之助(19才)という3人の息子を育て上げ、2016年10月には、史上初となる親子4人同時襲名を見事に成功させた。襲名直前の2016年9月、芝翫と京都の芸妓の不倫が報じられて大きな危機を迎えたが、三田は堂々と乗り切った。

「襲名公演そのものが世間に反発されかねない大ピンチでしたが、報道陣を前に三田さんは動じることなく、『夫婦で反省しております』『(離婚は)ないでーす!』とにこやかに“神対応”し、騒動を収めました。この件で世間は三田さんの懐の深さと潔さに圧倒され、一気に彼女の味方になったんです」(テレビ局関係者)

 夫のスキャンダルの火を消し、将来ある息子たちを襲名させ、自分はテレビに出演し歌舞伎を宣伝してチケットの売り上げに貢献する──全方位に完璧な三田はいつしか「新・梨園の女王」と称されるようになった。

 三田の巧みなコントロールで順風満帆に見えた一家だが、水面下では小さな傷口がゆっくり広がっていた。芝翫一家の知人が語る。

「実はここ数年、三田さんと芝翫さんの夫婦げんかが絶えなかったのです。芝翫さんのモテっぷりは半端ではなく、表に出ていない女性問題もあるようです。外では夫を立てる三田さんも、家では女性関係のことで芝翫さんを問い詰めることが多いようで、都内の一等地に立つ豪邸の隅々にまで怒声が響きわたることもあるようです。

 夫婦げんかの仲裁をするのは国生くん(橋之助の本名)の役割ですが、常に両親の争いに巻き込まれることに疲れ果て、実は昨年秋に家を出たんです……」

 橋之助が身を寄せたのは、芝翫の実家だった。

「人間国宝・七代目中村芝翫(享年83)の自宅で、つい最近までは、先代の妻、つまり国生くんのおばあちゃんが住んでいました。でもいま彼女は芝翫さんのお姉さんと一緒に暮らしているそうだから、あの家には国生くんとMさんが住んでいました。

 国生くんとMさんはそこで結婚準備を進めていたのです。三田さんにすれば、息子が家出し自分に背を向けたとはいえ、勝手知ったる家ですから、安心していました」(前出・芝翫一家の知人)

芝翫の夕食はカップラーメン

 綻びの生じた一家を襲った決定的な一打が、芝翫の「4年ぶり2度目の不徳」だった。今年1月、『週刊文春』がアンジェリーナ・ジョリー似の30代美女と芝翫の不倫を報じたのだ。

「国生くんが家を出てからさらに悪化していた夫婦仲は、2度目の不倫報道で修復不可能になったようです。これだけ夫婦のゴタゴタが続けば、結婚話どころではありません。両親の不和に深く悩み、自身の結婚話も棚上げになった国生くんは、みるみる自暴自棄になりました」(前出・芝翫一家の知人)

 その最中、橋之助の前に現れたのが能條だった。

「家族の問題で気が滅入っていたところに気の合う能條さんが現れ、橋之助さんはすぐ深い仲になった。とはいえ彼はMさんともハッキリとは別れていないようで、この3月の京都・南座の公演では、Mさんも会場に来ていました。実は、能條さんも京都に来ていたようですが……。事情を知る関係者は、『さすがは芝翫さんの血を引くプレイボーイだね……』と苦笑していました」(前出・梨園関係者)

 父親譲りともいえる息子の「不徳」を三田はどう受け止めているのか。

「ようやく結婚を認めたMさんと添い遂げるのではなく、元アイドルと二股状態だったわけですからね。三田さんがどこまで知っているかわかりませんが、最近は『悪いところばかり父親に似て……』と怒り交じりに嘆くことも少なくないとか」(前出・芝翫一家の知人)

 橋之助が能條との逢瀬を満喫していた頃、芝翫は歌舞伎座で公演中にもかかわらず、舞台後はコンビニで買ったカップラーメンやテイクアウトのカレーを手に、ひとり寂しく帰宅していた。

「昔から芝翫一家は、カップラーメン禁止だったのですがね。“最強の梨園妻”と夫の関係に明らかに異変が起きていますよ」(前出・芝翫一家の知人)

 役者は揃った。歌舞伎界の名門のお家騒動は、どのような幕切れを迎えるだろうか。

※女性セブン2021年4月22日号