4月2日公開の『ホムンクルス』、9日公開の『バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』と、今月公開の2本の映画に出演している女優・岸井ゆきの(29)。脇役から主役まで、役の大小にかかわらず観客を魅了する彼女が今の時代に求められる理由を探った。

 高校時代の2009年にテレビドラマ『小公女セイラ』(TBS系)で女優デビューを飾った岸井。2011年に『ランウェイ☆ビート』で映画初出演を果たすと、同年11月には劇団・モナカ興業の公演『43』で舞台にも初めて出演し、役者としてのキャリアを積んでいった。

 その後、数多くのテレビドラマや映画で活躍。バイプレイヤーとして起用されることが多かったものの、2017年には『おじいちゃん、死んじゃったって。』で映画初主演を務め、ヨコハマ映画祭の最優秀新人賞を受賞している。

 翌2018年にはNHK連続テレビ小説『まんぷく』に出演し、実年齢より12歳も下の役を違和感なく演じて注目を集めた。さらに2019年には2作目の主演映画となる『愛がなんだ』が公開。若い女性を中心に話題を呼び、日本アカデミー賞では新人俳優賞を受賞した。

 主役も脇役も印象深い演技を見せる彼女の魅力について、映画評論家の小野寺系氏はこう語る。

「まだ29歳ですが、17歳でTVに出演してから、もう12年ものキャリアがある俳優で、かなり広範囲の役をこなせる実力があります。

 小柄で幼い顔立ちをしているので、26歳のときにNHK連続テレビ小説『まんぷく』で14歳の役を演じたのは驚異的でした。演技力ももちろんですが、ノーメイクだとあっさりした顔立ちになるからこそ、幅広い年齢を演じられる。髪型やメイクで全く異なる印象を与えられるのは、一種の才能だと思います。昨年もドラマ『浦安鉄筋家族』で高校生の役を無理なく演じています。

 これまで脇役が多かったですが、それは演技力の面でも容姿の面でも様々な役に対応できる器用さがあり、重宝されていたところがあるからだと思います」

 どんな役でもこなせてしまう実力があるからこそ、バイプレイヤーとしての出演作も多いのだ。加えて、かつて岸井は「お芝居をする上で、番手や役の大小で、向き合う気持ちを変えることは絶対嫌」とインタビューで語っていた。役の大小にかかわらず真剣に取り組む姿勢も評価されているのだろう。

 そんな彼女は「現代っ子の役にフィットする」と、小野寺氏はこれまでの出演作を振り返りながらこう語る。

「個人的には、気の強い現代っ子の役にフィットすると思っています。同年代の安藤輪子と共演して火花を散らした『友だちのパパが好き』で、周囲に翻弄されてイライラしている役どころが心に残っています。

『ピンクとグレー』、『空に住む』などで、不遇な恋愛をしている役も増えてきました。内に溜め込むストレスが多く表現が難しいはずですが、我慢する演技も、ストレスを発散する演技を見ていても、観客に役柄の感情を正確に伝える技術を獲得していますね。

 現時点での代表作といえる『愛がなんだ』では、気の強さと恋愛の不遇さの演技が同時に必要とされる主人公を演じました。持ち前の芯の強さが発揮され、もはや恋愛映画とはいえない、パンクロックみたいな境地に突入していたのには圧倒されました。路上で突然ラップを口ずさんで感情を披露するという無茶な演出もありましたが、難なく対応していたのは素晴らしいです」

 一方、岸井の役者としての実力に加えて、社会情勢が変化していることも彼女が重宝される理由としてあるようだ。ジェンダー平等の促進が叫ばれる昨今、映画やテレビドラマでも求められる女性像に変化が見られると小野寺氏は指摘する。

「平成の時代から映画やドラマでは、男性の理想とする役柄だったり、逆にリアルな女性像であっても、女優の求められる魅力は限定的な範囲にとどまる場合が多かったと思います。だから、例えば地味な役柄をきらびやかなイメージの俳優が演じるなど、ミスキャストが少なくなかった。それは、日本社会の閉鎖的な価値観を示していたと思いますが、近年になって社会全体に変化の兆しを感じます。それによって、映画やドラマが求める女性像も変化し始めているのではないでしょうか」(小野寺氏)

 小野寺氏が続ける。

「これからは、いまのアメリカの映画・ドラマがそうであるように、役にどれだけフィットできるかが重視されると思います。そうなると、演じられる範囲が広く、日本女性としてのリアリティがあり、観客や視聴者が自分を重ねやすい岸井ゆきののような俳優への需要がより高まってくる。彼女には、これまで以上に様々な役柄を自由に演じてもらい、日本の新しい時代を象徴する存在になってもらいたいです」

 新しい女性像を求める映画やテレビドラマが“役にフィットする役者”を起用し、そして時代を象徴する存在となった役者が新しい女性像を社会に浸透させる役割の一端を担うようになる。そうした存在の一人が岸井ゆきのであるのだとしたら、主役・脇役にかかわらず、今後も活躍の幅を広げていくのは間違いなさそうだ。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)