国民的人気グループのメンバーから、次世代を背負って立つ今話題のグループまで、活躍を続けるジャニーズのアイドルたち。多くのテレビ番組に出演しているが、今春、日本テレビとTBSの対照的とも言える起用法が注目を集めている。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんがその背景について解説する。

 * * *
 3日放送の『ニノさん ドリームダービーSP』(日本テレビ系)は、昨年の大みそか以来となる二宮和也さんと櫻井翔さんの共演が話題を集めました。さらに2人は翌週11日の『ニノさん』でも共演し、『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)でもプライベートにかかわるエピソードが語られるようです。

 振り返ると今年1月16日にも相葉雅紀さんがMCを務める『I LOVEみんなのどうぶつ園』(日本テレビ系)に櫻井翔さんが出演。日本テレビは昨年いっぱいで活動休止に入った嵐メンバーの共演で、寂しい思いをしているファンたちを再び喜ばせました。共演以外で、日本テレビは嵐メンバーの出演回数が最も多く、若手の起用は他局ほど多くありません。

 一方、TBSは次世代ジャニーズを徹底的にフィーチャー。新番組『オオカミ少年』にSixTONESのジェシーさんと田中樹さんがレギュラー出演するほか、Snow Man初の地上波レギュラー冠番組『それSnow Manにやらせて下さい』がスタートし、リニューアル第1弾となる5日放送の『教えてもらう前と後』では次世代ジャニーズ特集が放送されました。さらに新番組『オトラクション』は、2月23日のプレ特番にSixTONES、13日のレギュラー初回にSnow Manが出演し、「準レギュラー的な扱いで交互に出演するのでは」という声も挙がっています。

 その他でも、月曜21時台から19時台に移動する『アイ・アム・冒険少年』にSnow Manの向井康二さんと目黒蓮さん、月曜20時台の『クイズTHE違和感』になにわ男子の大西流星さん、藤原丈一郎さん、大橋和也さんがレギュラー出演中。先輩ジャニーズたちの出演は数えるほどしかなく、「若手をプッシュする」という方針は明らかです。

 なぜ両局はこれほど対照的な戦略を見せているのでしょうか。

嵐が「ときどき共演」に留めている理由

 まず日本テレビは冠番組『嵐にしやがれ』を放送していたほか、メンバーの主演ドラマや情報番組などへの出演も多く、嵐と良好な関係性のテレビ局でした。だからこそ活動休止中の現在も、ファンたちのロスを軽減するべく、ときどき番組共演の機会を作っているのでしょう。

 ただ、あまり活動再開を期待させすぎてもいけないのが難しいところ。たとえば櫻井さんは、もっと主演ドラマ『ネメシス』の番宣をするために相葉さんがMCを務める『I LOVEみんなのどうぶつ園』に出演することもできたでしょう。それをあえてせず、『THE突破ファイル』『世界一受けたい授業』『しゃべくり007』などの別番組に出演していることが示唆に富んでいるのです。

 共演シーンについても、本来なら嵐の持ち味であり、いわゆる“箱推し”を加速させていた仲の良さをもっと感じさせる構成・演出にしたいところですが、ファン心理を考えてかそれをしていません。日本テレビに限らず嵐は芸能界にとって大きな存在であり、ファンの愛情もとびきり深いだけに、起用するメディア側も配慮しているのでしょう。

TBSが期待するアドバンテージ

 次にTBSは、今春から重点ターゲット層をそれまでの13〜59歳から10歳若返らせた4〜49歳に変更しました。つまり他局以上に若い視聴者層に舵を切ったことが、先輩世代より次世代ジャニーズの起用につながっているのです。また、次世代ジャニーズが発展途上の段階から起用していくことで結びつきが強くなり、彼らが国民的アイドルになったときのアドバンテージを期待しているのではないでしょうか。

 このところTBSはドラマが絶好調の反面、バラエティが絶不調の状態が続いています。そこで今春は番組も出演者もガラッと変えて挑んでいるのですが、まだ次世代ジャニーズ起用は、「長い目で見て粘り強く起用していく」という姿勢が必要な段階。だからこそ視聴率争いでトップを走る日本テレビを筆頭に他局はゲスト出演に留めるなど、TBSほど次世代ジャニーズをフィーチャーしていないのでしょう。

 最後に話を嵐メンバーの共演に戻すと、現在は大野智さんと松本潤さんが事実上の休養中であり、「3人の共演しか望めない」という状態。もし2人がドラマや映画に出演すれば番宣という形で、櫻井さんの『1億3000万人のSHOWチャンネル』『news zero』(日本テレビ系)や『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)、相葉さんの『I LOVEみんなのどうぶつ園』、『VS魂』(フジテレビ系)、『相葉マナブ』(テレビ朝日系)、二宮さんの『ニノさん』での共演が期待できるでしょう。

 民放各局が期待しているのは、そんな嵐メンバーの共演にSixTONESやSnow Manら次世代ジャニーズが加わって番組が盛り上がること。それはジャニーズアイドルだからではなく、ビジネスとして成果を挙げる上での理にかなった戦略なのです。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。