お笑いコンビ・かまいたちの人気が、急上昇している。山内健司(40才)と濱家隆一(37才)それぞれのソロ出演も含めると、テレビのレギュラー番組はなんと12本。その上、数多くのバラエティー番組や特別番組に頻繁にも出演するものだから、もはや2人をテレビで見ない日はない。

 4月10日には、上方演芸界で最も長い歴史を持っている「第56回上方漫才大賞」で大賞を受賞。3月31日から濱家は、日本テレビ系の朝の情報番組『ZIP!』(午前5時50分〜)の水曜パーソナリティーにも抜擢された。

 長い下積みを経て認知度を急激に上げたのは、4年前の2017年。『キングオブコント』で初優勝して、M-1グランプリも決勝に初進出(4位)。そのM-1で3年連続決勝進出を果たした2019年、結成15年のラストチャンスの年、ミルクボーイに次ぐ準優勝をしたことで一気に人気コンビとなった。

 2020年に開設した公式YouTubeチャンネル「かまいたちチャンネル」は、既に登録者数100万人を突破して、勢いはとどまるところを知らない。

 霜降り明星やEXITなどの“第7世代”の人気で押され気味だったかまいたちは、2020年2月の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の企画「僕らビミョーな6.5世代」に出演。第7世代が台頭している状況に不安をこぼしていたが、もはや“ビミョー”とはいえない活躍ぶりだろう。

 あるお笑い芸能事務所の幹部は「フリートークのボケも切れ味抜群の山内さんは、以前からダウンタウンの松本人志さん(57)にかわいがられていて、『ワイドナショー』(フジテレビ系)に準レギュラーで出演中です。当初は山内さんのお笑いセンスに注目が集まっていましたが、ここにきて濱家さんに付く女性ファンの影響力が大きくなっているんです。長身と端正な顔立ち、清潔感が、朝の情報番組に起用された理由の1つです」と話した。さらに濱家には料理が得意で、愛妻家というポイントもある。主婦層へのイメージも高いというわけだ。

「山内さんの笑いのセンスに対し、濱家さんが情報番組で輝けば、お笑い以外の需要も証明され、より仕事の幅が広がる。お笑い界では、2人の特徴と長所が反対であればあるほど、コンビとしても息の長い活躍ができるというのは、業界の定説です」(キー局ディレクター)

 ダウンタウン、ナインティナイン、くりぃむしちゅー、オードリー、千鳥などは、たしかにコンビとしてもそれぞれのソロとしても、幅広く活躍している。かまいたちも、そんな一流先輩コンビたちと同じ道を歩み始めているといえそうだ。