その唯一無二の存在感で、時に朴訥な父親、時に狡猾なヤクザなど幅広い役柄を演じてきた俳優の田中邦衛さんが3月24日に亡くなった(享年88)。『網走番外地』『仁義なき戦い』『北の国から』はじめ多くの作品で活躍したが、広く知られるきっかけとなったのは、1961年から始まる『若大将』シリーズだった。

 主演の加山雄三(84)はじめ、同シリーズで活躍した関係者らは、何を思うのか──。

「邦さんに連絡をとりたくてとりたくて、ずっと気になってて、不思議なことに、2日前若大将のDVDで邦さんの姿を見たばかりだったんだよ」

 突然の訃報を受けて、そうコメントしたのは加山雄三(84)だ。『若大将』シリーズで主演の加山が演じた“若大将”は、ルックス抜群、スポーツ万能なお坊ちゃん。そのライバルとして対抗するのが田中さん演じる“青大将”だった。

「貧乏育ち」と「お坊ちゃま」

 田中さんは出演の経緯をこう語っていた。

〈おいらは、どちらかっつうと不良で不健康な方だったので、青大将の役は自分に向いているというか、かなりいい線いくんではないかと意欲を燃やしたことを今でも鮮明に覚えています。加山さんに初めて会った時、とにかく新劇がすべてと思っていたおいらに「何も役者だけが人生ではないよ」というような大きな空気を持っていて、おいらに湘南の風を運んできてくれたような、そして視野を広くしてくれたような人です〉(『The Bigman』1990年8月号)

 そんな加山も本誌・週刊ポスト(2017年12月1日号)でこう振り返っていた。

「青大将の田中邦衛さんとは、映画でもプライベートでも最高のコンビでした。彼は5歳も年上で、共演する前に黒澤明監督の『悪い奴ほどよく眠る』(1960年)に出ているのを観ると殺し屋の役でね。この人が青大将なんておっかねぇなあ、とんでもないなあって身構えましたよ。でも、会ってみたらそういう印象とまったく違って、優しくてユニークな人でした」

 自身を「貧乏育ちの劣等生」と語る田中さんは、当時住んでいた赤坂の三畳間に「茅ケ崎のお坊ちゃま」だった加山が泊まりに来たものの、部屋を見て「やっぱり帰るわ」と帰ってしまった──そんなエピソードをインタビューで明かしていた。

 大ブームとなった「若大将」シリーズは1981年の『帰ってきた若大将』まで20年間にわたり計18本が制作された。“青大将”の人気にも火がつき、『若大将対青大将』(1971年)まで作られたほどだった。

「まだ小娘だった私に……」

 同作にマドンナとして出演した吉沢京子(67)が語る。

「田中さんがご家族に見守られて静かに逝かれたというニュースを見て、あの優しい優しいどんぐり眼が、見守られながら静かに閉じたのかしらと思いを馳せていました」

 半世紀前の撮影現場での思い出をこう明かす。

「当時の私は、夢中になって観ていた『若大将』への出演が決まって、大人の仲間入りができると心躍ったものです。加山さんはあんなに二枚目の素敵な方だから撮影の合間はクールなのかしらとオドオドしていましたが、ものすごく気さくな方で撮影時にもよく気にかけてくださった。

 田中さんは“青大将”の軽薄さや破天荒さが全くない方で、そのギャップに驚きました。ご挨拶の時にまだ16歳の小娘だった私にも、『どうも』ってあの独特な言い回しで挨拶をしてくださって。この作品では田中さんが8年がかりで京南大学を卒業するシーンがあって、学ランに角帽を被った田中さんがおどけたポーズで周囲を和ませていたのも記憶に残っています」

 撮影の合間に、加山と田中さんが車で出かけていくこともあったという。

「見た目も中身も全く違う2人なのに、共演者の枠を超えてすごくいい男同士の空気をまとっていらっしゃった。その絶妙なコンビネーションで撮影もスムーズに進行していました。子供だった私から見ても、そんな2人がまぶしかったですね」

「若大将」シリーズ終了後の1983年に田中さんをインタビューした映画評論家の野村正昭氏が語る。

「田中さんは主演作も少なくはないのですが、加山さん以外にも高倉健さんはじめ大物俳優との共演が多く、『相手を引き立てる役が性に合っている』ということを語っていたのが印象に残っています。『若大将』シリーズは田中さん演じる“青大将”という存在があったからこそ“若大将”というキャラクターが確立した。シリーズが長く続いたのは、日本映画屈指の名コンビの関係性の妙があったことが一番大きかったと思います」

 加山のスター街道は、「邦さん」が照らしたことで始まったのだろう。

※週刊ポスト2021年4月30日号