4月スタートの新ドラマ『リコカツ』(TBS系)で主演を務める女優・北川景子(34)。今年2月には3年ぶりとなる主演映画『ファーストラヴ』が公開されたほか、8月公開予定の映画『キネマの神様』にも出演するなど、子育てしながらも精力的に活躍する彼女の魅力を探った。

 高校時代にモデルとして芸能活動をスタートさせた北川は、2003年にドラマ『美少女戦士セーラームーン』(CBC テレビ)で女優デビューを飾った。1100人以上が応募したオーディションを見事に勝ち抜いて獲得した主要登場人物の役柄だった。

 2006年には森田芳光監督の映画『間宮兄弟』で銀幕デビューを果たしたほか、同年公開の『チェリーパイ』では映画初主演に抜擢。翌2007年には『モップガール』(テレビ朝日系)で連続ドラマ初主演を務め、同作品でザテレビジョンドラマアカデミー賞の特別賞を受賞している。

 その後、数多くの映画やテレビドラマで主演女優として活躍してきた北川。プライベートでは2016年にタレントのDAIGOと結婚したことを発表し、2020年には第一子となる女児を出産している。

 そんな彼女が母となってから初めて放送される主演ドラマが『リコカツ』である。出会ってすぐに結婚した雑誌編集者の主人公と自衛官の夫(永山瑛太)が、生活習慣や価値観の違いから早くも離婚を決意。しかし周囲に言い出せず、密かに離婚に向けた活動を進めていくという物語だ。

 長年第一線で活躍を続ける北川景子の魅力について、テレビウォッチャーでコラムニストの飲用てれび氏が語る。

「女優としての北川景子は、映画やドラマでさまざまな役柄を演じているという印象があります。シリアスからコメディ、恋愛ものからサスペンスまで演じ、主役やヒロインだけではなく脇役やゲスト出演も務めています。

 また、テレビではバラエティ番組でも積極的な活躍が目立ちます。『オールスター感謝祭』(TBS系)では4分間の“まばたき我慢”で話題を呼びました。収録の空き時間にはバラエティ番組での“爪あと”の残し方を芸人に相談したり、夫のDAIGOと出演番組での振る舞いについて反省し合ったりしているそうです」(飲用てれび氏)

 2018年に放送された『オールスター感謝祭』の“まばたき我慢”は、大写しになった北川の顔が生放送で4分間流れ続けるという過酷な企画だったものの、かえって視聴者からは彼女の容姿を称賛する声が相次いで寄せられた。

 北川はORICON NEWSが毎年実施している「女性が選ぶ“なりたい顔”ランキング」で、2010年から2020年にかけて6度も首位に輝くほどの美貌の持ち主だ。その美貌を時に自ら笑いや親しみやすさに変えてしまう、と飲用てれび氏は指摘する。

「北川景子といえば容姿の美しさが常に注目されるわけですが、バラエティ出演時にはそれがフリとなって笑いを生むだけでなく、“意外な親しみやすさ”を印象づけているように思います。突出した美貌は、ともすれば活動の幅を狭める足かせになるようにも感じますが、そうなっていないところに彼女の特別さがあるのかもしれません」(飲用てれび氏)

 水面下で離婚に向けた活動を行うという『リコカツ』の役柄からも、笑いとある種の親しみやすさが感じられる。美貌にとらわれることなく活躍できるところが、彼女の大きな魅力だと言えるのではないだろうか。

◆取材・文/細田成嗣(HEW)