松山ケンイチ(36才)が主演を務めたボクシング映画『BLUE/ブルー』が、4月9日より公開中だ。SNSなどの口コミには「ボクシングへの熱い想いを感じられる作品」、「生きることに前向きになれる」といった声で溢れ、特に負け続きのボクサーを演じる松山ケンイチに共感する声も多い。その理由について、映画や演劇に詳しいライターの折田侑駿さんが解説する。

 * * *
 本作は、『ばしゃ馬さんとビッグマウス』(2013年)や『銀の匙 Silver Spoon』(2014年)、『ヒメアノ〜ル』(2016年)などの吉田恵輔監督(45才)が手がけたオリジナルのボクシング映画。監督自身の30年近いボクシング人生から得られた経験を基に、ボクシングに熱い思いをかける3人の男の生き様が描かれる。

 物語のあらすじはこうだ。主人公・瓜田(松山ケンイチ)は、誰よりもボクシングを愛し勝つために努力するが、結果は負け続き。それに対し、体格・才能に恵まれている後輩の小川は日本チャンピオン目前で、瓜田の幼馴染の千佳との結婚を控えている。千佳は瓜田の初恋相手であり、ボクシングの世界に足を踏み入れるきっかけを与えてくれた存在。ところが、ボクサーとしての強さも、恋も、すべて小川が手に入れてしまった。それでも瓜田は小川と千佳を微笑ましく見守り、自身は夢に挑戦し続けるため努力を重ねる。そんな彼らが所属するボクシングジムに、一人の青年・楢崎がやって来る。やがて三者それぞれの闘いのゴングが鳴ることになる。

 この物語は、“ドラマとアクション”によって作品を成立させている俳優たちが素晴らしい。ボクシング一筋ながらも負け続きの瓜田を演じる松山は、好きや努力だけでは勝てない現実を体現。終始浮かべている笑みが、かえって瓜田の悲哀を浮かび上がらせている。圧倒的な強さを誇る後輩ボクサーに扮した東出昌大(33才)は、自身に多くを与えてくれた瓜田を前に葛藤する姿を丹念に演じ、彼らを見守るヒロインの木村文乃(33才)は2人に対し、友として、恋人としての絶妙な距離感を保つことで静かにドラマを盛り上げる。

 また、新人ボクサー役の柄本時生(31才)は、一人の若者が情熱を注げるものに目覚める過程を演じている。ボクシング経験の有無に関わらず観客はいずれかのキャラクターに共感することだろう。どの人物も非常にリアルだ。吉田監督自身が長年ボクシングを続けているとあって、より“ボクサーのリアル”に肉薄していると思う。監督いわく、「流した涙や汗、すべての報われなかった努力に花束を渡したい気持ちで作った」ということらしい。

 男たちの三者三様の生き様がアツく描かれる本作だが、筆者はこの中心に立つ瓜田に強く惹かれた。先に述べたように、彼は終始笑顔が印象的で、いつも自分のことはそっちのけ。周囲の者たちを立ててばかりの絵に描いたような“良い人”だ。圧倒的な強さを持ちながらも悩みを抱える小川(東出)や、軽い気持ちでボクシングを始めたものの努力する意義を見出した楢崎(柄本)らと比べれば、主人公らしくない人物と言えるだろう。三者の中で最も平凡なのだ。

 そんな瓜田の本作におけるポジションは、“見守る”というもの。演じる松山自身もキャリア的にそうした立ち位置を演じることが多くなった。ドラマ『宮本から君へ』(2019年)や、新田真剣佑(24才)ら今後のエンタメ界を背負っていくであろう若手俳優がこぞって出演した映画『ブレイブ -群青戦記-』などの作品がまさにそうだ。しかし、今作では主役。見守るポジションだからといって、脇に回っているわけではない。“映画の顔”として、作品の中心にいなければならないのだ。

 その点で、難しい役どころながらも非常に抑制の効いた松山の芝居は印象的である。彼は作品の中心にはいるものの、分かりやすい感情表現は許されていない。自分が演じる瓜田役よりも、周囲の者たちの存在を際立たせる芝居に徹している。他の者に比べて瓜田の感情の起伏は浅くいつも飄々としているが、時折見せる沈痛な面持ちや、さりげない仕草でやり場のない思いを表現している。

 これらがあるからこそ、ボクサーとして開花せず、無理をして笑っている彼の姿が胸に迫るのだ。松山の佇まいこそが、「勝つことだけがすべてではない」という、誰の胸にも刺さる本作の普遍的なテーマに厚みを持たせているのだと思う。

【折田侑駿】
文筆家。1990年生まれ。映画や演劇、俳優、文学、服飾、酒場など幅広くカバーし、映画の劇場パンフレットに多数寄稿のほか、映画トーク番組「活弁シネマ倶楽部」ではMCを務めている。