「今日、私たちは劇場で逢いました。夢は眠りの中だけにあるわけじゃない。劇場でも大きくふくらむ」──赤川次郎原作のミュージカル『夢から醒めた夢』のせりふを朗々と語るのは、1982年から劇団四季に在籍するベテラン俳優、味方(あじかた)隆司さん。

 4月16日、劇団四季の新作『劇団四季 The Bridge 〜歌の架け橋〜』の全国公演が開幕した。『キャッツ』『ライオンキング』などの人気作からオリジナルミュージカルまで、四季レパートリー作品の珠玉の楽曲を用いてつくられた、新しいショーだ。冒頭の『夢から醒めた夢』のせりふやナンバーも魅力の1つになっている。

 マスクをつけた観客は、幕が上がると無言のまま、割れんばかりの拍手を送る。軽快なボディーパーカッションやタップダンスに自然と手拍子が沸き起こり、それに呼応して俳優たちも輝きを増していく。観客はアクロバティックなダンスに息をのみ、圧倒的な歌唱力に涙をこぼす人もいた。しかし実は、この全国公演は、半年前にスタートしているはずだった。

がらんどうの稽古場と50億円の損失

『劇団四季 The Bridge 〜歌の架け橋〜』は、昨年7月に劇団四季の新劇場、JR東日本四季劇場[秋](東京・竹芝)のオープンを飾るはずの演目だった。しかし、新型コロナウイルスの蔓延で半年間の延期を余儀なくされ、もう1つの新劇場[春]のこけら落とし公演となった。代表取締役の吉田智誉樹さんが、これまでのコロナ禍を振り返る。

「劇団四季は、これまで年間約3100回の公演を行ってきていました。しかし、昨年は上演回数が1500回に半減。緊急事態宣言が解除されて上演を再開してからも、当初は“客席の50%までしか観客を入れてはいけない”という入場規制を守る必要があったため、たとえ“満席”になったとしても、売り上げは半分。2020年の年間損失総額は50億円近くにものぼります」

 コロナ禍に直面した当初、まず吉田さんの頭をよぎったのは、2018年に亡くなった劇団四季創立者・浅利慶太さん(享年85)ならどうするだろうか、ということだった。

「浅利なら、劇団を守ること、存続させることを最優先に行動したと思います。そのためにまずは何をすべきだろうと考えて、動き出しました。

 劇団四季は、全国の小学6年生を無料でファミリーミュージカルにご招待する『こころの劇場』という取り組みをしていました。これは220もの協賛社にご支援をいただいている事業で、その中にはメガバンクもあります。そのため、融資のご相談には温かく対応していただけた。それにより、コロナ禍が終息するまでに数年かかったとしても劇団が存続できるよう、経済的な土台を整えることはできました。

 また、劇団四季はこれまで、利益のほとんどを専用の劇場の建設や稽古場の維持などに利用し、残りは内部留保にしていました。“舞台人は劇場で稼げ。金で金を生むな”という浅利の教えからです。そうして、ある程度の資産を持っていたことも幸いでした」(吉田さん)

 劇団四季は、神奈川県・横浜市のあざみ野に専用の稽古場を持つ。『The Bridge』で初めてオリジナル作品の演出を務める荒木美保さんは、最初の緊急事態宣言が発出された昨年4月のことを回想する。

「稽古場に木でつくった仮の舞台セットが用意されていて、さあ、これから稽古が始まる、というときでした。テレビの報道を見た全員が、先の見えない未来を思って途方に暮れました。明日のことさえわからない状況は初めて。稽古場はそのまま一時的に閉鎖になりました」(荒木さん)

 劇団四季は、それから2か月間、俳優もスタッフも自宅待機となる。

「やむを得ず出勤が必要なごく数人以外は、スタッフにはリモートワークを、俳優には自宅待機するよう指示しました。同時に、俳優には、パフォーマンスの低下を防ぐため、オンラインレッスンも実施しました」(吉田さん)

 セットだけが残った稽古場で、荒木さんはひとり涙することもあったという。

「でも、私は演出という立場で稽古場に来ることができるだけ、出演者よりも恵まれている、と思いました。彼らは、稽古場に来ることもできず、体を動かすことも、声を出すこともできなかったのですから」(荒木さん)

撮影/平野哲郎 提供写真撮影/阿部章仁、荒井健、重松美佐、山之上雅信

※女性セブン2021年5月6・13日号