「歌謡ロック」なる独自の音楽で注目を集める女性シンガーソングライターLittle Black Dress(リトルブラックドレス)。平成生まれの22歳という若さでありながら、紡ぎ出す音楽は昭和の歌謡曲を思わせる、どこか懐かしいメロディーラインばかりだ。

 それもそのはず、彼女の音楽人生は家族が聴いていた「歌謡曲」に強く影響を受けたことから始まったという。高校1年の時に叔父からギターを譲り受けたことをきっかけに、弾き語りやオリジナル楽曲作りによるライブ活動をスタート。高校3年の2016年には地元・岡山から上京を果たした。

 旺盛な活動ぶりと実力が業界の目に留まり、Little Black Dressの名でソロプロジェクトが始動した。2019年5月に配信専用シングル「双六/優しさが刺となる前に」でインディーズデビューすると、同年11月にはワンマンライブ「TOKYO MUSIC SHOW〜歌謡ヒットパレード〜」を開催。歌謡界の大物たちを相手に、パフォーマンスを披露した。

 今年3月31日には自身5枚目となる配信専用シングル「哀愁のメランコリー feat.成田昭次」で元・男闘呼組の成田昭次と競演し話題に。そして4月21日、最新曲「心に棲む鬼」をリリースした。本楽曲は作詞に及川眠子、作曲に馬飼野康二、編曲に船山基紀といった歌謡曲の重鎮たちの名前が並び、有線リクエストチャートでも上位に入って話題となっている。

 本曲でもう一つの話題となっているのが、リリースと同時に公開されたミュージックビデオ。刑事ドラマ仕立ての内容で、“2時間ドラマの帝王”の異名を持つ俳優の船越英一郎と共演しているのだ。2人の役どころは、殺人事件を捜査する刑事(船越)と容疑者の女性。楽曲と同じ4分強の短い尺ながら、2時間ドラマさながらのストーリーが展開される。

 気鋭の若手ミュージシャンとの共演に船越は、「Little Black Dressさんの演技が初めてとは到底思えない豊潤な感性と天性の表現力に驚かされました。スリリングで愉しいセッションを堪能させて頂きました。いずれ映画かドラマでご一緒したいです」とのコメントを発表。

「心に棲む鬼」という曲については「昭和の香りを纏いながらも、スタイリッシュでドラマチックな、世代を超えて惹きつけられるメロディーと刺激的な歌詞に魂を鷲掴みにされました。火曜サスペンスのテーマになって欲しかった(笑)」とベタ褒めしている。

 次は本格的なドラマで、2人の共演を目にする日が来るかもしれない。