「舞台芸術は不要不急」──コロナ禍において困窮するエンタメ業界には、容赦のない批判が寄せられた。劇団四季は、客席、舞台、稽古場など、あらゆる場所で万全の感染対策を試みたが、再開直後に俳優のコロナ陽性が発覚する。この窮地を劇団はどう乗り越えたのか。

 万全の対策を講じ、昨年7月14日からいち早く上演再開にこぎ出した劇団四季だったが、ほどなく1つの大事件が起きた。神奈川県で上演を予定していた『マンマ・ミーア!』の出演予定者に、コロナ陽性者が出たのだ。代表取締役の吉田智誉樹さんはいう。

「劇団で初めての陽性者でした。そのとき出演中だった俳優ではないので、公演そのものを中止する必要はなかったのですが、お客さまに不安を与えるようなことはあってはならない。公演は一時中止して、全員にもう一度PCR検査を受けてもらいました。2日間の休演ののち、全員の陰性が確認できたため、無事に公演を再開することができました」(吉田さん)

 米ハーバード大学の研究では、新型コロナウイルスの流行は、2022年まで続くと見通されている。吉田さんは、「この報道の通りなら、それまでの間、生き残るための準備をするしかない」と語った。

 いつか必ず訪れる日を信じて待つ—世界中の人が胸に秘めているかすかな希望は、4月16日に全国公演が開幕した『劇団四季 The Bridge 〜歌の架け橋〜』にも込められている。『The Bridge』で初めてオリジナル作品の演出を務める荒木美保さんは、公演が延期されている間、使用する楽曲に『美女と野獣』の「人間に戻りたい」が急遽追加されたことを明かした。魔法で家具に変えられて城に閉じ込められていた人々が、元の姿に戻る日を待ち望む、希望に満ちた曲だ。

「おしゃれをする、外に出かける、休む……歌詞に登場する、当たり前の人間の日常がどれほど大切だったか、私たちがいま、当たり前の暮らしにどれだけ焦がれているか。『リトルマーメイド』の『パート・オブ・ユア・ワールド』にも、主人公の人魚姫アリエルが、外を歩いたり、日の光を浴びることに憧れる歌詞が出てくる。公演が延期されている間、こんなふうに、歌詞の一つひとつに対する思いや感じ方が変わっていきました」(荒木さん・以下同)

 荒木さんは、かつては自身も劇団四季の俳優として、『美女と野獣』や『マンマ・ミーア!』などに出演していた。舞台上で生きるうえで大切なのは「ひたむきさ」だと語る。

「不平等な世界ですから、オーディションで落とされることも、声がかかって抜擢されることもあります。もちろん、役に合っているかどうか、技術が劇団の求めるレベルに達しているかは重要です。けれど何よりも、誠実に、ひたむきに作品と向き合っている姿勢そのものが、その俳優を輝かせる。ですから、『The Bridge』の出演者は、私には全員が輝いて見えます。浅利先生もよく“下手でもいい。一生懸命やれ”とおっしゃっていました」

撮影/平野哲郎 提供写真撮影/阿部章仁、荒井健、重松美佐、山之上雅信

※女性セブン2021年5月6・13日号