コメディ要素を盛り込みながら恋愛ストーリーがテンポよく展開されるラブコメ。ドラマの定番ジャンルの1つだが、4月から始まった連続ドラマにはこのラブコメ作品が多い。俳優陣が特徴的で、主要キャストの多くがアラフォー世代の俳優なのだ。その背景について、コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *
 4月も下旬に入り、ようやく主要ドラマが出そろいつつありますが、今春で目立っているのがラブコメの多さ。

『着飾る恋には理由があって』(TBS系)、『恋はDeepに』(日本テレビ系)、『レンアイ漫画家』(フジテレビ系)、『リコカツ』(TBS系)は王道のラブコメであり、『大豆田とわ子と三人の元夫』(関西テレビ・フジテレビ系)も広義にはラブコメと言っていいでしょう。

 ただ意外だったのは、各作品の主要キャストにアラフォー俳優が多いこと。下記に各作品の主要キャストと年齢を挙げてみましょう。

『恋はDeepに』は、綾野剛さん(39歳)と石原さとみさん(34歳)。

『レンアイ漫画家』は、鈴木亮平さん(38歳)と吉岡里帆さん(28歳)。

『リコカツ』は、永山瑛太さん(38歳)と北川景子さん(34歳)。

『大豆田とわ子と三人の元夫』は、松たか子さん(43歳)、松田龍平さん(37歳)、角田晃広さん(47歳)、岡田将生さん(31歳)。

 アラフォー世代が目立ち、ラブコメの標準年齢とみられる20代同士の組み合わせは、『着飾る恋には理由があって』の川口春奈さん(26歳)と横浜流星さん(24歳)くらいなのです。

 実際、放送がスタートしてみるとネット上には、「演技はいいけど、アラフォーにラブコメはキツい」「胸キュンシーンは見ているほうが恥ずかしくなる」「ちょっと痛くて見ていられなかった」などの声が散見されました。なぜ今春はアラフォー俳優がメインキャストのラブコメがそろったのでしょうか。

「ラブコメありき」だが数字もほしい

 綾野剛さん、鈴木亮平さん、永山瑛太さん、松田龍平さんのアラフォー男性俳優4人は、演技派と呼ばれることはあっても、ラブコメのイメージはほとんどないでしょう。その意外性を制作サイドが狙っているのは間違いないものの、あくまでそれは二次的な理由。まず「10〜40代の男女に見てもらうために明るいラブコメを作ること」が最優先されていて、その上で「数字を獲るために、彼らのような実力と実績を併せ持つ俳優が起用されている」のです。

実際、『恋はDeepに』の枝見洋子プロデューサーは、「最強かわいい石原さとみさんと、最強かっこいい綾野剛さんの夢の初共演!!運命の恋に落ちる主人公たちを演じるお2人の、笑顔も涙も、驚きも切なさも、表情すべてが素晴らしく、スタッフ全員、ときめきに撃ち抜かれています」と2人の実力と実績を前提にしたキャスティングであることを明かしていました。

『リコカツ』の植田博樹・吉藤芽衣プロデューサーも、「この人たちのラブストーリーを見たいとみんなが思う俳優でなければ、ワクワクしません。みんなをワクワクさせる組み合わせで、そして芝居が圧倒的にうまい二人を熟考した結果、北川景子さんと永山瑛太さんの組み合わせに、ある夜、突然に思い至りました」とコメント。また、2人のキャスティングを実現させるために数年かかったことも明かしています。

『レンアイ漫画家』の佐藤未郷編成企画も、「企画が決まって、いの一番にオファーさせていただいたのが、主演の鈴木亮平さん」「唯一無二の存在感、圧倒的な演技力に裏打ちされた抜群のコメディーセンス」「鈴木さんが表情豊かにみせる思い切ったキャラクターアーク(変化)にもご注目ください」などと演技力を重視して選んだ様子がうかがえました。

実年齢と役年齢の差に見えるジレンマ

 それでも、「恋愛は若さゆえの失敗が笑いや共感につながりやすい一方、アラフォー世代の失敗は笑いや共感につながりにくい」ことは変えようのない事実。本音を言えば、アラフォー俳優と同等クラスの実力と実績を持つ、若い俳優がいたらぜひキャスティングしたかったのではないでしょうか。

 ちなみに、『恋はDeepに』で綾野剛さんが演じる蓮田倫太郎は35歳と実年齢より4歳若い設定で、『レンアイ漫画家』で鈴木亮平さんの演じる刈部清一郎は33歳と実年齢より5歳若い設定でした。演じる本人より若い年齢設定に制作サイドのジレンマが表れていますし、もし綾野さんと鈴木さんより若い俳優が演じていたら、主人公の年齢設定はさらに若くなっていたかもしれません。

 離婚がテーマの『リコカツ』と『大豆田とわ子と三人の元夫』は、「アラフォー俳優が演じるラブコメでも、それほど違和感はないのでは」というある程度の計算が立ちます。しかし、王道のラブコメである『恋はDeepに』と『レンアイ漫画家』は、アラフォー俳優とのミスマッチがあるかもしれないことを承知で、彼らの実力と実績に賭けているのでしょう。

 そのミスマッチを承知で制作・放送に至った理由の中には、「春には明るくポップなラブコメが似合う」という季節性や、「笑いでコロナ禍の重苦しさを吹き飛ばしてほしい」という思いもあるはずです。

 放送前、永山瑛太さんは、「まずはポップな気持ちで見てほしいです。コロナ禍で大変なこともありますが、『リコカツ』を観て少しでも元気になったり、ほんの少しでも幸せを感じていただけるような作品にしたいと思います」とコメントを寄せていました。

 実力と実績のあるアラフォー俳優たちがミスマッチをどう解消していくのか。それが今春のラブコメにおける、もう1つの見どころとも言えるのです。

【木村隆志】
コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。