女優の佐藤江梨子が、週刊ポストで8年ぶりに本格グラビアを解禁した。撮影したのは、鬼才・竹中直人。竹中と佐藤の2人がグラビアに合わせそれぞれの視点から書き下ろしたファンタジー「宙を見る女」をお届けする。

 * * *
●竹中直人の書き下ろしファンタジー
【壊れたのは誰?〜side和夫〜】

「なんだかやんなっちゃう…本当にやんなっちゃうな…」
 いつもの夏子の口癖だ。
 少し高めの柔らかな声は耳に心地よい。でも…

「ほんとほんとやんなっちゃう…」この声が出てくるともう大変…。夏子は「死んでやる!」と叫び、2階のベランダから飛び降りようとするのだ。お互いの距離が縮まりだした頃、夏子のそれには本当にびっくりした。私は一体何が起こったのか分からなかった。ただ「やめろ!」と後ろから夏子を羽交いじめにして床に押さえ込むしかなかった。息が荒れる。夏子の息も荒れる。私の手を払いのけ夏子はうずくまった。

「はぁ…はぁ…はぁ…」
 私は夏子の背中をさすった。「大丈夫か?」
「はぁ…はぁ…はぁ…は ひふへほーー!きゃははははは!」 そう言って夏子は笑い声を上げた。
「???!」
「あ〜すっきりした…」
「え?」
「和夫さん…ごめんなさいね。なんだかわたしおかしいの…」
「おかしい?」
「わたし 不安なのよ…」
「不安?」
「…って言うか…怖いの…」
「怖い?」
「そう…怖いのよ…」
「え?何が……」
「ねぇ…」
「え?」
「ふぅ〜 イライラする…」
「え?イライラ?俺に?」
「いちいち尋ねないでよ私に!」
「え???」

 私はいつも、夏子に振り回されてばかりだ。
 長い付き合いだった友人の有島から久しぶりに電話があった。
 有島はもうこの世にはいない。

 有島は私に言う。
「別れたか??」
「…え?」
「だから…夏子とは別れたのか?」
「いや…」
「そうか…」
 そのまま電話は切れた。

 有島はあの世からたまに確認してくるのだ。
 夏子がまだ私のそばにいるかどうかを…。
 振り向くと 夏子がじっと私を見下ろしている。
 私はそっと夏子を引き寄せた。

●佐藤江梨子の書き下ろしファンタジー
【壊したのは誰?〜side夏子〜】

「なぁ、夏子…。やっぱりいいや。怒るから。言うのやめとく。何でもない」

 無意識に断定的な和夫の言い方、もう慣れたけど、傷つく。鏡の自分に目をやると、髪には白髪がチラつき、目は若い頃に比べて随分と小さくなり、目の膜が死んだ魚のように淀んでいる。首には横皺が目立ち、昔はお椀型をしてた胸も、今は授乳中の猿のような形になった。鏡をみると近頃ゾッとする。

 和夫が怒るから言わないのは、この身体の事だろうか?ストレスで顔を掻くと、銀色の吹出物が出来た。

 この銀色の吹出物が出来たのは、今回が初めてじゃない。ずっと昔、まだ20代だった頃、私は有島さんと付き合ってた。私より2つ年上で、三流週刊誌の記者をしていた。ある日、彼は自らが書いた記事に憤慨したオオモノサンに多分殺された。ホテルで首を吊っていた。遺書らしきものはなかった。私は付き合って1番楽しい時期に、天国から大地獄に突き落とされた。

 数日後、交差点で信号を待っていると、前から大きな黒いバイクが、私の方へ向かって来た。バイクの男はヘルメットをしていなくて決して美しい顔ではなかったけれど、どこか懐かしい顔をして『あ、コレが死神って奴だ!』ってすぐに気付いた。

 バイクとぶつかって、気付くと救急車で寝ていた。救急隊に『バイクの男は意識不明』とか『緊急連絡先を教えて下さい』と告げられて。私は咄嗟に和夫の携帯に電話した。

 有島さんがいつか教えてくれたこと。
「和夫って、僕より夏子の事好きなんじゃないか」

 和夫は看病も私の扱い方も、随分上手くなりました。ま、イライラはさせますが。あの時以来の銀色の吹出物。有島さん、私の顔キラキラしてる? なぜだろう貴方に似た死神が見えてくるの。

【プロフィール】
竹中直人(たけなか・なおと)/1956年3月20日、神奈川県生まれ。監督・主演作『無能の人』をはじめ、映画『Shall we ダンス?』、NHK大河ドラマ『秀吉』など数々の作品に出演。現在放送中のNHK大河ドラマ『青天を衝け』に水戸藩主・徳川斉昭役で出演するほか、山田孝之、齊藤工と共同監督を務める映画『ゾッキ』が全国で好評公開中

【プロフィール】
佐藤江梨子(さとう・えりこ)/1981年12月19日、東京都生まれ。グラビアモデルのほか、女優として代表作『キューティーハニー』『リングサイド・ストーリー』などに出演し、執筆業もこなしてマルチに活躍する。主演を務めるドラマ『惑星スミスでネイキッドランチを』(毎週月曜24時〜、サンテレビ)が放送中。

※週刊ポスト2021年5月7・14日号