山崎真実は髪を15cmもバッサリと切り、自身3度目の写真展に向けた撮影に挑んだ。パートナーは、2019年の写真展「silent」でもタッグを組んだ写真家・舞山秀一氏だ。グラビア撮影ではおおまかなテーマやシチュエーションを設けて臨むのが一般的だが、今回は「自分勝手に自分が挑戦したかったものを撮っていただいた」と山崎は言う。

「髪が長ければ顔にかかる髪を利用して表情をつくることもできますが、髪が短いとそういうごまかしはきかない。自分の表現だけでどこまでできるか、自分の力が試されました」

 そんな覚悟を決めた山崎の中に潜むものを、舞山氏は写真として引き出した。それらの作品を展示した写真展「Narcissus」は東京・渋谷で4月17〜25日に開催され、大きな反響を呼んだ。ここに掲載したのは、写真展では展示されなかった未発表カットだ。

 これまでの彼女の表現を見てきたファンなら、今まで表に出てこなかった「ハダカの山崎真実」が写し撮られていることに気づくだろう。

【プロフィール】
山崎真実(やまさき・まみ)/1985年9月20日生まれ、大阪市出身。身長171cm、B84・W59・H87。4歳から新体操を始め、高校2年時に大阪代表として国体に出場。2004年にミスマガジン読者特別賞を受賞してデビューし、しなやかで均整のとれた肢体を武器にトップグラドルとして活躍した。2015年から4年ぶりにグラビアに本格復帰後、写真集がヒットするなど、30代になってもグラビア界を賑わせる。女優として舞台、ドラマなどでも活躍中。2019年の写真展未発表作品を収めたデジタル写真集『山崎真実×舞山秀一 silent』が発売中。開催を終えたばかりの写真展「Narcissus」では展示されなかった未発表カットを収録したデジタル写真集『Narcissus 蕾』『Narcissus 咲』は5月1日に同時発売。

撮影/舞山秀一

※週刊ポスト2021年5月7・14日号