誰もが憧れる“王道”の高級ブランド、「ルイ・ヴィトン」。世界中で幅広い世代に支持される人気のブランドだ。セレブの間にも愛用者が多いことで知られるが、話題の芸能人たちは、実際にルイ・ヴィトンをどんな風に着こなしているのか。彼らのプライベートの“ヴィトンコーデ”を紹介する。

 3月初旬、東京駅ホームで、東北新幹線の列車から降りてきたのは、タレントの中居正広(48才)。ベージュ系のハーフコートとマフラーに、キャメルの小さめのショルダーバッグを肩から掛け、全体的にワントーンでまとめた柔らかい印象のコーディネートだ。もう一つ右手に持っている大きめのグレーのバッグはルイ・ヴィトンのもの。実はこのバッグは、中居が10年以上前にイタリアで購入し、長年愛用しているものだという。

 ヴィトンは一番のお気に入りのブランドで、香取慎吾(44才)、草なぎ剛(46才)、稲垣吾郎(47才)の3人がジャニーズ事務所を退所した際、グッチの洋服とともにプレゼントしたのも、ヴィトンのバッグだったという。流行り廃りを気にせず、自分が気に入った物を大事にし続ける姿は、多くの人に好かれる中居の人柄を表しているようだった。

“高視聴率女優”との呼び声も高い高畑充希(29才)は、寒さの厳しい1月のある夜、たくさんの荷物を抱え閑静な高級住宅地を歩いていた。ゆったりとした白のニットに黒系のパンツを合わせたカジュアルな装いだが、さりげなく左手に持っていたのはルイ・ヴィトンのボストンバッグだ。3月下旬にも、このバッグを持って出かける姿をキャッチ。よっぽどお気に入りのバッグのようだ。

 ルイ・ヴィトンのオープニングイベントなどにも招かれる高畑は、自身のインスタグラムでもヴィトンのバッグの写真をアップしている。『GINZA 2019年9月号』(マガジンハウス)で掲載された、ヴィトンの新作ボストンバッグを着用したカットもアップされており、この日高畑が持っていたバッグと同じものとみられる。

 ルイ・ヴィトンを個性的に着こなしていたのは、俳優の新田真剣佑(24才)だ。3月上旬、都内で仕事を終えた新田は、鮮やかなブルーのヴィトンのカレッジジャンパーに、左肩にショッキングピンクのフラミンゴなど2つのぬいぐるみを着用し登場。スニーカーもヴィトン製だ。前髪を頭上で一つに結んだユニークな髪型だが、どこかカラフルでポップなコーディネートに溶け込んでいる。

 そんなインパクト抜群の装いに合わせたバッグは、モノトーンのヴィトンのショルダー。高畑と同じく、ルイ・ヴィトンのイベントや展示会などに招かれる新田は、プライベートでも同ブランドの洋服や小物を愛用しており、着用した姿を自身のインスタグラムでもさりげなく披露している。最新のファッションも難なく着こなせるのは、おしゃれ上級者の新田ならでは。

 この4月から、活動拠点を本格的にアメリカ・ニューヨークに移すことを発表した芸人の渡辺直美(33才)。いまや世界的なインフルエンサーとなり、数々のハイブランドのアンバサダーを務める彼女も、プライベートではルイ・ヴィトンを愛用している。

 2月下旬、アメリカ移住直前の渡辺の姿をキャッチ。大きなスマイルマーク柄のピンクのトレーナーにブルーデニムを合わせ、シンプルだがインパクト大なコーディネートだ。ヴィトンのボストンバッグを右手に持ち、愛車の白のポルシェ911カレラ4Sカブリオレに乗り込む姿は、世界を股にかける大物タレントの風格そのもの。

 タレントの鈴木奈々(32才)は、普段のイメージとは違い、シックにルイ・ヴィトンを着こなしていた。10月下旬、都内で仕事終えた鈴木は、キャスケットとコート、ワイドパンツを黒で統一し、ビビッドな赤のインナーを差し色にしたエレガントスタイルで登場。ふんわりとカールさせたロングヘアや、大きすぎないサイズ感のヴィトンのバッグが、大人な雰囲気を一層引き立てていた。

 ある女性スタイリストは彼女について、「新型コロナウイルスの自粛生活が明けてから、奈々さんは少しずつイメチェンしていますよね。私生活でも大人な女性にステップアップされているようです」と話した。“おバカタレント”としてブレイクした鈴木だが、年齢を重ねるにつれ、その時々の自分にふさわしい進化を遂げているようだ。