70代になってからも歌手として活躍を続ける沢田研二(72歳)。今年、ソロデビュー50周年を迎えている。役者としても、これまでさまざまな素顔を見せてきた。そんな“役者ジュリー”についてコラムニストのペリー荻野さんが解説する。

 * * *
 今年ソロデビュー50周年となるジュリーこと沢田研二は、1967年、GSバンド、ザ・タイガースのボーカルとして熱狂的な人気を誇り、1971年ソロデビュー後は、甘美な歌声と斬新なコスチュームでヒットを連発。押しも押されもせぬトップシンガー・ジュリーは、多くの名監督から出演を熱望される俳優でもある。

 5月以降、CSで多くの出演映画が放送されるが、そのラインナップを見て驚くのは、アイドル映画からシリアスな問題作、伝奇時代劇までジャンルが幅広いこと、どの作品でも「これがジュリー!?」と意外な顔を見せることだ。

 たとえば1972年の『虹をわたって』は、当時、人気絶頂の天地真理のアイドル映画。家出したのにいつも鼻歌を歌っているような陽気な娘マリ(天地)を巡る騒動を描く。沢田は白馬ならぬ白いヨットに乗った王子様という姿で登場。

 だが、ふたりを乗せたヨットは嵐に巻き込まれる。ジュリーは、ソロデビュー曲『君をのせて』をギター弾き語りする。

 単独初主演作となった1974年の映画『炎の肖像』は、沢田が刹那的に生きる“ジュリー”という名のロック歌手として登場。いきなり傷だらけで出てきたジュリーは、そのまま謎めいた女、絵里(中山麻理)と一夜を共にする。しかし、彼女は自殺。彼は戸惑い、彷徨いながら、絵里の身内の少女と知り合う。ロマンポルノでも活躍した藤田敏八・加藤彰両監督演出によるセクシー女優中山との熱烈ベッドシーンは衝撃的。実際のライブシーンが織り込まれ、インタビューも素顔のジュリーで、虚実が入り混じる異色作となっている。

 名優・菅原文太との1979年の共演作『太陽を盗んだ男』は、なんと原爆を手製する中学教師役。交番で拳銃を奪い、プルトニウムを盗みだして手製の原爆を作り上げる男は、旧知の山下警部(菅原)を指名して無茶な要求を重ねる。その要求とは、あのバンドの日本公演を実現させること! 激しいカーチェイス、警部との死闘、強烈なラストシーン、今も多くの映画ファンに語り継がれる作品だ。

 そして1981年、深作欣二監督による『魔界転生』。島原の乱で殺された天草四郎(沢田)が悪魔の手を借りて復活。魔界から宮本武蔵(緒形拳)など強者たちを蘇らせ、大奥にも魔の手を伸ばして徳川政権を操ろうとする。その魔界衆を阻止するため立ち上がったのは柳生十兵衛(千葉真一)だった。アクション、スペクタクル、お色気、なんでもありダイナミックな展開の中で、伊賀の霧丸(真田広之)に四郎がキ! やめてー!!(ジュリーと真田ファンの叫び)金色の目を光らせた四郎の妖しさは夢に出そうである。

 ドラマでは光源氏や三億円強奪事件の犯人を演じたこともある。これだけ演じる役が特殊で幅広いのは、「もしもこの人物をジュリーが演じたら」と一流の作り手も視聴者も強く興味を惹かれるからだ。

 8月には、主演映画『キネマの神様』が公開される。かつて映画に夢を抱き、今はギャンブル好きのダメ親父という役柄。映画ではずっと「これがジュリー!?」と驚かされてきたが、山田洋次監督がどんな沢田研二を見せてくれるのか。亡き友人・志村けんさんへの思いを抱きつつ演じたジュリーに期待したい。