仕事や私生活を見直したりするタイミングになることも多い 50代。人生の転機となるこの時期に、美貌を一層輝かせているアラフィフ芸能人たちがいる。

 例えば、“大人チャーミング”を体現していて、自然な魅力を見せていたのは、タレントのYOU(56才)だ。2月下旬、仕事終わりの彼女は毛先をスタイリッシュに遊ばせた髪型、黒のトレーナーをリラックスして着こなしていた。

 ピッと腕を伸ばす姿や、健康的な美スタイルを見せるYOUだったが、「ジム通いなど、アンチエイジングを実践しているからでしょう。YOUさんの愛車はクラシックカーのベンツですが、ベンツには20代の頃からこだわって乗り続けていることをYouTubeで明かしていました。若い頃の気持ちを忘れないのも、若さの秘訣かもしれません」(芸能記者)という。

 ジーンズやリネン素材のジャケットを着こなす買い物姿が目撃されたのは、女優の中島朋子(49才)だ。まだ肌寒い春先の街並みを、自然体で歩いていた。伴っていたのはイケメンな息子の俳優・西村成忠(22才)で、母として、気遣って息子を見つめる場面もあった。

 白のストールで首元をまとめ黒のハットを被るモノトーンのコーデはセンスを感じさせ、50才を目前にしても魅力が光っていた。

 47才にして一般男性と結婚した4月1日、新婚ほやほやの女優・高橋由美子をキャッチ。『南くんの恋人』(テレビ朝日系)でのハートフルなストーリーで若者たちをわくわくさせてから30年弱、いまもファンを離さない。

 高橋はナチュラルなロングコートにプリーツスカート姿。若々しい髪や肌は、“20世紀最後の正統派アイドル”のままだった。

 抜群の笑顔、ファンからもスタッフからも愛され続けているのは、シンガーソングライターのaiko(45才)だ。昨年末、仕事を終えた彼女はミドルの髪、大き目シルエットで巻いたストール、モスグリーンのコートでナチュラルなスタイルが完成されていた。

 デビューから20年以上が経ち、新型コロナ騒動で活動が制限されるなか、変わらず音楽を人々に届け続けている。

 しっかりした襟のコートにタートルネックで落ち着いたオーラを放っていたのは鈴木保奈美(54才)だ。マスクも手作り感のあるグレー系の布製の大きなもので、大人なコーデに合わせていた。

 最近では、初のエッセーが話題を集めるなど、女優以外にも活躍の場を広げている。