「ライブから2週間が経過しました。今回も感染者の報告はございません。不安の中ご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました」。4月24日、世良公則(65才)のFacebookにアップされた一文だ。4月10日、高度の空調換気システムを導入した「よみうり大手町ホール」で開催された『世良公則 KNOCK KNOCK 2021』公演を訪れた放送作家でコラムニストの山田美保子さんが、コロナ禍でのエンターテインメントへの“想い”について、世良に話を聞いた。

 * * *
山田:ツイスト解散後、ソロデビューから40周年。65才の節目を迎えた世良サンにとって、せっかく大切なメモリアルイヤーのコンサートもコロナのせいで延期が続いてしまいましたね。

世良:今回も、2度の延期を余儀なくされて、出演者のかたに一部変更が出てしまったり、ファンの中にも日程が合わず、来られなくなってしまったかたもいらっしゃいました。でも、こうして多くのかたのお顔を拝見していると、やっぱり待っていてくださったんだなと、うれしいですね。

 ただ、やればやるほど多くの矛盾を感じてしまうのも事実です。ぼくらの仕事は、どうしても大勢のかたが1か所に集まるので、自粛要請が出る前段階、去年の2月くらいからコンサートを行うか否かのミーティングを重ねてきました。

 大げさに言えば、それは国家のためだし社会のため。普段から皆さんにメッセージを届ける立場の人間としても率先して中止や延期をすべきだろうと考えました。聞いた話では、その時点で2〜3か月のキャンセルが出てしまったことで、「もう、やっていけない」と小さな制作会社の社長が自ら命を絶たれてしまったと。病気ではなく、経済が原因で亡くなられるかたがいることを早い段階で知りました。

山田:え…? そうでしたか……。お悔やみ申し上げます。観客のわれわれにはなかなかわかりづらいことですが、今日はリハーサルを拝見したことで、多くの皆さんが、さまざまな役割を担って、コンサート成功のために動かれているのを目にいたしました。補償のない自粛要請で失われる命があるということですね。

世良:はい。これはもう1人のアーティストだけの問題じゃないと痛感しました。ぼくがライブを中止したら、スタッフ全員の仕事と人生が飛んでしまうわけです。アーティストのみならず、彼らは全員プロの職人なんです。長年、勉強や経験、キャリアを重ねて、いまの技術を身につけた。そんな優秀なスタッフの仕事がいっぺんに消えてしまう。その責任は、中止を決定した時点ではぼくにあるわけで、「自粛しました」の美談では済まされません。

 ニュースや新聞に出ている企業の倒産件数や失業者の数にはカウントされない人たちが、われわれの周りにはいっぱいいる。エンターテインメントの世界にはフリーランスの人が多いですから、廃業したり、仕事を辞めて故郷に帰ってしまう人たちには目を向けてくれないのが、いまの日本なんです。文化は守られませんでしたよね。

山田:それは大手芸能プロの幹部の皆さんが当初から嘆いていらしたことでもあります。何度も政治家から呼ばれて現状を説明されたそうですけれど、まったく話が通じなかったと。

世良:ぼくもこの1年、多くの議員さんや官公庁のかたにお会いして、話をさせてもらいました。いままた緊急事態宣言が出て、苦しい状況が続く飲食店には支援金が給付されます。でも、どれほど大きな会場で予定されていたコンサートでさえ、何の補償も支援もありませんよね。ぼくは、食もエンターテインメントも国を彩る大切な文化だと思っているんです。それをわかっていらっしゃらないかたが日本には多すぎますよね。

山田:そんな中、海外ではマスクなしや、ソーシャルディスタンスもとらずに5000人規模のライブを実験的に行った国もありますよね? 2週間後、陽性者は数人で、その会場で感染したわけでもなかったと。

世良:本来なら、1席空けるのと満杯でやるのとでは、3週間後、どれくらい感染者が増えるのかとか、会場の空調や天井の高さなどによって、どう異なるのかなど国が検証すべき。でも対策は会場や劇場任せ。その対策にも多額のお金がかかっていることは、あまりアナウンスされません。

山田:今日のコンサートには途中で“換気タイム”が設けられていましたね。そして、その時間を“衣装替え”の時間になさっていました。大変な中でも、お客さんたちに対して、世良サンたちが、ニューノーマルを前向きに捉える言動を随所でしてくださっているのが伝わってきました。やっぱり、生って、いいですよね?

世良:瞬間を共有できますからね。配信ライブやSNSでの共感とはまったく異なります。たとえばぼくが失敗したり歌詞を間違えたりしたとき、お客さんが「あ、いま、間違えた」「ごまかした」「いつもと違うフレーズを弾いたな」と、その場でリアクションすることや、歌や演奏に感動してくださって心が躍動することって、本当に大切だと思うんですよね。

 そうした機会が奪われると、人の心は、どんどん硬くなってしまって不自由になってしまうんです。カチカチになった心をそのままにしておくと、こぢんまりしていって、やがてボロボロになって崩れ去るんですよね。

山田:私、今回のコンサートで、もっとも心が柔らかになったのが、ゲスト・アーティストのトミコ・クレアさんと世良サンがデュエットされた『白い色は恋人の色』だったんです。アコースティックギターの優しい音色に最初は涙が浮かんでしまったんですが、その後は一緒に歌ってしまっていました(笑い)。リハーサルで世良サンはさかんに、ご自分の声質に、ベッツィ&クリスの歌は合わないし、トミコさんとのデュエットにも恐縮されているようでしたが、本当に本当に、すっごく素敵でした!

世良:それは、よかった! 山田サンの心を少しでも柔らかくできたっていうことですね。

山田:さらに、ツイスト時代の大ヒット曲のときには、私と同年代のお客様は自然と体が動いてしまう。

世良:それも生ならでは、ですよね。ぼくにいま、何ができるだろう、何をすべきなんだろうと考えたとき、真っ先に思うのが、皆さんの心をなんとか自由に柔らかくできるように精一杯、活動することなのではないかと。そして、新しいシステムを導入しながら、一人ひとりのスタッフの“モノづくり”の心を継承していくこと。それを精一杯やりたいんです。

「立ち上がろうよ」と背中を押すのもぼくらの役割

山田:音楽活動のかたわら、動物愛護など社会福祉活動にも尽力されている世良サンは、新型コロナウイルス対応の最前線で働く医療従事者の皆さんへの感謝の気持ちを込めた曲も作られましたよね。最初、ラブソングだと思って聴かせていただいたのですが、医療従事者の皆さんへのメッセージだと知り、「優しい」「笑顔」「希望」「勇気」「強い」「尊い」、そして「ありがとう」という歌詞のところで、涙が止まらなくなりました。

世良:『貴方に』ですね。作詞・作曲・編曲、演奏、映像編集のすべてを自分でやり、SNSで話題にしていただいた後、ロス在住の盟友、エリック・ゴーフェンに参加してもらって、『貴方にfeat.Eric Gorfain』という日米のコラボレーション作品を配信シングルとして昨年7月29日にリリースしました。

 言葉で想いを伝えるだけではなく、「こんなときでも力を合わせて共に立ち上がろうよ」と背中を押させていただくのもぼくらの役割なんだと思っています。とにかく、一日も早くわれわれの日常に音楽が戻ってくるよう願ってやみません。

山田:『さりげなく憎いやつ』(TBS系・1982年)以来、“俳優・世良公則”のファンでもある私は、2021年度後期の連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK)ご出演も楽しみですし、コメンテーターとして『バイキングMORE』(フジテレビ系)にもまたぜひ出ていただきたいです。

世良:ありがとうございます。ぜひまたライブに遊びにきてください!

山田:はい、必ず!

構成/山田美保子
『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)などを手がける放送作家。コメンテーターとして『ドデスカ!』(メ〜テレ)、『アップ!』(同)、『バイキングMORE』(フジテレビ系)、『サンデージャポン』(TBS系)に出演中。CM各賞の審査員も務める。

撮影/田中智久

※女性セブン2021年5月20・27日号