1970〜1980年代にかけて、日本の音楽シーンで人気を博した「シティポップ」が、いま世界中の音楽ファンから注目されている。このリバイバルブームにおいて、象徴的な存在となっているのが、竹内まりや『PLASTIC LOVE』(1984年)や松原みき『真夜中のドア〜stay with me』(1979年)といった女性アーティストによる楽曲だ。

 そこで、昭和ポップスをこよなく愛する、俳優・歌手の半田健人さん、昭和歌謡ライターの田中稲さん、ウェブサイト『昭和ポップスの世界』を運営するさにーさんに、「昭和女性ポップス・マイベスト10」をセレクトしてもらった。そのランキングを受けての座談会を開催。ここでは、1位と2位の楽曲について語り合う。

■半田健人さんの「昭和女性ポップス」マイベスト10
1位:伊東ゆかり『グリーン・ジンジャー・フライング』(作詞:ジェリー伊藤、作曲・編曲:東海林修/1971年)
2位:弘田三枝子『マイ・メモリィ』(作詞・作曲:弘田三枝子、編曲:鈴木宏昌/1977年)
3位:いしだあゆみ『バイ・バイ・ジェット』(作詞:橋本淳、作曲:細野晴臣、編曲:萩田光雄、細野晴臣/1977年)
4位:和田アキ子『私夢を見るの』(作詞・作曲:石津善之、編曲:馬飼野俊一/1973年)
5位:あべ静江『長距離電話』(作詞:藤公之介、作曲:佐藤健、編曲:林哲司/1977年)
6位:小川知子『別れてよかった』(作詞 : なかにし礼、作曲・編曲 : 川口真/1972年)
6位:由紀さおり『ヴァリーエ』(作詞:山上路夫、作曲:S・リタルド、編曲:渋谷毅/1971年)
6位:麻生よう子『逃避行』(作詞:千家和也、作曲:都倉俊一、編曲:馬飼野俊一/1974年)
6位:岡崎友紀『グッドラック・アンド・グッドバイ』(作詞・作曲:荒井由実、編曲:萩田光雄/1976年)
6位:桑江知子『Mr.Cool』(作詞:佐藤奈々子、作曲・編曲:小林泉美/1980年)

【プロフィール】
半田健人さん/俳優・歌手。1984(昭和59)年生まれ。『仮面ライダー555』(テレビ朝日系)で初主演。2014年に『せんちめんたる』をCD&LP同時発売。2017年全曲自宅録音『HOMEMADE』リリース。作曲家、タレントとして活動。ラジオ『林哲司・半田健人 昭和音楽堂』(SBS静岡放送、日曜21時〜21時30分)に出演中。

■田中稲さんの「昭和女性ポップス」マイベスト10
1位:岡田奈々『青春の坂道』(作詞原案:中司愛子、作詞:松本隆、作曲:森田公一、編曲:瀬尾一三/1976年)
2位:和田アキ子『古い日記』(作詞:安井かずみ、作曲・編曲:馬飼野康二/1974年)
3位:五輪真弓『恋人よ』(作詞・作曲:五輪真弓、編曲:船山基紀/1980年)
4位:谷山浩子『まっくら森の歌』(作詞・作曲:谷山浩子、編曲:乾裕樹/1985年 NHK『みんなのうた』初出)
5位:大貫妙子『黒のクレール』(作詞・作曲:大貫妙子、編曲:坂本龍一/1981年)
6位:泰葉『フライディ・チャイナタウン』(作詞:荒木とよひさ、作曲:海老名泰葉、編曲:井上鑑/1981年)
7位:山口百恵『絶体絶命』(作詞:阿木燿子、作曲:宇崎竜童、編曲:萩田光雄/1978年)
8位:大場久美子『エトセトラ』(作詞:小林和子、作曲・編曲:萩田光雄/1978年)
9位:中島みゆき『ファイト!』(作詞・作曲:中島みゆき、編曲:井上堯之/1983年)
10位:高田みづえ『硝子坂』(作詞:島武実、作曲:宇崎竜童、編曲:馬飼野康二/1977年)

【プロフィール】
田中稲さん/昭和歌謡ライター。1969(昭和44)年生まれ。大阪を拠点に活動する昭和歌謡ライター。ほかにも、ドラマ、NHK紅白歌合戦、懐かしブームなども得意テーマとしている。著書に『昭和歌謡 出る単 1008語』(誠文堂新光社)など。CREA WEBにて『田中稲の勝手に再ブーム』、DANROにて『いつも心にぼっち曲』を連載中。

■さにーさんの「昭和女性ポップス」マイベスト10
1位:和田アキ子『あの鐘を鳴らすのはあなた』(作詞:阿久悠、作曲・編曲:森田公一/1972年)
2位:岩崎宏美『思秋期』(作詞:阿久悠、作曲・編曲:三木たかし/1977年)
3位:ペドロ&カプリシャス『ジョニィへの伝言』(作詞:阿久悠、作曲・編曲:都倉俊一/1973年)
4位:ちあきなおみ『夜へ急ぐ人』(作詞・作曲:友川かずき、編曲:宮川泰/1977年)
5位:しばたはつみ『マイ・ラグジュアリー・ナイト』(作詞:来生えつこ、作曲:来生たかお、編曲:林哲司/1977年)
6位:渡辺真知子『かもめが翔んだ日』(作詞:伊藤アキラ、作曲:渡辺真知子、編曲:船山基紀/1978年)
7位:大橋純子『サファリ・ナイト』(作詞:竜真知子、作曲・編曲:佐藤健/1978年)
8位:原田知世『天国にいちばん近い島』(作詞:康珍化、作曲:林哲司、編曲: 萩田光雄/1984年)
9位:河合奈保子『ラブレター』(作詞:竜真知子、作曲:馬飼野康二、編曲:若草恵/1981年)
10位:能瀬慶子『アテンション・プリーズ』(作詞:喜多條忠、作曲:浜田省吾、編曲:船山基紀/1979年)

【プロフィール】
さにーさん/1992(平成4)年生まれ。1970〜1980年代のヒット曲の情報サイト『あなたの知らない昭和ポップスの世界』を運営。昭和ポップスの魅力を伝えるため、ラジオやテレビにも出演。『らじるラボ』(NHKラジオ第1)で、『さにーのZOKKON!昭和ポップス』(毎月第2・第4金曜午前10時半〜11時)を担当。

──では、2位から見ていきましょう。

半田:ぼくの2位は弘田三枝子さんの『マイ・メモリィ』(1977年)です。弘田さんは『人形の家』(1969年)が有名ですが、元はMIKOの愛称で「ポップスの女王」と呼ばれていました。『マイ・メモリィ』は作詞作曲も担当している。彼女がこんな上質なポップスを歌っていることを知ってほしいんです。

 そして、1位は伊東ゆかりさんの『グリーン・ジンジャー・フライング』(1971年)。ゆかりさんは、弘田さんよりもキャリアが長く、1950年代から日本のポップス黎明期にかかわっています。この曲は1971年に発表したものですが、ソフトロックの名盤といわれています。そのキャリアと癒しの声に敬意を表しての1位です。

田中:こんな素敵なポップスが眠っていたとは、1970年代恐るべしですね! 

 私の2位は、和田アキ子さん『古い日記』(1974年)です。この時代に同棲を題材にした、安井かずみさんの作詞がかっこよくて興奮します。

さにー:歌詞は暗いのにサウンドはポップだから、若かりし頃の燃え上がるような情熱を想起させるところがむちゃくちゃ好きで、私も入れるかどうか、悩みました〜。

田中:1位は岡田奈々さんの『青春の坂道』(1976年)。これは、耳に入って来た瞬間、「あ、この曲好き」って。何も知らないのに震えるほど感動したんです。

さにー:最初ビビッときたのはメロディーですか?

田中:歌詞とメロディーに、「ああ、青春って本当にそんな感じ!」みたいな(笑い)。

半田:この曲はたぶんね。詞が先なんですよ。当時の歌謡曲って8割がた曲が先ですが、森田公一さんは、詞を読んで、それにふさわしいメロディーをつける天才ですよ。

さにー:私の2位は、岩崎宏美さんの『思秋期』(1977年)です。

田中:私もコレ、入れたかったー! 本当に名曲だと思う。

さにー:フフフフフ(笑い)。岩崎さんで好きな曲はたくさんありますが、すごい曲っていわれたら、『思秋期』がいちばん。カラオケに行ったときに母が歌い、あの転調を2回するところがたまらなくて。「この曲、私に頂戴」って母にお願いした思い出の曲です。

半田:その転調は『シェルブールの雨傘』が元歌です。ミシェル・ルグランというピアニストが作曲した世界的楽曲がマイナーメロディーで転調していく。聴いてみてね。

さにー:はい。聴いてみます! そして私の1位は、アッコさんの『あの鐘を鳴らすのはあなた』(1972年)です!

半田:ぼくはね、サビはもちろんだけど、出だしが好き、やさしくて。

さにー:若いときのアッコさんのビブラートが細かくて、心にまっすぐ訴えかけてくる。年を重ねてからはビブラートが深くなり、すべてを包み込む人類愛を感じます。

田中:お〜〜。

半田:地球規模だよね。

さにー:この曲を聴いて感動する人ばっかりだったら、世界は平和になるんじゃないかなって思うんですよね。

──ありがとうございました。3人そろって和田アキ子をランクインさせたのはおもしろいですね。

田中:アッコさんは、女性ポップスの最高の歌い手ですよね! もっと歌ってほしいです。

半田:最後に女性ポップスの女王を決めるなら、ランキングに入れていませんが、ぼくは、ユーミンがいいと思う。ある意味、別格の殿堂入りの存在ですから。

さにー:そしてナンバー1ソングは、今回もそれぞれの心の中にある順位でいい。そんな結論でしょうか(笑い)。

──みなさんもご自身が昔好きだった懐かしの「昭和女性ポップス」を思い出し、たまには口ずさんでみませんか?

取材・文/北武司 撮影/浅野剛

※女性セブン2021年5月20・28日号