日本の流行歌史には脈々とエロティックな歌と歌姫が登場してきた。冒頭の艶めかしい声日本の流行歌史には脈々とエロティックな歌と歌姫が登場してきた。冒頭の艶めかしい声が強烈だった青江三奈、強烈なビートに合わせて腰をグラインドし、子供にまで“これはただ事ではない”と思わせた山本リンダ……。

『にっぽんセクシー歌謡史』(リットーミュージック、5月21日発売)は、女性のエロティシズムを打ち出した一連の歌謡曲の歴史を昭和初期からたどる大著だ。著者の馬飼野元宏氏は、セクシー歌謡史の中で、1960年代後半〜1970年代初頭にデビューした4人の歌姫をエポックメイキング的な存在だと語る。

「絶対に外せない歌手、それは『恋の奴隷』(1969年)を歌った奥村チヨです。戦前に始まる『エロ歌謡』、鶯芸者から派生した『和ものお色気歌謡』、1960年代以降隆盛したムード歌謡の派生形など、進化していったお色気歌謡をポップス化した功労者です」

 奥村は、『11PM』が放送開始した1965年にデビュー。同年10月発売の『ごめんネ…ジロー』で大ヒットを飛ばし、次々と新曲を出す。

「もともとその声に男心をそそる色気が内包されていましたが、それが花開いたのが『恋の奴隷』。小唄風の節回しを応用した独自の唱法が、歌詞が描くコケティッシュでいじらしくも粋なお色気ワールドにフィットした。指をさすポーズは、目の前にいる男をさすようにというディレクターの指示だったそうです」

 この歌は大ヒットしたものの歌詞の問題でNHKの紅白歌合戦では歌えなかった。しかし翌1970年の紅白歌合戦で歌った『嘘でもいいから』こそ、最大の問題作だったと馬飼野氏は語る。

「作詞は川内康範で意外にも作曲は筒美京平。色っぽい歌詞に加え、〈うっふーん〉というアドリブの声も入り、まさしくフェロモン爆発。小悪魔的という意味ではこの曲がピークです」

 そして2人目のセクシー歌姫は、1969年にデビューした辺見マリだという。

「彼女の出現は衝撃でした。目が大きく彫の深い美貌で、濃厚なメイクも似合う顔立ちだったからです。デビュー曲『ダニエル・モナムール』は、フレンチ・ポップス調のメロディにエロティックな歌詞が乗る。歌の合間に挿入されるフランス語の語りが、吐息まじりの喘ぐような声で、聴いているだけでエロティックな気分にさせる。2曲目の『経験』が大ヒット、歌詞の〈やめて!〉は流行語になった。『お色気歌謡』をビジュアル面も含めた『セクシー歌謡』へと進化させました」

 同じくビジュアル面でセクシー大旋風を起こしたのが、山本リンダだ。1966年のデビュー曲『こまっちゃうナ』を超えるヒットがないままだったが、移籍したポニーキャニオンから1972年にリリースした『どうにもとまらない』で大変身を遂げる。

「『アラビアン・ナイト』のコンセプトのもと、都倉俊一が作曲し、ロックのビートをベースに、サンバを意識してパーカッションを多用。阿久悠の詞が、性愛の局面で主導権を握る女性を生み出しました。へそ出しルックはリンダ自身の提案だったそうです。

 変身第2弾の『狂わせたいの』では背中がパックリ空いた真っ赤なジャンプスーツで背中を見せながらうねうねと踊り狂いました。73年の『狙いうち』は歌詞もエスカレートして、〈かしずく男を見ていたい〉だの、女性の自己肯定感がとんでもない高みにたどり着く。セクシー歌謡の王者・リンダの女王様宣言でした」

 阿久悠は、もう一人の歌手もセクシーに変身させた。1971年に中島淳子としてデビューしたが売れず、芸名を変えての再デビュー曲『絹の靴下』(1973年)がヒットした夏木マリだ。

「設定は、上流階級の男性に買い上げられた愛人女性のイメージです。退屈すぎる毎日に、この女性が持つ野性が目覚めてゆき、野獣のように抱いてほしいと要求する。阿久悠が夏木マリに与えたのは、ソフィア・ローレンに代表されるセックス・アピールの強いイタリア系グラマー女優のイメージでした」

 夏木はこの曲で、手を前に突き出して指を折るフィンガー・アクションで男を誘った。金井克子『他人の関係』や安西マリア『涙の太陽』など、同時期に現われたセクシー系女性シンガーに共通するキービジュアルだった。

「お色気をテーマにした歌は“景気のいい時にしか流行らない”んです。朝鮮戦争特需の時にはお座敷歌謡が大流行、50年代後半の岩戸景気の頃にはムード歌謡が隆盛し、オリンピックの年には『お座敷小唄』が大ヒット。60年代後半のいざなぎ景気の際には園まり、奥村チヨが大ブレイクしました。それは80年代以降も同じです。お色気は男性社会が経済を回していた時代の産物だともいえます」

【プロフィール】
馬飼野元宏(まかいの・もとひろ)/音楽ライター、編集者。『昭和歌謡ポップスアルバムガイド』『HOTWAX歌謡曲名曲名盤ガイド』(ともにシンコーミュージック)など編著・共著多数。『ヒット曲の料理人 編曲家・萩田光雄の時代』『ヒット曲の料理人 編曲家・船山基紀の時代』(ともにリットーミュージック)では構成を手掛けた。新著『にっぽんセクシー歌謡史』(リットーミュージック)は5月21日発売。

※週刊ポスト2021年5月28日号