10月の番組改編で、朝の情報番組のMCを務めることが明らかになったTBSの安住紳一郎アナウンサー(47才)。近く正式発表されるが、同時に、厄介な問題も浮上している。

 安住アナが就任するのは、TBSの早朝の情報番組『あさチャン!』の後継番組のMC。2014年に始まった『あさチャン!』は、フリーの夏目三久アナ(36才)がメインMCを務めていたが、先日、夏目アナが有吉弘行(46才)との結婚と今秋での芸能活動引退を発表。『あさチャン!』も夏目アナの引退と共に終了することになり、後継番組や新MCの名前が取り沙汰されていた。

「TBSとしては、この枠のテコ入れは悲願でした。裏番組はフジテレビの『めざましテレビ』、日本テレビ『ZIP!』、テレビ朝日『グッド!モーニング』と強敵ばかりで、TBSは視聴率でずっと後塵を拝してきました。老若男女から人気のある安住さんならば、ライバルにも十分対抗できます。むしろ視聴率で一気に逆転することも可能でしょう」(民放キー局関係者)

 ただし、クリアしなければいけない問題もある。それは安住アナの“働きすぎ問題”だ。現在、安住アナは『ぴったんこカン★カン』、『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』などのバラエティを含め、多くの番組に出演している。秋から始まる朝の情報番組は月曜から金曜までの帯番組だが、現在出演中の土曜日放送の『情報7daysニュースキャスター』、日曜のラジオ番組『安住紳一郎の日曜天国』も生放送。両方の番組に出続けると、週7日勤務となり、休みがなくなる。

「『ぴったんこカン・カン』は卒業する方向で調整が進められていると聞きますし、生放送番組のいずれかを降板する可能性もあります。しかし、簡単な選択ではありません。『情報7days〜』はビートたけしさんの信頼を勝ち取っていますし、安住さん以外のアナウンサーでは、たけしさんの相手が務まるか疑問です。日曜のラジオは16年も続く高聴取率番組で、安住さんも強くやり甲斐を感じています。

 この2番組を降りるのか続けるのかは、非常に悩ましい問題です。ただ、安住さん本人は全てやりたいと思っているはず。それぐらい仕事人間ですからね。

 労働時間は会社員としては大きなハードルになりますが、フリーランスならそこまで縛りはきつくない。会社への思い入れが強い安住さんは、これまで独立はないだろうと考えられていました。しかし、“この秋の人事次第では、仕事を続けたいがためにフリーになるかも”なんていう噂も出ています」(TBS関係者)

 看板アナウンサーが会社に貢献するほどに独立が早まる。そんな結果にならなければいいが。