石原さとみ(34才)は飽きさせない。役柄に合わせて軽やかに髪形を変える彼女のニューヘアは、これまでの自分を脱ぎ捨てるかのような、ボーイッシュなショート。後ろ姿だけ見ると、まるで少年のような石原は、駆けるように足早に移動していく。いま、彼女は大忙しなのだ。

「放送中のドラマ『恋はDeepに』(日本テレビ系)はクランクアップしましたが、また別の撮影が始まっています。それだけでも忙しいのに、5月12日からは、故蜷川幸雄さんが進めてきたプロジェクトのトリを飾る舞台作品『終わりよければすべてよし』が始まりました。シェイクスピア作で、共演者は藤原竜也さん(39才)や吉田鋼太郎さん(62才)など実力者ばかり。

 地方も回るロングラン公演になることが決まっていて、日課にしていたジムにもなかなか通えないほど、休みがないそうです」(舞台関係者)

 石原は昨年、一般男性のAさん(33才)と結婚したばかり。わずかなプライベートの時間は、新婚生活を楽しむ時間に充てているのだろう。

「お相手は一般男性とはいえ、ニューヨークに本社を置く外資系金融機関に勤めるエリートサラリーマンで、いくつも不動産を持ち、複数の企業の会社の役員でもあります。彼は今年1月、都内でも超高級住宅街にある数億円といわれるマンションを借りたそうなんです。公園に隣接するデザイナーズ物件で、広さは石原さんとふたりでは充分すぎるほど。てっきり、そこが愛の巣なのだと思っていたのですが……」(Aさんの知人)

 しかし石原が撮影後に向かうのも、舞台が終わって帰るのも、独身時代に住んでいたマンションなのだという。

「結婚前と変わらぬ生活ぶりに、周囲からは“別居婚なのか”“うまくいってないのでは”という心配の声もあったようですが、そんなことはないですよ。実は石原さんと彼は、石原さんが独身時代に住んでいたマンションで新婚生活をスタートさせているんです。

 衣装持ちの彼女とAさんがふたりで住むにしては、少々窮屈な気もしますが、数年前に彼女はそこに引っ越したことで、いいドラマや舞台に恵まれたことから、パワースポットだと思っているみたい。Aさんは“しばらくはここで生活したい”という石原さんの願いを受け入れたんです。彼が借りたマンションは空室のままだと聞いています。

 それにこのコロナ禍で、納得がいくような新居を時間をかけてじっくり探し回るのは難しい。しばらくはこのマンションで一緒に過ごし、石原さんの仕事が落ち着き次第、新居を探すみたいです」(石原の知人)

 昨年10月、石原は結婚を報告するファクスの中で《彼となら様々な事を共有しながら、どんな困難も乗り越えていけると確信いたしました》と綴っていた。Deepな新婚生活は、どんな願いも受け入れるAさんの懐の深さの上に成り立っているようだ。

※女性セブン2021年6月3日号