2016年に放送されたドラマ『『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で共演した星野源(40)と新垣結衣(32)が、結婚を発表した。2人とも高感度が高く、多数のCMに出演する人気者であるだけに、気になるのが、結婚によって2人の広告業界での評価がどう変わるのか、という点だ。

 新垣は、アサヒ飲料、味の素、コーセー、明治など、7社のCMに出演する「CM女王」として知られる。一部では「任天堂婚」という言葉も出ているが、星野は『スーパーマリオブラザーズ』35周年、新垣は『あつまれ どうぶつの森』『リングフィットアドベンチャー』などの任天堂CMに出演。また、星野は『どん兵衛』、新垣は『チキンラーメン』とそれぞれ日清食品のCMにも出演しており「日清婚」と言う人もいるようだ。

 はたして、2人の今後のCM価値はどうなるのか? CMのキャスティング事情にも詳しい、クリエーターはこう語る。

「元々好感度の高い2人ですが、結婚で間違いなく価値は上がります。『逃げ恥』というドラマがあり、そのドラマで共演した2人がリアルで一緒になりました。星野さんと新垣さんは、スキャンダルとも無縁で好感度も高い。そんな2人が結婚することって、なかなかないでしょう。夫婦共演オファーもありえるでしょうね。色々な意味でいいことしかないです」

 もちろん、夫婦CM共演にはクリアすべきハードルも少なくない。

「星野さんが所属するアミューズは、所属タレントの管理がしっかりしているので、イメージにそぐわない企画には安易にOKを出しませんし、星野さんも自分のやりたい企画を優先して出演している。だから、スーパーマリオ35周年で楽曲を提供したりCM出演したのでしょう。各社、単体もあれば、夫婦共演も含めてオファーを出したいところでしょうが、広告会社としても安易な企画は出せませんね」(同前)

 さて、気になるCMギャラはどうなるのか。2000年代前半まで、トップクラスの芸能人のCMギャラは年間契約で1億円が相場だった。当時、高倉健さんや吉永小百合さんはそのランクだったというが、現在はトップクラスで4000万〜5000万円とのこと。星野も新垣もそこに近いクラスとされる。大手広告代理店の営業担当者はこう語る。

「結婚で2人ともかなり相場が上がるでしょう。もし2人に共演を依頼する場合は、1億円以上でなくてはオファーできない空気感があります。単体での年間契約も6000万〜7000万円になるのではないでしょうか。ただし、星野さんについては、金額よりも企画次第の面が大きいと思います。スーパーマリオのように、自分がやりたい、出る意義がある仕事を選ぶはず。星野さんのモチベーションはお金ではないでしょうから」

 というわけで、広告関係者も驚いたという今回の2人の結婚発表。クリエーターたちはこの2人を絡めてどんな企画ができるか、すでに考え始めているようだ。