芸能界随一の結束力を誇った石原プロモーションには、退社した者とは基本的に共演しないケースが多かった。石原裕次郎さんとの共演数が最も多い浅丘ルリ子(80才)もその1人だったが、ついに舘ひろし(71才)との共演が実現することで、大きな話題を呼んでいる。

 自宅マンションの外階段で、ひとりの女性が慎重に上り下りを繰り返している。時間にして約10分。階段を離れると、自宅の前をゆっくりとした足取りで100mほどウオーキングする。そんな姿が、最近よく目撃されている。

「その女性は浅丘ルリ子さんですよ。健康維持のためなのかな、階段を使って運動されているんです。日課になっているようで、お元気そうな姿を見かけますよ」(マンションの住人)

 傘寿を迎えた浅丘にとって、10分を超える階段の上り下りは、健康維持にしてはハードすぎる。彼女はある人の思いに応えようと、体力づくりに挑んでいるのだ。

石原裕次郎の相手役を最も多く務めた浅丘ルリ子だったが……

 5月12日、芸能関係者がザワつく出来事があった。舘の独立後初となる主演ドラマの詳細が明らかになったのだが、その共演者が浅丘ということで驚きの声があがったのだ。

 浅丘は元石原プロモーション所属で一時期は役員を務めたこともある。ところが、石原プロを離れてからは、石原プロ所属の俳優との共演は一切ない。舘との共演は「49年越しにタブーが破られた」と騒がれているという。

 石原プロは1963年に故・石原裕次郎さん(享年52)によって設立された。

「旗揚げの際に、裕次郎さんが声をかけたうちの1人が浅丘さんでした。当時、浅丘さんは日活のトップ女優でしたが、テレビの普及によって映画業界が下火になり、映画スターの活躍の場が減っていたんです。そんななかでも、石原プロは映画製作に力を入れていました。映画への思いが強かった浅丘さんは、のちに石原プロに移籍しました」(芸能関係者)

 裕次郎さんは生前100本以上の映画に出演しているが、その相手役を最も多く務めたのが浅丘だった。

「37本で共演していて、時には週2本のペースで撮影を共にしていたこともあります。家に帰る時間もなく、2人はセットの片隅で重なるようにして眠っていることもありました」(前出・芸能関係者)

 6才年下の浅丘に、裕次郎さんは常に気を使っていたという。

「裕次郎さんが浅丘さんを誘い、2人きりで食事に出かけることもよくありました。あまりに仲がいいので、交際が噂されたこともあるほどです」(前出・芸能関係者)

 当時の映画界では、主演は男性で女優はそこに花を添える脇役というケースが大半。しかし浅丘は主演にこだわりを持っていた。そんな浅丘の気持ちを裕次郎さんは理解していたのだろう。浅丘は石原プロ在籍中に、『華やかな女豹』(1969年)や『愛の化石』(1970年)などで主役を演じている。

 そんななか、石原プロの“失敗”が浅丘の退社につながることになる。石原プロ元常務取締役の仲川幸夫さんは、当時をこう振り返る。

「石原プロは、『黒部の太陽』(1968年)や『栄光への5000キロ』(1969年)などの大ヒット映画を生み出しましたが、1970年の『ある兵士の賭け』が大コケしました。公務員の初任給が約3万円の時代に、6億円もの負債を抱えることになったんです。これが遠因となって、映画製作の幅を狭めざるを得なくなりました。映画に出続けたかった浅丘さんが石原プロを辞めるのは、自然な流れでもありました」

 1972年に石原プロを退社して以降、裕次郎さんとの共演はパタリとなくなり石原プロ所属の俳優との共演もない。

「浅丘さんが、石原プロとは共演NGにしている、いやいやNGを出しているのは石原プロの方、などという噂が、長年囁かれてきました」(テレビ局関係者)

 その噂を仲川さんはやんわりと否定する。

「表立ってNGを出していたわけではありません。でも、裕次郎さんというのは、去る者は追わないタイプなんです。浅丘さんに限らず、やはり石原プロを辞めていった川地民夫さん(享年79)や浜田光夫さん(77才)らも、退社後の共演はありません」

裕次郎さんが結び付けた

 こうした線引きを重視するのは、石原プロが一枚岩だったが故だ。

「いわゆる石原軍団というと俳優集団のように思われがちですが、実際にはカメラマンや照明、音声など、すべてのスタッフを含めた呼び名の総称です。そうした立場の異なる全員がまとまるには、ある種の“関連性”が必要でした。“退社組と共演NG”という明文化されていない“鉄の掟”のようなものは確かにあった」(前出・芸能関係者)

 ただし、会社を去った浅丘と裕次郎さんの関係が途切れたわけではなかった。

「石原プロのトップとしては距離を置きながらも、裕次郎さんは浅丘さんの映画女優へのこだわりを尊重していました。共演はできませんでしたが、陰ながら応援していたんです」(当時を知る映画関係者)

 今年1月に石原プロは解散。鉄の掟も消えた。だが舘が石原プロに入ったのは、浅丘が辞めた11年後。在籍期間が重なったことはない。その2人を結び付けたのは、ほかならぬ裕次郎さんだった。

「ドラマのキャスティングの際、制作サイドは石原プロが解散したこともあり、舘さんに浅丘さんとの共演を打診したそうです。舘さんは多少の戸惑いはあったようですが、浅丘さんへのリスペクトもあり、決断したようです。浅丘さんも舘さんがよろしければということで、初共演が実現しました」(ドラマ関係者)

 だが浅丘もそのオファーを承諾するのは、簡単ではなかった。相当な覚悟が必要だった。浅丘は今年3月、帯状疱疹を発症していたことを明かしている。

「帯状疱疹とは高齢者に罹患率が高い病気で、ヒリヒリとした痛みやかゆみが2〜3日続いた後に、小さな水疱を伴う発疹が帯状に現れるのが特徴です。発疹が消えても痛みやしびれが残ることがあります」(医療関係者)

 現在は症状をコントロールしながらの生活が続いているという。それだけではない。

「2017年に『やすらぎの郷』(テレビ朝日系)に出演した際、一部の視聴者から、浅丘さんに対し『ろれつが回っていないときがある』といった指摘が、インターネット上で囁かれていたのです。確かに、年齢的な衰えもあるのでしょう。浅丘さんは、そんな心無い指摘も覚悟して、オファーを受ける決意をした。

 舘さんの再出発の足を引っ張りたくないからと、毎日少しずつ体力づくりを続けてクランクインを待っているようです」(前出・芸能関係者)

 初共演となるドラマで、浅丘はわが子を殺した罪で服役していた女性を演じ、舘が演じる保護司の支援を受けて新たな人生を歩み始める。裕次郎さんもきっと、2人の共演を楽しみにしているに違いない。

※女性セブン2021年6月3日号