小柳ルミ子が「アハッハッハ、さっちゃん、グリーンで。私は赤で」と言えば、小林幸子が「本当に真っ赤で。こうなると黄色がいないわね。ウッフッフフ」と返す。5月4日、ラジオに生出演したベテラン歌手の小林幸子(67才)と小柳ルミ子(68才)。まるで、ガチャピンとムックのような私服に顔を見合わせて大笑いした2人の姿をキャッチした。

 小林は、全身明るいグリーンのトレーナー。小柳も、これまた真っ赤なワンピースに鮮やかなブルーの手袋。

 小林に「30年前と全然変わらない体型はすごいね」と褒められると、「40年前のほうがスタイルが良かったわ」と笑いで返した小柳は、たしかにタイトなワンピースでスタイルの良さを証明していた。

 新型コロナウイルス禍で、長らく大々的なコンサートができずに苦しむ音楽業界の中で、そんな重鎮2人が、人一倍吹っ切れている。

 小柳は4月25日、歌手デビュー50周年記念シングル『深夜零時、乱れ心』の取材会で、報道陣の前にミニスカートと網タイツ姿で登場。ノリノリのロックミュージックを歌ってキレキレなダンスを見せ、指をかむセクシーポーズでアピールした。

「あらゆることがストップする中で、去年は引退を決意していました」と漏らしたが、「日本の宝である桑田佳祐さん(65才)が私を褒めてくれる記事を拝見して、まだ芸能界に私のポジションがあるんだと。もうひと頑張りしようと決意できた」と、再始動した理由を明かした。

 小柳の新曲をリリースしたレコード会社関係者は、「歌って踊れるようにと、毎日トレーニングをされていて、体調もすこぶる良好です」と語る。

 小林も相変わらず元気いっぱいだ。5月9日には「歌神 降臨」と題して、初の単独生配信ライブを開催。2015年のNHK紅白歌合戦で披露した『千本桜』も、豪華なCGによるVRをバックに熱唱した。4月25日にも、千葉・幕張メッセでの「ニコニコ超会議2021」に、「BABAMETAL(ババメタル)」のボーカルとして白塗りのヘビメタメイクで登場。初めてヘビメタ歌唱を披露して、「ラスボスメタル化!」と大好評を博した。

 芸歴57年の小林と50年の小柳。数々の修羅場を乗り越えてきた2人は、うつむき加減になりがちなこのご時世でも、元気いっぱいに活動している。