昨年1月に芸能界を揺るがせた東出昌大(33才)の不倫騒動は、それから約半年後、杏(35才)との離婚で決着した……かに思われていた。だが、その後の東出の対応で、再び元夫婦は揺れていた。「養育費」を巡ってトラブルになっているのだ。

 久しぶりの青空が広がった5月下旬の昼下がり、都内のある一戸建てに、幼い子供たちがキャッキャッとはしゃぐ声が響く。その弾んだ声がやがて泣き声に変わると、つられるように別の子供が泣き始めた。その状況に母親は声を荒らげることもなく、子供たちを優しくなだめている。

 この優しい声の主は、杏。2020年1月に、当時の夫・東出昌大と唐田えりか(23才)の不倫が発覚して以降、彼女は幼い子供3人の育児をひとりでこなしてきた。

「今年10月放送のドラマ『日本沈没—希望のひと—』(TBS系)で、約2年ぶりに連ドラに出演します。これからは、母親としてだけでなく一家の大黒柱としてお金も稼いでいかないといけない立場ですからね」(芸能関係者)

 一方の東出は、主要キャストを務める映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』の撮影がクランクアップを迎えていた。離婚成立から約10か月。元夫婦はそれぞれの道を歩み始めたかに見えるが、実は大きな問題が未解決のまま残されていた。

 杏と東出は2013年のNHK連続テレビ小説『ごちそうさん』での共演をきっかけに交際が始まり、2015年元日に結婚。2016年に双子の女児、翌年に男児に恵まれた。芸能界きってのおしどり夫婦と見られていたが、2020年1月に東出と唐田の不倫が発覚。第3子の妊娠中に始まった不貞に夫婦の溝は大きく広がり、同年7月に離婚が成立した。

 現在、双子が4才、男児は3才になった。手はかかるが、かわいい盛りでもある。だが最近の杏は、浮かない顔を見せる日が多いという。杏と東出の知人が驚きをもって話す。

「離婚からもうすぐ1年になるというのに、東出さんからの養育費の支払いがまだ始まっていないようなんです。というのも、東出さんが提示した養育費の額が、子供1人につき月1万円。子供が3人いますが、それでも月3万円なんです。

 杏さんは東出さんが仕事面で苦しいことは理解していますが、さすがにこの金額には言葉を失ったそうです。金額が少ないからではありません。父親としての誠意が感じられなかったことに、大きなショックを受けたみたいです。だから、養育費の話はいまだに、まとまっていないそうです」

 養育費は、双方の収入、子供の年齢などから算定される。条件は細かいようだが、東出が提示したとされる「月に1万円」は、養育費を支払う側の年収で言えば200万円ほどになる。一時は売れっ子俳優だった東出の申し出としては、寂しすぎはしないだろうか。

 離婚時に元夫にかけた「温情」が一切顧みられなかったことも、杏のショックに追い打ちをかけたようだ。前出の知人が続ける。

「不倫発覚で、東出さんは4本あったCMのすべてを降板しました。その違約金は2億円ともいわれていて、東出さんは所属事務所に肩代わりしてもらっているようです。その事情を知る杏さんは不倫された側なのに、東出さんに慰謝料を求めませんでした。彼女が手に入れたのは、夫婦で2分の1ずつ所有していた自宅だけです。この先、彼に待ち受ける厳しさを考慮したのでしょう。

 それなのに、東出さんが提示した養育費が1人1万円……複雑な感情を抱いたはずです」

 杏の見立て通り、東出は厳しい局面に立たされている。今年4月に公開された映画『BLUE/ブルー』や今秋公開予定の主演映画『草の響き』は、不倫騒動前に決まっていた仕事。前出の『コンフィデンスマンJP』がクランクアップした4月中旬以降は、表立った仕事は発表されていない。“無い袖は振れない”とは言うが、父としての責任感が問われている。