最後の別れを前にして、愛する人に伝えたい気持ちがある。名優たちのセリフには、演技を超えた万感の思いが込められている。銀幕で描かれた「心に染み入る辞世の言葉」を、映画評論家の浜村淳氏と映画パーソナリティのコトブキツカサ氏が選んでくれた。

「人は慈悲の心を失っては人ではないぞ。己を責めても人には情けをかけろ。人は等しくこの世に生まれてきたものだ。幸せに隔てがあってよいはずがない」

『山椒大夫』(1954年、大映)より
監督:溝口健二 出演:田中絹代、花柳喜章、香川京子

【あらすじ】人買いによって母(田中絹代)と離ればなれになってしまった安寿(香川京子)と厨子王(花柳喜章)は、奴隷としてこき使われる。成長した2人はついに脱走を図り、安寿は厨子王を逃がすために池に身を投げるのだった。

「脱走した厨子王は、父の言葉を胸に人買いに復讐を果たして、奴隷を解放しました。その後、母と再会するわけですが、遊女に身を落とし、目も見えない老いた姿となってもその美しさが少しも損なわれていません。凄まじいラストシーンでした」(浜村氏)

「ありがとな」

『いしゃ先生』(2015年、キャンター)より
監督:永江二朗 出演:平山あや、榎木孝明、長谷川初範

【あらすじ】山形の農村から東京に出て医者になったばかりの志田周子(平山あや)は、父・荘次郎(榎木孝明)に呼び戻され、この村で医者になって欲しいと頼み込まれる。3年だけの約束で引き受けた周子だったが……。

「無医村に医者を置きたいという父親の願いを叶えた周子でしたが、村人全員に歓迎されたわけではありませんでした。しかし、やがて『ありがとう』と言われることの尊さを学んでいきます。死の前に、父も娘に感謝の言葉を捧げるのでした」(コトブキツカサ氏)

「好きなことをやりなさい。それがいちばんの親孝行だがね」

『RAILWAYS〜49歳で電車の運転士になった男の物語〜』(2010年、松竹)より
監督:錦織良成 出演:中井貴一、高島礼子、本仮屋ユイカ

【あらすじ】大手企業で働く筒井肇(中井貴一)は順調に出世街道を歩んでいた。そんなある日、母(奈良岡朋子)の入院で帰郷。同期の死も重なったことで、これまでの人生を振り返り、子どもの頃からの夢に挑戦することを決意する。

「一流企業から地元の鉄道会社に転職が決まったことを入院先の母に伝えた時の言葉です。母は息子の決断に対して賛成も反対もしませんが、嬉しそうです。人生の挑戦は何歳からでも可能。人生で最も大事なものを教えてくれます」(コトブキツカサ氏)

「ボケてなお、人は生きるのか。生きるなり」

『花いちもんめ』(1985年、東映)より
監督:伊藤俊也 出演:千秋実、西郷輝彦、十朱幸代

【あらすじ】元大学教授の冬吉(千秋実)は認知症と診断され、次第に家族の名前すら分からなくなっていく。長男の治雄(西郷輝彦)は、そんな父を献身的に介護する妻の桂子(十朱幸代)を見て、失われかけていた家族の絆を取り戻していく。

「認知症は誰の人生にも降りかかる可能性があり、他人事ではいられませんでした。治雄は父の日記からこの言葉を見つけて、父への、そして妻への絆を再認識していきます。生きる儚さとともに、人生の素晴らしさを教えてくれる作品です」(コトブキツカサ氏)

「辰平、わしの目の黒いうち、顔くらい見せておけよ。気にしていてくれたんだな。来年は山へ行ってくれるんじゃな」

『楢山節考』(1958年、松竹)より
監督:木下惠介 出演:田中絹代、高橋貞二、望月優子

【あらすじ】70歳になると楢山まいりに行く風習がある村で、おりん(田中絹代)は息子の辰平(高橋貞二)に嫁が来たのを見届けた後、山へ行くと言い出した。楢山まいりとは姥捨のこと。辰平は母を山に捨てる悲しみを必死に堪えていた。

「辰平は楢山に老母を置き去りにした帰りに雪が降ってきたので思わず老母の元に戻ります。しかし、おりんは死ぬためにここへ来たんだ、心配は要らない、さっさと帰れ、とでも言うように黙って手を振るのです。何とも悲しい場面です」(浜村氏)

取材・文/小野雅彦

※週刊ポスト2021年6月11日号