映画史・時代劇研究家の春日太一氏による、週刊ポスト連載『役者は言葉でできている』。今回は、俳優・村上弘明が、必殺シリーズで初めて出会い、その後も長い付き合いとなった時代劇の名匠・工藤栄一監督について語った言葉を紹介する。

 * * *
 村上弘明にとって、時代劇の名匠・工藤栄一監督は「師」とも呼べる存在であった。

『必殺仕事人V激闘編』(一九八五年、朝日放送)で出会って以来、さまざまな作品を共に作ってきた間柄だった。

「『必殺』で演じた『花屋の政』が鍛冶屋に職替えしたのは工藤さんの提案らしいです。『あいつは体がいいから、肩を出して野性味を強めた方がいい』と。

 劇場版の時は、特にしごかれました。でも、後になって当時の映像を観ると──いいんです。必死さ、ハードな感じがよく出ていて。それはやはり、工藤さんの演出のおかげだと思っています。

『お前は下手なんだから、俺の言う通りにやれ。そうしたら、うまく見せてやる』とはよく言われました。

 テレビ東京の『大忠臣蔵』(八九年)が初めての侍役でしたが、あれも工藤さんが監督でした。侍だし、今度はいよいよ中剃りだな──と思っていたら、結髪さんの所に工藤さんがやって来て、『いや、村上は地毛でいくから』って言うんですよ。かつらは付けずに、自分の頭頂部に前髪を使って髷を付ける。よかった──と思いましたね。

 晩年に『新選組血風録』(九八年、テレビ朝日)でご一緒したことも印象に残っています。

 シーンのラストの、僕が思いに耽るカット。テストの最中、『そこ! その角度がいい。それを覚えろ』って言うんですね。

 本番が終わると、『村上、ちょっと来い』と。やはり『俺の言う通りにやってれば、お前はいい役者になるぞ』とボソッと語ってくれました。

 それが僕にとって、工藤さんの最後の言葉になりました」

 八九年には『月影兵庫あばれ旅』(テレビ東京)、『腕におぼえあり』(NHK)で村上は侍役で主演しているが、いずれも中剃りのない地毛での出演となった。また、セリフ回しも現代寄りのものになっている。

「そこは工藤さんの影響がありますね。時代劇時代劇したものを嫌う人でしたから。

 たとえば、こちらとしては時代劇だから侍らしく言葉を一つ一つ立てようとすると、『時代劇だからといって、特に武張った喋り方をする必要はない』と言うんです。

 考えてみたら、『侍らしい』とは言っても僕は侍に会ったわけじゃない。侍の喋り方を聞いたこともない。昔の東映映画の見よう見まねでやってもしょうがない。だったら自分なりに喋った方がいい、と」

 時代劇の殺陣は重心が重要になるため、長身の役者には不向きといわれる。だが村上は問題なくこなしてきた。

「工藤さんは殺陣師でもあるんですが、『お前、立ち回り上手いな』と言われました。それは子供の頃に、チャンバラごっこをやっていたからじゃないかと思いますね。

 大人になって急にやろうとしても難しい。子供の頃に遊び心でやっていたことが、反映されるのではないでしょうか。

 立ち回りの時に、雰囲気が出るか出ないかの差はそこにあると思います」

【プロフィール】
春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。主な著書に『天才 勝新太郎』『鬼才 五社英雄の生涯』(ともに文藝春秋)、『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮社)など。本連載をまとめた『すべての道は役者に通ず』(小学館)が発売中。

撮影/藤岡雅樹

※週刊ポスト2021年6月18・25日号