フジテレビのアナウンサー数人が美容室や系列店で無料サービスを受ける見返りに、宣伝協力として店のSNSに登場していた“ステルスマーケティング(ステマ)疑惑”について、6月3日から5日の間に、木下康太郎、宮澤智、堤礼実、久慈暁子、三上真奈、海老原優香、杉原千尋、三田友梨佳、井上清華という9人のアナウンサーが各人の持つインスタグラムアカウントを久しぶりに更新し、反省の言葉を並べた。発端となった『週刊文春』の報道から約2か月半経ってのことである。

 フジテレビは5月28日に行われた書面での定例会見で、遠藤龍之介社長が「外部の弁護士も入れた詳細なヒアリング調査を実施し、社員就業規則に抵触する行為が認められた」と発表。一方で、疑惑発覚後から「ステマには該当しない」としている。今回の“インスタ謝罪”について、放送記者が見解を示す。

「局からマスコミに一律の書面で謝罪文を出す手もありましたが、9人ともインスタグラムをやっている手前、区切りの投稿をしないといけないと判断したのでしょう。文章の趣旨は同じですが、それぞれ少しずつ違いが出ており、自分で綴っていると思われます。逆に言えば、各人のステマに対する認識や反省度合いも明らかになりました」(以下同)

 パソコンやスマホの前でインスタグラムに反省の文章を打ち込み、一連の騒動に終止符を打とうというスタイルに、違和感を覚える人もいるかもしれない。

「文章だけの謝罪は誠意に欠けます。どんな表情で書いているのか見えてこないから、本当に反省しているのかという疑念も持たれる。会見を開くべき、とまでは言いませんが、せめて自分の担当番組などで一言謝罪をすべきでは。インスタグラムはあくまで個人的な発信の場所であって、マスメディアではない。“マス”のテレビに出てニュースを読んでいるアナウンサーが数万人、数十万人のフォロワーに向けての発信だけで済ませていいのか、疑問は残ります」

 一方で、SNSを使うことで、それぞれの思いが透けて見える面も出てくる。

「文章には、その人の本質や考え方が出てしまう。ほとんどのアナウンサーは、『報道されていた件について』『一部週刊誌の報道にありました件で』などと具体的には言及していない。このニュースを誰もが知っている前提で書いていますが、そうとは限らないでしょう。報道機関のアナウンサーとして、どうなのでしょうか。また、発端となった媒体名(『週刊文春』)を書かないのも、いかがなものか。良い感情を抱けないのはわかりますが、悪いことをしていたのは自分たちなんですから。文章に『!』を付しているアナウンサーもいたし、どこまで本気で反省しているのか読み取りづらいですね」

このままニュース番組を任せられるか

 SNSが発達したことで、著名人の記者会見は減り、良いことも悪いことも自らの発信で報告するケースが増えている。

「フジにとっては、一社員がわざわざ会見をする必要はないという判断なのでしょう。たしかに普通の企業で不祥事が起こっても、上層部が会見しますからね。ただ、ニュースを読んでいたり、バラエティ番組でタレントのように活躍していたりするアナウンサーもいる。ネット上では、『都合の悪い時は社員扱いか』と解釈するし、ダブルスタンダードだと嫌われてしまう」

 フジとしては、各アナウンサーのインスタ謝罪で幕引きを図りたいところだろう。しかし、夜の『FNN Live News α』でキャスターを務めている三田友梨佳アナ、春から『めざましテレビ』で総合司会になったばかりの井上清華アナなどエース格が関わっており、事態がすぐに収まるとも思えない。

 5月28日、遠藤社長は「“対価性があるのではと疑われるような行為”については、放送人としての自覚が問われる行動であり、関係者に厳正に対応した。指導が行き届いていなかったことに、社としての責任を痛感している」と話している。“厳正な対応”について、具体的な言及がなかっただけに、今後の処遇に注目が集まる。

「普通の企業なら、不祥事を起こせば他部署に異動するなど何らかの厳しい措置が与えられるが、フジはどうするのか。誰にでも失敗はありますけど、さすがにニュースを読む番組を任せるのであれば、視聴者が納得する説明が必要です。仮に視聴率がたいして変わらなくても、視聴者が彼女たちを信任したという目安にはならない。本当なら、今の時点で“更迭”されてもおかしくはないですけど、インスタで事態の鎮静化を図るくらいですから……。交代があったとしても、秋の改編まで待たないといけないんでしょうかね」

“インスタ謝罪”で幕引きでは、視聴者は納得しないのではないだろうか。