5月31日、夫と離婚を前提に協議していると所属事務所を通じてコメントを発表した熊田曜子(39才)。夫・Aさんは5月18日未明、熊田の顔を平手で殴ったり、体を蹴るなどの暴行をしたとして、駆けつけた警察官に暴行容疑で逮捕された。『女性セブン』は、このとき、Aさんが熊田に対して行ったDVを記録した音声データを入手した。
 
 Aさんは書類送検後、5月20日に釈放されたが、熊田は騒動後、3人の娘を連れて家を出ており、いまは別居状態が続いている。
 
 Aさんの代理人弁護士によると、「熊田氏が不貞に関する話し合いを一切拒絶する態度を示したため、A氏が声を荒げたことは事実。暴行に関しては、布団を払いのける際に手が当たってしまった事実こそあるものの、熊田氏が主張するような、殴る、蹴るの暴行を行った事実はございません」という。要するに、妻が浮気をしたのが悪い、暴力は振るっていない、という主張だ。
 
「熊田さん側は、浮気について完全否定しています。証拠もありませんし、完全に“夫の邪推”でしかない」とは芸能関係者だ。もし仮に不倫を疑ったとして、妻を殴っていい理由には一切ならない。

『女性セブン』が熊田の親族周辺から入手した音声データには、夫による凄惨なDVの様子が生々しく記録されていた。

 熊田は普段は子供3人と同じ寝室のベッドで寝ているが、その夜はAさんとしっかり話し合おうと、Aさんのベッドで待っていたという。
 
 ところが、Aさんにベッドから追い出されてしまったため、子供たちを起こさないよう、寝室ではなく別の部屋に布団を敷いて寝ようとした。そこにAさんが入ってきて、熊田を脅すような口調で責め始めたという。
 
熊田「“ひっぱたく”とか、“ぶん殴りたい”って言うのやめて」

Aさん「なんで? 本心だからしょうがないじゃん」

熊田「そうやって言われると怖くて話せないから」

Aさん「うん。で?」

熊田「胸が苦しくなって、ドキドキして話せないから…」

 おびえるような声で懇願する熊田。「わかった」と答えたAさんだが、その後も熊田の浮気を疑ってかかり、激しく熊田を罵り続けた。酔っているからか、所々ろれつが回らず、意味不明な部分も多い。やがて、修羅場となっていく。

「お前ぶっ殺すぞ、ほんと、マジで!」

 Aさんが声を荒らげたかと思うと、ドーン、ドーンと壁を蹴るような、けたたましい衝撃音が響きわたる。

「殺すぞ、お前、マジ」という脅し文句が続き、再び、何かを蹴るような大きな音がする。

「ちょっと、子供が起きるから…」

 涙声の熊田はすがるように止めようとするが、Aさんは聞く耳を持たない。

「ふざけんなよ!」

 Aさんの怒声とともに、バチーンという顔を叩く激しい音がする。

熊田「痛い! 痛い!」

Aさん「ざけんなって。何だよ、おれに!」

熊田「痛い…痛い…」
 
 顔を殴られる暴行の後、倒れている熊田を、Aさんは何度も蹴りつけたという。

「曜子はすぐに病院へ行き、左目の眼球打撲と結膜下出血と診断されました」(熊田の親族関係者)

 このような音声を前に、Aさんの“手があたってしまっただけで暴行の事実はない”という主張はさすがに無理があるだろう。
 
 熊田は以前にも夫から暴力を受けたことがあり、地元の警察にも相談していた。そのときの警察の助言もあり、今回、録音に踏み切ったという。
 
 6月10日発売の『女性セブン』は、衝撃的な音声データの一部始終、さらに、その夜、DVを受けた熊田が、身の危険を感じながら警察に通報しAさんが逮捕されるまでの詳細などについて報じている。