父親の花田光司氏(元横綱・貴乃花)との“絶縁騒動”など何かと世間を騒がせている靴職人・タレントの花田優一氏が、YouTubeの世界で“愛されキャラ”として新たな一面を見せている。きっかけはお笑いコンビ「さらば青春の光」が5月24日にアップした「クソコメに負けるな!! 花田優一イントロドン!!」という動画だ。

 企画内容は、「花田優一の曲だけでイントロクイズを繰り広げる」というシンプルなもの。だが、花田優一のリリース曲はすべて曲調が酷似しているため、何度聞いても覚えられず“超難解”なクイズになってしまう。動画内で最後まで曲名を当てられないさらば青春の光の姿にネット上では、〈イントロドン史上最難関で面白い〉〈腹よじれるほど笑った〉などの反響があり、100万回を超える再生を記録した。

 6月3日には、「ドッキリ検証 花田優一に抜き打ちファーストテイク 自分の曲を聴きわけられる?」と題した第2弾もアップ。優一氏本人をサプライズで呼び出して「そんな難解な曲を本人は聞き分けられるのか?」と、ノーカットで曲を歌う「ファーストテイク」企画に挑戦することに。

 大方の予想通り(?)、優一氏はほとんどの曲を聞き分けられず曲の冒頭から歌詞間違いを連発し、恥ずかしさのあまり悶絶――。この芸人さながらのズッコケ展開がまたも視聴者に大ウケした。再生回数は1週間で50万回を突破し、元テレビ東京プロデューサーで『ゴッドタン』などの演出を手掛けた佐久間宣行氏もラジオ番組『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)で「構造も企画もすげえ面白くて。YouTubeの企画でも結構、一番好きな企画のひとつかも」と絶賛するほどだった。

 これまで「父親に反発する息子」というイメージが強かったが、一連の動画で“イジられキャラ”として新たな一面を見せた優一氏。本人はこの反響をどう感じているのか。

「さらば青春の光のお二人からイントロドン企画のお話を提案された時は、『自分を使った企画で、視聴者の皆さんに喜んでもらえるのだろうかと?』と半信半疑でしたが、いざできあがった動画を観たら僕も腹を抱えて笑っていました。でも、まさかこんなに再生回数が伸びるとは思っていなくて驚きました。

 疑っている方もいるかもしれませんが、ファーストテイク企画の撮影時は本当に内容を知らず、『イントロドンの動画が盛り上がっているので新しく動画を撮りたい』というようなお誘いを受けて現場に行きました。怖さもありつつ向かうとマイクが置いてあって、『あ〜やられたな』と(笑)。でも一方で沸々とした興奮があって、仕事というより、学生時代に戻ったみたいで全力ではしゃいだような気分でした」

 動画内で自身の曲を聴き分けられず、歌詞も曖昧になってしまった点については「猛省している」という。

「歌手として曲を出させていただいているので、その点については猛反省です。この前はいきなりだったので頭が真っ白になってしまいましたが、次は必ず皆さんに完璧な曲をお届けしたいと思っています(笑)。さらば青春の光のお二人のおかげで、僕の曲を多くの人に聴いていただく機会を得られたのは嬉しい誤算でした。たくさんの方々が笑ってくれて、感謝の気持ちでいっぱいです。さらば青春の光のお二人、スタッフの皆さんにも感謝です。今後も皆さんにイジり倒していただければと思います!」

 新境地を開拓した優一氏は、“イジられ界”の横綱になれるか――。